小売周辺機器の概要

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Talent に適用されます。

このトピックでは、小売周辺機器に関連する概念を説明します。 周辺機器を販売時点管理 (POS) と接続するさまざまな方法、および POS との接続の管理を担当するコンポーネントについて説明します。

概念

POS レジスター

ナビゲーション: [小売] > [チャネル設定] > [POS 設定] > [レジスター] をクリックします。 販売時点管理 (POS) レジは、POS の特定のインスタンスの特性を定義するのに使用するエンティティです。 これらの特性には、レジスターで使用される小売周辺機器のハードウェア プロファイルまたはセットアップ、レジスターがマップされているストア、そのレジスターにログオンしているユーザーのビジュアル エクスペリエンスが含まれます。

デバイス

ナビゲーション: [小売] > [チャネル設定] > [POS 設定] > [デバイス] をクリックします。 デバイスとは、POS レジスターにマップされているデバイスの物理的なインスタンスを表すエンティティです。 デバイスが作成されると、POS レジスターにマップされます。 デバイス エンティティは、POS レジスターが有効化された時間、使用しているクライアントのタイプ、および特定のデバイスに配置されているアプリケーション パッケージに関する情報を追跡します。 デバイスは、次のアプリケーション タイプにマップすることができます: Retail Modern POS、小売クラウド POS、 Retail Modern POS – Windows Phone、Retail Modern POS – Android、Retail Modern POS – iOS。

Retail Modern POS

Modern POS は、Microsoft Windows の POS プログラムです。 これは、Windows 10 オペレーティング システム (OS) に配置できます。

クラウド POS

クラウド POS は Modern POS プログラムのブラウザ ベースのバージョンで、Web ブラウザでアクセスできます。

iOS 用 Modern POS

iOS 用 Modern POS は iOS ベース バージョンの Modern POS で、iOS デバイスに配置できます。

Android 用 Modern POS

Android 用 Modern POS はAndroid ベース バージョンの Modern POS で、Android デバイスに配置できます。

POS 周辺機器

POS 周辺機器は、POS 機能用に明示的にサポートされているデバイスです。 これらの周辺機器は、特定のクラスに分けられます。 これらのクラスに関する詳細については、このトピックの「デバイス クラス」を参照してください。

ハードウェア ステーション

ナビゲーション: [小売] > [チャネル] > [小売店舗] > [すべての小売店舗] をクリックします。 店舗を選択して、[ハードウェア ステーション] クイック タブをクリックします。 ハードウェア ステーション 設定は、小売周辺機器ロジックを配置するインスタンスを定義するのに使用されるチャンネル レベルの設定です。 チャンネル レベルのこの設定は、ハードウェア ステーションの特性を決定するのに使用されます。 また、特定の店舗で Modern POS インスタンスに使用するハードウェア ステーションを一覧表示するために使用されます。 ハードウェア ステーションは、Windows 用 Modern POS プログラムに組み込まれています。 ハードウェア ステーションは、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) のスタンドアロン プログラムとして別に配置することもできます。 この場合は、ネットワークからアクセスできます。

ハードウェア プロファイル

ナビゲーション: [小売] > [チャネル設定] > [POS 設定] > [POS プロファイル] > [ハードウェア プロファイル] をクリックします。 ハードウェア プロファイルは、POS レジスター用またはハードウェア ステーション用にコンフィギュレーションされているデバイスのリストです。 ハードウェア プロファイルは、POS レジスターまたはハードウェア ステーションに直接マップできます。

デバイス クラス

POS 周辺機器は、クラスに分けられています。 このセクションでは、Modern POS をサポートするデバイスの概要について説明します。

プリンター

プリンタには、従来型の POS レシート プリンターおよび全ページ プリンタが含まれます。 プリンタは、Retail POS 用 Object linking and embedding (OPOS) および Microsoft Windows ドライバ インターフェースを通してサポートされます。 2 つまでのプリンタを同時に使用できます。 この機能により、現金店頭払いの顧客のレシートがレシート プリンタで印刷されるている間に、詳細情報を伴う顧客の注文全体が別のプリンタで印刷されるというシナリオをサポートします。 レシート プリンタは、コンピュータに USB で直接接続するか、ネットワークにイーサネットで接続するか、または Bluetooth で接続できます。

スキャナー

2 つまでのバーコード スキャナーを同時に使用できます。 この機能により、チェック アウトの時間の時間短縮のため、大きなあるいは重い品目のスキャンのために携帯式のスキャナーが必要で、同時にほとんどの標準サイズの品目に対しては固定埋め込みスキャナーを使用する場合のシナリオをサポートします。 スキャナーは、OPOS、Universal Windows Platform (UWP)、またはキーボード ウェッジ インターフェイスでサポートすることができます。 スキャナーをコンピューターに接続するために、USB または Bluetooth も使用できます。

