POS の画面レイアウトのコンフィギュレーション

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Operations に適用されます。

このトピックでは、Microsoft Dynamics 365 の Retail POS (販売時点管理) の画面レイアウトに関する情報を提供します。

Microsoft Dynamics 365 の Retail POS (販売時点管理) ユーザー インターフェイスは、店舗、レジスター、および / またはユーザーに割り当てられた視覚プロファイルと画面レイアウトの組み合わせを使用して構成できます。

ビジュアル プロファイル

プロファイルはレジスターに割り当てられ、レジスター固有でユーザー間で共有される視覚要素を指定するために使用されます。 レジスターにログインするユーザーには、同じテーマ、色、および画像があります。

[プロファイル番号] - プロファイル番号は、Visual プロファイルの一意の識別子です。

[説明] - この説明では、状況に合った正しいプロファイルを特定するのに役立つ意味のある名前を指定できます。

[テーマ] - ユーザーは、Light または Dark アプリケーション テーマを選択できます。 これらの設定は、アプリ全体のフォントと背景色に影響します。

[アクセント色] - アクセントの色は、タイル、コマンド ボタン、またはハイパーリンクなどの特定の視覚要素を区別またはハイライト表示するために POS 全体で使用されます。 これらの要素は、通常実行可能です。

[ヘッダーの色] - ヘッダー カラーを使用すると、小売業者のブランド ニーズに合わせてページ ヘッダーの色を設定できます。 この機能は、Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 でのみ使用できます。

[ログイン バックグラウンド] - ユーザーは、ログイン画面の背景イメージを指定できます。 大容量のファイルの保存と読み込みは、アプリケーションの動作やパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、背景画像のファイル サイズはできるだけ小さくする必要があります。

[アプリケーションの背景] - POS は、固体のテーマカラーの代わりに、アプリケーション全体の背景として画像を使用することもできます。 ログイン バックグラウンドと同様に、ファイル サイズはできるだけ小さくすることをお勧めします。

画面レイアウト

画面レイアウト構成によって、POS Welcome 画面および Transaction 画面で UI コントロールのアクション、コンテンツ、および配置が決定されます。

ようこそ画面- ほとんどの場合、ようこそ画面は、ユーザーが初めて POS にログインするときに表示されるページです。 [ようこそ画面] は、ブランド イメージと、POS 操作へのアクセスを提供するボタン グリッドで構成することができます。 通常、現在のトランザクションに固有でない操作はここに配置されます。

[トランザクション画面] - トランザクション画面は、販売トランザクションおよび注文処理のための POS のメイン画面です。 トランザクション画面は、画面レイアウト設計者を使用して設定することができます。

[既定のスタート画面] - 一部の小売業者は、ログイン後にレジ担当者がトランザクション画面に直接ナビゲートすることを好みます。 既定の開始画面設定では、各画面レイアウトに対してこれを設定できます。

割り当て

画面レイアウトは、店舗、レジスター、またはユーザー レベルで割り当てることができます。 ユーザーの割り当てはレジスターと店舗の割り当てを上書きし、レジスターの割り当ては店舗の割り当てを上書きします。 すべてのユーザーがレジスターまたはロールに関係なく同じレイアウトを使用する単純なシナリオでは、画面レイアウトは店舗でのみ設定できます。 特定のレジスターまたはユーザが特殊なレイアウトを必要とする場合は、それらを適切に割り当てることができます。

レイアウト サイズ

この機能は、Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 でのみ適用できます。 多くの場合、画面レイアウトは複数の画面サイズと解像度で使用できるため、ユーザーはそれぞれのレイアウトとコンテンツを設定できます。 POS アプリケーションは、起動時にデバイスに最も近いレイアウト サイズを自動的に選択します。 画面レイアウトには、フル デバイスとコンパクト デバイスの両方の設定を含めることもできます。 このコンフィギュレーションにより、ユーザーは、1 つの画面レイアウトに割り当てられ、さまざまなサイズとフォーム係数を店舗内で使用できます。

[Modern POS - Full] - 通常、フル レイアウトは PC モニタまたはタブレットなどの大型ディスプレイに最適です。 ユーザーは、含める UI 要素を選択し、そのサイズと配置を決定し、詳細なプロパティを構成することができます。 フル レイアウトは、縦向きおよび横向きの両方のコンフィギュレーションをサポートします。

[Modern POS - Compact] - コンパクトなレイアウトは、通常、携帯電話や小型タブレットに最適です。 コンパクト デバイスでは、設計の可能性が限られています。 ユーザーは、領収書および合計ペインの列とフィールドを構成できます。

画面レイアウト デザイナー

画面レイアウト内の各レイアウト サイズは、画面レイアウト デザイナーを使用して設定する必要があります。 デザイナーは、ユーザーがトランザクション画面の UI 要素を指定および構成できるようにします。 画面レイアウト デザイナーは、ユーザーがアクセスするたびに ClickOnce を使用してアプリケーションの最新バージョンをダウンロード、インストール、および起動します。 ClickOnce を使用するためのブラウザ要件を確認してください—Chrome などの一部のブラウザでは、拡張機能が必要です。

[テンキー] - テンキーは、POS トランザクション画面の主なユーザ入力です。 タッチスクリーンには理想的なオンスクリーン パッド全体、または物理キーボードで使用できる入力フィールドのみを表示するように設定できます。 テンキーの設定は、フル レイアウトでのみ使用できます。 Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 では、コンパクト レイアウトには常に、トランザクション画面から利用できるフル テンキーがあります。

[合計パネル] - 合計パネルは、行数、割引額、料金、小計、および税金などのフィールドを表示するように、1 つまたは 2 つの列で構成できます。 Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 では、コンパクト レイアウトは単一の合計列のみをサポートします。

入庫 - 入庫パネルには、POS で処理された製品およびサービスの販売明細行、支払明細行、および配送情報が含まれています。 ユーザーは、列、幅、および配置を指定できます。 Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 のコンパクト レイアウトでは、メイン ラインの下の行に表示される追加情報を設定することもできます。

[顧客カード] - 顧客カードには、トランザクションに現在関連付けられている顧客に関する情報が表示されます。 顧客カードは、追加情報を隠すか表示するように設定することができます。

[タブ コントロール] - タブ コントロールは画面レイアウト上に置くことができ、テンキー、顧客カード、ボタン グリッドなどの他のコントロールをタブ内に配置することができます。 タブ コントロールは、ユーザーが画面により多くのコンテンツを収めるのを助けるコンテナーです。 タブ コントロールは、フル レイアウトでのみ使用できます。

画像 - イメージ コントロールを使用すると、店舗のロゴやその他のブランド イメージをトランザクション画面に表示することができます。 イメージ コントロールは、フル レイアウトでのみ使用できます。

[お勧めの製品] - 環境用に構成されている場合、お勧めの製品コントロールは、機械学習に基づく製品候補を表示します。 お勧めの製品コントロールは、Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 のフル レイアウトでのみ使用できます。 [カスタム管理] カスタム管理は、画面レイアウト内のプレース ホルダーとして機能し、ユーザーがカスタム コンテンツ用のスペースを予約できるようにします。 カスタム コントロールは、フル レイアウトでのみ使用できます。

参照

Retail POS のレイアウト デザイナーをインストールする