チャンネル固有の割引の定義

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Operations に適用されます。

小売業者は、多くの場合、異なるチャンネルのさまざまな割引を設定します。 このトピックでは、特定のチャンネルの割引を作成するために知っておく必要のある概念を確認します。

チャンネル固有の割引

小売業者は、多くの場合、異なるチャンネルでさまざまな割引を提供します。 それらは、国内市場の状況に合わせて行われたり、競合の小売業者に対処するために行われる場合があります。

Microsoft Dynamics 365 for Retail は、価格グループを使用して、チャンネル固有の割引を定義します。 価格グループは、次のエンティティーの 1 つ以上に割り当てることができます: チャンネル、カタログ、加盟者、ロイヤルティー プログラム。 この記事ではチャンネルについて説明しますが、カタログ割引、加盟者割引、ロイヤルティー割引に対しても同じ概念が適用できます。

価格グループ

価格グループ

上記の図は、トランザクションで扱うことができるエンティティ (チャンネル、カタログ、加盟者、顧客、ロイヤルティ カード) とさまざまな設定可能な割引との間の関係を説明しています。 すべてのトランザクションはチャンネルで発生するため、あるトランザクションに対してチャンネルが存在することが保証されます。 残りのエンティティーはオプションです。 各マスター データ ページには、関連する価格グループのページへのリンクがあり、必要に応じて価格グループを表示および追加できます。 価格グループを使用すると、4 つの異なるエンティティ タイプを、割引、価格調整、売買契約に関連付けることができます。 価格グループの名前の付け方を戦略的に計画し、整理しておくことをお勧めします。 1 つの案は、文字または数字の接頭語や接尾辞を使用して、タイプを区別することです。 たとえば、1-xxxxx をチャンネルの価格グループに、2-xxxxx をカタログの価格グループに割り当てます。 4 つの照会ページが提供され、関連付いた割引がある可能性のある小売エンティティーをそれぞれ表示します。

  • 小売チャンネルの価格グループ - このページには、それぞれの価格グループにリンクされているチャンネルと割引の一覧が表示されます。
  • カタログの価格グループ - このページには、それぞれの価格グループにリンクされているカタログと割引の一覧が表示されます。
  • ロイヤルティーの価格グループ - このページには、それぞれの価格グループにリンクされているロイヤルティー プログラムと割引の一覧が表示されます。
  • 加盟者の価格グループ - このページには、それぞれの価格グループにリンクされている加盟者と割引の一覧が表示されます。

チャンネルの割引設定の例

次の例は、チャンネル割引の設定に関連するタスクについて説明したものです。

  1. この例では、ヒューストンというチャンネルがあり、新しい割引新学期を作成しようとしています。
  2. 価格と割引の戦略にはチャンネル割引が含まれる可能性があるため、チャンネル作成時には常に特定チャンネルの価格グループを作成します。
  3. ヒューストンPGという価格グループがあり、チャンネルヒューストンに割り当てられています。
  4. 新しい割引新学期を作成した後、割引ページの上部にある価格グループをクリックします。 割引価格グループページが表示されます。 次に、新規をクリックして、価格グループヒューストンPGを選択します。
  5. これで、割引を有効にして、チャンネルにプッシュすることができます。

参照

価格調整と値引き