MSR

OPOS ドライバを使用して、1 つの USB 磁気ストライプ リーダー (MSR) を設定できます。 電子決済 (EFT) の支払トランザクションにスタンドアロン MSR を使用する場合、MSR は支払コネクタで管理する必要があります。 支払コネクタとは別のスタンドアロン MSR は、顧客ロイヤルティ エントリ、従業員のサインイン、およびギフト カード エントリに使用できます。

キャッシュ ドロワー

ハードウェア プロファイルごとに、2 つのキャッシュ ドロワーをサポートすることができます。 この機能により、レジスターごとに 2 つの有効なシフトを同時に使用することが可能になります。 共有シフトの場合、または複数のモバイル POS デバイスでキャッシュ ドロワーを同時に使用する場合、ハードウェア プロファイルごとに 1 つのキャッシュ ドロワーのみが使用可能です。 キャッシュ ドロワーは、コンピュータに USB で直接接続するか、ネットワークにイーサネットで接続するか、またはレシート プリンターに RJ12 インターフェースで接続できます。 場合によっては、キャッシュ ドロワーは Bluetooth でも接続できます。

ライン ディスプレイ

ライン ディスプレイは、製品、トランザクションの残高などの必要な情報をトランザクションの間に顧客に示すのに使用されます。 1 つのライン ディスプレイは、OPOS ドライバーを使用して USB でコンピュータに接続できます。

署名キャプチャ

署名の取得デバイスは、OPOS ドライバを使用して USB で直接コンピュータに接続できます。 署名の取得デバイスが設定されている場合、顧客はデバイスに署名するように要求されます。 署名がなされると、承認用にレジ担当者に表示されます。

スケール

スケールは、OPOS ドライバーを使用して USP でコンピュータに接続できます。 「計量」製品とマークされた製品がトランザクションに追加されると、POS は スケールの重量を読み、トランザクションに製品を追加し、スケールから得られる数値を使用します。

PIN パッド

個人 ID 番号 (PIN) パッドは、OPOS でサポートされますが、支払コネクタで管理する必要があります。

二次表示

二次表示が設定された場合、基本情報は 2 番目の Windows ディスプレイに表示されます。 二次表示の目的は、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) による拡張をサポートすることです。追加設定なしの場合、二次表示はコンフィギュレーション不可能で、限定的な内容しか表示しません。

支払デバイス

支払デバイスのサポートは、支払コネクタを通して実装されます。 支払デバイスは、他のデバイス クラスが提供する機能の 1 つまたは複数を実行できます。 支払デバイスは、MSR/カード リーダー、ライン ディスプレイ、署名キャプチャ デバイスまたは PIN パッド として機能します。 支払デバイスのサポートは、ハードウェア プロファイルに含まれる他のデバイスのスタンドアロン デバイス サポートとは関係なく実装されています。

サポートされているインターフェース

OPOS

できるだけ多くのデバイスが Microsoft Dynamics 365 for Retail で使用できることを保証するため、POS 業界標準用 OLE が Microsoft Dynamics 365 for Retail の基本小売周辺機器プラットフォームです。 POS 業界標準用 OLE は、小売周辺機器の業界標準の通信プロトコルを設定する National Retail Federation (NRF) により作成されました。 OPOS は、POS標準用 OLE の実装として広く採用されています。 これは 90 年代半ばに作成され、それ以降、数回更新されています。 OPOS は、Windows ベースの POS システムに POS ハードウェアを簡単に統合できるデバイス ドライバ アーキテクチャを提供します。 OPOSは、互換性のある POS ハードウェアとソフトウェアの間の処理通信を制御します。 OPOS コントロールは、2 つ部分から構成されます:

  • コントロール オブジェクト – デバイス クラス (ライン ディスプレイなど) のコントロール オブジェクトは、ソフトウェアプログラムにインターフェイスを提供します。 Monroe Consulting Services (www.monroecs.com) は、コモン コントロール オブジェクト (CCO) と呼ばれる標準化された一式の OPOS コントロール オブジェクトを提供します。 CCO は、Microsoft Dynamics 365 for Retail の POS コンポーネントをテストするのに使用されます。 したがって、メーカーが OPOS 用にサービス オブジェクトを作成する限り、Microsoft Dynamics 365 for Retail が OPOS によってデバイス クラスをサポートなら、このテストにより多くのデバイス タイプがサポートされることを保証します。 各デバイス タイプを明示的にテストする必要はありません。
  • サービス オブジェクト – サービス オブジェクトはコントロール オブジェクト (CCO) とデバイス間の通信を提供します。 通常、デバイスのサービス オブジェクトはデバイス メーカーによって提供されます。 ただし、場合によっては、製造元のサイトからサービス オブジェクトをダウンロードする必要があるかもしれません。 たとえば、最新のサービス オブジェクトが利用可能かもしれません。 メーカーの Web サイトのアドレスを特定するには、ハードウェアのドキュメントを参照してください。

