販売と利益幅のパフォーマンスの監視

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Talent に適用されます。

Microsoft Dynamics 365 for Retail を使用して、リアル タイムに販売と利益幅のパフォーマンスを監視できます。

Dynamics 365 for Retail の一部として、販売と利益幅のパフォーマンスを次の分析コードの組織階層のさまざまなレベルでリアル タイムに監視できます。

  • 製品
  • カテゴリ
  • 割引
  • 期間を年とする
  • 登録/ターミナル
  • スタッフ/従業員
  • 顧客
  • 作業単位

また、階層グリッド構造を活用する 2 つの固有のレポートにより、ユーザーは既定の小売製品カテゴリ階層でトップ カテゴリ ノードからカテゴリの個々のリーフ ノードへドリルダウンして、販売と利益幅のパフォーマンスを監視することができます。 ユーザーは、小売レポート階層のために既定の組織階層として定義された組織階層で、上位の作業単位から個々のチャンネルにドリルダウンすることもできます。 次の場所のいずれかからレポートを開くことができます。

  • [小売店舗管理] ワークスペース > [小売] > [チャンネル] > [小売店舗管理] > [レポート]
  • [カテゴリと製品の管理] ワークスペース > [小売] > [製品とカテゴリ] > [小売店舗の管理] > [レポート]
  • [価格設定および割引に管理] ワークスペース > [小売] > [価格決定と割引] > [小売店舗の管理] > [レポート]
  • [照会とレポート] セクション > [小売] > [照会とレポート] > [売上レポート]