コントロール オブジェクトおよびサービス オブジェクト POS 用 OLE の OPOS での実装をサポートすることで、デバイス メーカーと POS のパブリッシャーが標準を正しく実装している限り、以前に組み合わせテストされていない POS システムとサポート デバイスの組み合わせでも正しく動作することが保証されます。 注記: OPOS サポートは、OPOS ドライバがあるすべてのデバイスのサポートを保証するものではありません。 Microsoft Dynamics 365 for Retail は最初に OPOS によりそのデバイス タイプまたはクラスをサポートする必要があります。 また、サービス オブジェクトが最新バージョンの CCO に対応した最新のものではないかもしれません。 一般に、サービス オブジェクトのクオリティには差異があります。

ウィンドウ(&W)

POS レシートの印刷は、OPOS に最適化されています。 一般に、OPOS による印刷は Windows による印刷より高速です。 したがって、40 列のレシートを高速のトランザクション タイムで印刷する必要のある小売環境では、OPOS を使用することが最善です。 ほとんどのデバイスについては、OPOS コントロールを使用します。 ただし、一部の OPOS レシート プリンターは Windows ドライバもサポートします。 Windows ドライバを使用する場合、最新のフォントにアクセス可能で、複数のレジスターと 1 つのプリンターをネットワーク化できます。 ただし、Windows ドライバーの使用には短所があります。 短所の例を次に示します。

  • Windows ドライバを使用する場会、画像は印刷開始前にレンダリングされます。 したがって、印刷は OPOS コントロールを使用するプリンタより遅くなる傾向があります。
  • プリンタを通して接続されているデバイス (「デイジー チェーン」) は 、Windows ドライバを使用している間、正しく動作しないかもしれません。 たとえば、キャッシュ ドロワーが開かないかもしれず、伝票プリンタが指示通り動かないかもしれません。
  • OPOS は、紙切断または伝票印刷など小売レシート プリンターに特有の広範な変数をサポートします。

使用している Windows プリンターで OPOS コントロールが使用できる場合、Microsoft Dynamics 365 for Retail でプリンターを正しく使用できるはずです。

Universal Windows Platform

小売周辺機器の場合の UWP は、プラグ アンド プレイ デバイス用 Windows サポートに関連しています。 プラグ アンド プレイ デバイスがそのデバイス タイプをサポートする Windows OS バージョンに接続された場合、デバイスを使用するためのドライバーは必要はありません。 たとえば、Windows が Bluetooth のスピーカー デバイスを検出すると、OS はそのデバイスが スピーカー クラス タイプを持つことを認識します。 したがって、そのデバイスをスピーカーとして処理します。 追加の設定は必要ありません。 POS デバイスの場合、多くの USB デバイスを接続でき、Windows はヒューマン インターフェイス デバイス (HID) として認識します。 ただし、デバイスがクラスまたはタイプを指定しないため、そのデバイスの機能を認識することができない場合があります。 Windows 10 で、バーコード スキャナーおよび MSR のデバイス クラスが追加されました。 したがって、デバイスがこれらのクラスの 1 つのデバイスとして Windows 10 に自分を申告すると、Windows は適切なタイミングでデバイスのイベントを聞き取ります。 Modern POS は MSR およびスキャナーの UWP をサポートします。 したがって、これらのデバイスの 1 つからの入力を受け入れられるようになり、これらのクラスの 1 つに属するデバイスが接続されると、デバイスは使用できるようになります。 たとえば、UWP バーコード スキャナーが Windows 10 のコンピュータに接続された場合、Modern POS 用にバーコード サインインが設定され、サインイン画面でバーコード スキャナーが有効になります。 追加の設定は必要ありません。 ポイント オブ サービス UWP デバイスの追加クラスが Windows に追加されています。 これらのクラスには、キャッシュ ドロワーやレシート プリンターのクラスが含まれます。 これらの新しいデバイス クラスの Modern POS でのサポートは保留中です。

キーボード ウェッジ

キーボード ウェッジのデバイスは、データがキーボードで入力されているかのようにコンピューターにそのデータを送信します。 したがって既定では、POS で有効なフィールドが、スキャンまたは読み取りされたデータを受け取ります。 場合によっては、この動作により誤ったタイプのデータが誤ったフィールドにスキャンされることがあります。 たとえば、クレジット カードのデータ入力を対象とするフィールドにバーコードがスキャン入力されるかもしれません。 多くの場合、スキャンまたは読み取りされたデータが、バーコードなのかカードの読み取りなのかを決定するロジックが POS にあります。 したがって、データが正しく処理されます。 ただしデバイスがキーボード ウェッジ デバイスの代わりに OPOS として設定されている場合は、そのデバイスのデータをどのように処理するかを詳細に制御できます。なぜなら、データが送られてくるデバイスについて多くのことが「知られている」からです。 たとえば、バーコード スキャナーのデータはバーコードとして自動的に認識され、キーボード ウェッジ デバイスを使用した一般的なストリング検索の場合より、データベースの関連レコードは早く簡単に検索できます。

ネイティブ プリンタ

ネイティブ (または、タイプがハードウェア プロファイルで指定されている「デバイス」の) プリンタは、ユーザーがコンピュータで設定されているプリンタを選択することを求めるように設定できます。 デバイスタイプのプリンタが設定され、Modern POS が印刷のコマンドを検出した場合、ユーザーはリストからプリンターを選択するように要求されます。 この動作は、Windows ドライバーの動作とは異なります。ハードウェア プロファイルの Windows プリンター タイプは、プリンターの一覧を表示しません。 代わりに、指定されたプリンタがデバイス名フィールドに入力されていることが必要です。

ウィンドウ(&W)

Windows デバイス タイプは、プリンターにのみ使用されます。 Windows プリンターがハードウェア プロファイルに設定されている場合、特定のプリンター名を指定する必要があります。 Modern POS が印刷のイベントを検出した時、Windows プリンターが設定されている場合、イベントは指定された Windows プリンターに渡されます。 ユーザーがプリンタを選択するよう促すメッセージは表示されません。

ネットワーク

ネットワーク対応のキャッシュ ドロワー、レシート プリンター、支払ターミナルは、Windows アプリケーションの Modern POS に組み込まれたプロセス間通信 (IPC) のハードウェア ステーションを経由して直接、あるいは他の Modern POS クライアントの IIS ハードウェア ステーションを経由して、ネットワークで使用できます。

ハードウェア ステーションの配置オプション

IPC (組み込み)

プロセス間通信 (IPC) ハードウェア ステーションは、Windows アプリケーション用 Modern POS プログラムに組み込まれています。 IPC のハードウェア ステーションを使用するには、Windows アプリケーション用 Modern POS を使用するレジスターにハードウェア プロファイルを割り当てます。 次に、レジスタが使用される店舗用に専用タイプのハードウェア ステーションを作成します。 Modern POS を起動すると、IPC のハードウェア ステーションが有効になり、次いで設定された POS の周辺機器が使用できるようになります。 一時的に何らかの理由でローカル ハードウエアが必要でない場合、ハードウェア ステーションの管理操作を使用して、ハードウェア ステーションの機能をオフにします。 Modern POS は、ネットワーク周辺機器と直接通信するためにも IPC ハードウェア ステーションを使用します。

IIS

2 つの方法で、スタンドアロンのバージョンのハードウェア ステーションまたは IIS を使用できます。 記述子「IIS」は、POS アプリケーションが Microsoft Internet Information Services を介してハードウェア ステーションと接続していることを意味します。 POS アプリケーションは、デバイスが接続されているコンピュータで実行される Web サービスを介して IIS ハードウェア ステーションに接続します。 IIS を使用すると、ハードウェア ステーションに接続されている小売周辺機器は、IIS ハードウェア ステーションと同じネットワークにつながるどの POS レジスターでも使用できます。 Windows 用 Modern POS のみに小売周辺機器サポートが組み込まれているため、他のすべての Modern POS アプリケーションは、ハードウェア プロファイルでコンフィギュレーションされたPOS周辺機器と通信するために IIS ハードウェア ステーションを使用する必要があります。 したがって、IIS ハードウェア ステーションの各インスタンスは、Web サービスおよびデバイスと通信するアプリケーションを実行するコンピュータが必要です。 IIS ハードウェア ステーションは、すべての非 Windows Modern POS アプリケーションに必要です。

専用

Modern POS は専用タイプのハードウェア ステーションを、アプリケーションが使用しているコンピュータに直接接続されている周辺機器を検出するのに使用します。 ただし、専用タイプは、IIS のハードウェア ステーションにも使用できます。 従来の固定 POS のシナリオでは、POS アプリケーションとしてクラウド POS を使用し、専用タイプのハードウェア ステーションがクラウド POS を実行するのと同じコンピュータに配置される IIS ハードウェア ステーションとして使用されていました。 小売周辺機器の視点から見ると、従来の固定 POS のシナリオの小売周辺機器サポートより、専用 IIS ハードウェア ステーションの方が優れています。 専用ハードウェア ステーションは、ハードウェア プロファイルでサポートされているすべての周辺機器をサポートします。

共有

共有ハードウェア ステーションは、1日の間に複数の POS デバイスで使用されることを想定しています。 共有ハードウェア ステーションは、キャッシュ ドロワー、レシート プリンター、支払ターミナルのみをサポートするよう最適化されています。 スタンドアロンのバーコード スキャナー、MSR、ライン ディスプレイ、スケール、その他のデバイスを直接接続することはできません。 接続すると、複数の POS デバイスがそれらの周辺機器を同時に使用しようとして競合が生じます。 サポートされているデバイス用の競合は、以下のように管理されています:

  • キャッシュ ドロワー – キャッシュ ドロワーはデバイスに送信されるイベントによって開きます。 キャッシュ ドロワーが呼び出されたときに発生する唯一の問題は、キャッシュ ドロワーがすでに開いている場合です。 共有ハードウェア ステーションの場合、キャッシュ ドロワーはハードウェア プロファイルで共有と設定されている必要があります。 この設定は、POS が [open] コマンドを送信する時に、キャッシュ ドロワーがすでに開いているかどうかの確認をすることを防ぎます。
  • レシート プリンター – 2つのレシート印刷コマンドがハードウェア ステーションに同時に送信されると、デバイスによってはどちらかのコマンドが失われてしまうことがあります。 デバイスによっては、この問題を防ぐための内部メモリまたはプールがあります。 印刷コマンドが正常に終了しない場合、レジ担当者はエラー メッセージを受信し、POS から印刷コマンドを再試行できます。
  • 支払ターミナル – レジ担当者が既に使用中の支払ターミナルに支払/入金のトランザクションを送信しようとした場合、ターミナルが使用中であり後でもう一度試すようにレジ担当者に求めるメッセージがレジ担当者に通知されます。 通常、レジ担当者はターミナルが既に使用中であることがわかり、他のトランザクションが完了するまで待機してから、支払/入金を再度送信します。

将来のリリースでは、サポートされていないデバイスが共有ハードウェア ステーションにマップされているハードウェア プロファイルで設定されているかどうかを検証する予定です。 サポートされていないデバイスが検出された場合、デバイスが共有ハードウェア ステーションでサポートされていないことを知らせるメッセージがユーザーに表示されます。 共有ハードウェア ステーションの場合、[支払/入金での選択] オプションは、レジスター レベルで [はい] と設定されます。 これにより、POS のトランザクションで支払/入金が選択された場合、POS ユーザーはハードウェア ステーションを選択するように求められます。 ハードウェア ステーションが支払/入金時にのみ選択された場合、ハードウェア ステーションの選択はモバイルのシナリオの POS ワークフローに直接追加されます。 付加的なメリットとして、共有シナリオの場合には支払ターミナルのライン ディスプレイは使用されません。 支払ターミナルがライン ディスプレイとして使用されると、トランザクションが完了するまでそのターミナルの他のユーザーの使用がブロックされる場合があります。 モバイルのシナリオでは、ラインはトランザクションに長期に渡って追加されることがあります。 したがって、デバイスの最適な使用を保証するために [支払/入金での選択] オプションが必要です。

ネットワーク周辺機器

ハードウェア プロファイルのデバイスのネットワーク指定は、キャッシュ ドロワー、レシート プリンター、支払ターミナルのネットワーク経由での接続を有効にします。

Windows 用の Modern POS

ネットワーク周辺機器の IP アドレスは、2 箇所で指定できます。 Modern POS の Windows クライアントが一式のネットワーク周辺機器を使用している場合、レジスタ自体のアクション ペインの [IP コンフィギュレーション] オプションを使用してこれらのデバイスの IP アドレスを設定する必要があります。 POS レジスタで共有されているネットワーク デバイスの場合、ネットワーク デバイスを割り当てているハードウェア プロファイルを共有ハードウェア ステーションに直接マップすることができます。 IP アドレスを割り当てるには、[小売店舗] ページでハードウェア ステーションを選択し、[ハードウェア ステーション] セクションの [IP コンフィギュレーション] オプションを使用し、そのハードウェア ステーションに割り当てられているネットワーク デバイスを指定します。 ネットワーク デバイスのみを使用するハードウェア ステーションの場合、ハードウェア ステーション自体を配置する必要はありません。 この場合、小売店舗内の場所に従ってネットワーク対応可能なデバイスを概念的にグループ化するためにのみ、ハードウェア ステーションは必要となります。

クラウド POS、iOS 用 Modern POS、アンドロイド用 Modern POS

物理的に接続されている周辺機器およびネットワーク対応可能な周辺機器の駆動ロジックは、ハードウェア ステーションに含まれています。 したがって Windows 用 以外の Modern POS クライアントの場合、周辺機器がハードウェア ステーションに物理的に接続されているかネットワークに対応しているかに関係なく、POS とそれらの周辺機器との通信を可能にするためには、IIS ハードウェア ステーションを配置し有効化する必要があります。

設定およびコンフィギュレーション

ハードウェア ステーションのインストール

詳細については、 Retail ハードウェア ステーションのコンフィギュレーションとインストール を参照してください。

Windows 用 Modern POS の設定とコンフィギュレーション

詳細については、Retail Modern POS のコンフィギュレーションとインストール を参照してください。

OPOS デバイスの設定とコンフィギュレーション

OPOS コンポーネントに関する詳細については、このドキュメントの「サポートされているインターフェース」のセクションを参照してください。 通常、OPOS ドライバーはデバイス メーカーから提供されます。 OPOS デバイス ドライバをインストールすると、Windows レジストリの以下のどこか 1 つの場所にキーを追加します:

  • 32 ビット システム: HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREOLEforRetailServiceOPOS
  • 64 ビット システム: HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREWOW6432NodeOLEforRetailServiceOPOS

ServiceOPOS レジストリ内では、設定されているデバイスは OPOS デバイス クラスに従って編成されます。 複数のデバイス ドライバが保存されます。

ハードウェア ステーションのタイプによりサポートされるシナリオ

クライアント サポート – IPC ハードウェア ステーション対 IIS ハードウェア ステーション

次の表に、サポートされるトポロジや配置シナリオを示しています。

クライアント IPC ハードウェア ステーション IIS ハードウェア ステーション
Windows アプリケーション
クラウド POS
Android
iOS

ネットワーク周辺機器

ネットワーク周辺機器は、Windows アプリケーション用 Modern POSに組み込まれたハードウェア ステーションを通じて直接サポートすることができます。 他のすべてのクライアントの場合、IIS ハードウェア ステーションを配置する必要があります。

クライアント IPC ハードウェア ステーション IIS ハードウェア ステーション
Windows アプリケーション
クラウド POS
Android
iOS

ハードウェア ステーションのタイプによりサポートされるデバイス タイプ

IPC (組み込み) ハードウェア ステーションを含む Windows 用 Modern POS

サポートされているデバイス クラス サポートされているインターフェース
プリンター
  • OPOS
  • Windows ドライバー
  • デバイス
  • ネットワーク
プリンター 2
  • OPOS
  • Windows ドライバー
  • デバイス
  • ネットワーク
ライン ディスプレイ OPOS
デュアル ディスプレイ Windows ドライバー
MSR
  • OPOS
  • UWP (設定の必要はありません)。
  • キーボード ウェッジ (設定の必要はありません)。
手形振出人
  • OPOS
  • ネットワーク 注記: ドロワーに [共有シフトを使用] が設定されている場合、ドロワーは 1 つだけ設定できます。
ドロワー 2
  • OPOS
  • ネットワーク 注記: ドロワーに [共有シフトを使用] が設定されている場合、ドロワーは 1 つだけ設定できます。
スキャナー
  • OPOS
  • UWP (設定の必要はありません)。
  • キーボード ウェッジ (設定の必要はありません)。
スキャナー 2
  • OPOS
  • UWP (設定の必要はありません)。
  • キーボード ウェッジ (設定の必要はありません)。
スケール OPOS
PIN パッド OPOS (サポートは、支払コネクタのカスタマイズによって提供されます)。
署名キャプチャ OPOS
支払ターミナル
  • カスタム デバイス サポート
  • ネットワーク (詳細については、 支払コネクタのドキュメントを参照してください。)

専用 IIS ハードウェア ステーションを持つすべての Modern POS クライアント

注記: IIS ハードウェア ステーションが「専用」である場合、POS クライアントとハードウェア ステーション間には 1 対 1 の関係があります。

サポートされているデバイス クラス サポートされているインターフェース
プリンター
  • OPOS
  • Windows ドライバー 注記: ネットワーク上の Windows プリンターの場合、ハードウェア ステーションのユーザーはプリンタへのアクセス許可が必要です。
  • ネットワーク
プリンター 2
  • OPOS
  • Windows ドライバー
  • ネットワーク
ライン ディスプレイ OPOS
MSR OPOS
手形振出人
  • OPOS
  • ネットワーク 注記: ドロワーに [共有シフトを使用] が設定されている場合、ハードウェア プロファイル毎にドロワーは 1 つだけ設定できます。
ドロワー 2
  • OPOS
  • ネットワーク
スキャナー OPOS
スキャナー 2 OPOS
スケール OPOS
PIN パッド OPOS (サポートは、支払コネクタのカスタマイズによって提供されます)。
Sig. キャプチャ OPOS
支払ターミナル
  • カスタム デバイス サポート
  • ネットワーク (詳細については、 支払コネクタのドキュメントを参照してください。)

共有 IIS ハードウェア ステーションを持つすべての Modern POS クライアント

注記: IIS ハードウェア ステーションが「共有」の場合、複数のデバイスがハードウェア ステーションを同時に使用できます。 このシナリオでは、次の表に示すデバイスのみを使用する必要があります。 バーコード スキャナーや MSR など、この表にないデバイスを共有しようとする場合、複数のデバイスが同じ周辺機器を要求しようとするとエラーが発生します。 将来、そのようなコンフィギュレーションは明示的に禁止されます。

サポートされているデバイス クラス サポートされているインターフェース
プリンター
  • OPOS
  • Windows ドライバー 注記: ネットワーク上の Windows プリンターの場合、ハードウェア ステーションのユーザーはプリンタへのアクセス許可が必要です。
  • ネットワーク
プリンター 2
  • OPOS
  • Windows ドライバー
  • ネットワーク
手形振出人
  • OPOS
  • ネットワーク 注記: ドロワーに [共有シフトを使用] が設定されている場合、ハードウェア プロファイル毎にドロワーは 1 つだけ設定できます。
ドロワー 2
  • OPOS
  • ネットワーク
支払ターミナル
  • カスタム デバイス サポート
  • ネットワーク (詳細については、 支払コネクタのドキュメントを参照してください。)

サポートされるシナリオのコンフィギュレーション

ハードウェア プロファイルの作成方法の詳細については、レジスターとハードウェア ステーションを含むチャネル クライアントの定義と管理を参照してください。 注記: Microsoft Dynamics 365 for Retail バージョン 1611 では、ハードウェア ステーションのプロファイルは使用されなくなりました。 これまでハードウェア ステーションのプロファイルで設定されていた属性は、ハードウェア ステーション自体の一部になりました。

IPC (組み込み) ハードウェア ステーションを含む Windows 用 Modern POS

このコンフィギュレーションは、従来の固定 POS レジスターの最も一般的なコンフィギュレーションです。 このシナリオでは、ハードウェア プロファイルの情報は、レジスタ自体に直接マップされます。 EFT ターミナル番号も、レジスタ自体に設定する必要があります。 このコンフィギュレーションを設定するには、次の手順に従います。

  1. すべての必須の周辺機器が設定されたハードウェア プロファイルを作成します。
  2. POS レジスターにハードウェア プロファイルをマップします。
  3. POS レジスタが使用される小売店舗用に専用タイプのハードウェア ステーションを作成します。 説明がオプションです。 注記:*ハードウェア ステーションその他のプロパティを設定する必要はありません。 ハードウェア プロファイルなど他の必須情報はすべて、レジスタ自体から取得されます。
  4. [小売] > [小売 IT] > [配送スケジュール] の順にクリックします。
  5. 店舗に新しいハードウェア プロファイルを同期させるため、[1090] 配分スケジュールを選択します。 POS に変更を同期させるため、[今すぐ実行] をクリックします。
  6. 店舗に新しいハードウェア ステーションを同期させるため、[1040] 配分スケジュールを選択します。 POS に変更を同期させるため、[今すぐ実行] をクリックします。
  7. Windows 用 Modern POS をインストールして有効化します。
  8. Windows 用 Modern POS を起動し、接続されている周辺機器の使用を開始します。

専用 IIS ハードウェア ステーションを持つすべての Modern POS クライアント

1 つの POS レジスター専用で使用されているハードウェア ステーションを持つすべての Modern POS クライアントに、このコンフィギュレーションは使用できます。 このコンフィギュレーションを設定するには、次の手順に従います。

  1. すべての必須の周辺機器が設定されたハードウェア プロファイルを作成します。
  2. POS レジスタが使用される小売店舗用に専用タイプのハードウェア ステーションを作成します。
  3. 専用のハードウェア ステーションで、次のプロパティを設定します:

    • ホスト名 – ハードウェア ステーションをホストするコンピュータの名前。 注記: クラウド POS の場合、クラウド POS が実行されているローカル コンピュータの特定は [localhost] の使用で解決できます。 ただし、クラウド POS とハードウェア ステーションのペアリングに必要な証明書は、コンピュータ名が「Localhost」となっている必要があります。 問題を回避するには、必要に応じて、店舗の各専用ハードウェア ステーションのインスタンス一覧をリストすることをお勧めします。 各ハードウェア ステーション毎に、ハードウェア ステーションが配置される特定のコンピュータ名がホスト名となる必要があります。
    • ポート – ハードウェア ステーションが Modern POS クライアントとの通信に使用するポート。
    • ハードウェア プロファイル – ハードウェア ステーション自体にハードウェア プロファイルが提供されない場合、レジスターに割り当てられているハードウェア プロファイルが使用されます。
    • EFT POS の数 – EFT 認証の送信に使用する EFT ターミナル ID。 この ID は、クレジット カード プロセッサによって提供されます。
    • パッケージ名 – ハードウェア ステーションの配置に使用するハードウェア ステーション パッケージ。
  4. [小売] > [小売 IT] > [配送スケジュール] の順にクリックします。

  5. 店舗に新しいハードウェア プロファイルを同期させるため、[1090] 配分スケジュールを選択します。 POS に変更を同期させるため、[今すぐ実行] をクリックします。
  6. 店舗に新しいハードウェア ステーションを同期させるため、[1040] 配分スケジュールを選択します。 POS に変更を同期させるため、[今すぐ実行] をクリックします。
  7. ハードウェア ステーションをインストールします。 ハードウェア ステーションをインストールする方法の詳細については、Retail ハードウェア ステーションのコンフィギュレーションとインストール を参照してください。
  8. Modern POS をインストールして有効化します。 Modern POS をインストールする方法の詳細については、 Retail Modern POS のコンフィギュレーションとインストール を参照してください。
  9. Modern POS にサイン インするには、[非ドロワー操作の実行] を選択します。
  10. ハードウェア ステーションの管理操作を開始します。
  11. [管理] をクリックします。
  12. ハードウェア ステーションの管理ページで、ハードウェア ステーションを起動するオプションを設定します。
  13. 使用するハードウェア ステーションを選択し、[ペア] をクリックします。
  14. ハードウェア ステーションのペアリングが終わった後、[閉じる] をクリックします。
  15. ハードウェア ステータスの選択ページで、最後に選択されたハードウェア ステーションをクリックして有効にします。

共有 IIS ハードウェア ステーションを持つすべての Modern POS クライアント

このコンフィギュレーションは、他のデバイスとハードウェア ステーションを共有するすべての Modern POS クライアントで使用できます。 このコンフィギュレーションを設定するには、次の手順に従います。

  1. 必須の周辺機器が設定されたハードウェア プロファイルを作成します。
  2. POS レジスタが使用される小売店舗用に共有タイプのハードウェア ステーションを作成します。
  3. 共有のハードウェア ステーションで、次のプロパティを設定します:

    • ホスト名 – ハードウェア ステーションをホストするコンピュータの名前。
    • 説明 – ハードウェア ステーションを識別する助けとなるテキスト、返品または店の前など。
    • ポート – ハードウェア ステーションが Modern POS クライアントとの通信に使用するポート。
    • ハードウェア プロファイル – 共有ハードウェア ステーションの場合、各ハードウェア ステーションにハードウェア プロファイルが必要です。 ハードウェア プロファイルはハードウェア ステーション間で共有できます。しかし、各ハードウェア ステーションにマップされている必要があります。 また、複数のデバイスが同じ共有ハードウェア ステーションを使用する場合、共有シフトの使用をお勧めします。 共有シフトの設定には、[小売] > [チャネル設定] > [POS 設定] > [POS プロファイル] > [ハードウェア プロファイル] をクリックします。 個々の共有ハードウェア プロファイルでキャッシュ ドロワーを選択し、[共有シフト ドロワー] オプションを [はい] に設定します。
    • EFT POS の数 – EFT 認証の送信に使用する EFT ターミナル ID。 この ID は、クレジット カード プロセッサによって提供されます。
    • パッケージ名 – ハードウェア ステーションの配置に使用するハードウェア ステーション パッケージ。
  4. 店舗に必要な各追加ハードウェア ステーションについて、手順 2 と 3 を繰り返します。

  5. [小売] > [小売 IT] > [配送スケジュール] の順にクリックします。
  6. 店舗に新しいハードウェア プロファイルを同期させるため、[1090] 配分スケジュールを選択します。 POS に変更を同期させるため、[今すぐ実行] をクリックします。
  7. 店舗に新しいハードウェア ステーションを同期させるため、[1040] 配分スケジュールを選択します。 POS に変更を同期させるため、[今すぐ実行] をクリックします。
  8. 手順 2 と 3 で設定したハードウェア ステーションを、各ホスト コンピューターにインストールします。 ハードウェア ステーションをインストールする方法の詳細については、Retail ハードウェア ステーションのコンフィギュレーションとインストール を参照してください。
  9. Modern POS をインストールして有効化します。 Modern POS をインストールする方法の詳細については、 Retail Modern POS のコンフィギュレーションとインストール を参照してください。
  10. Modern POS にサイン インするには、[非ドロワー操作の実行] を選択します。
  11. ハードウェア ステーションの管理操作を開始します。

  12. [管理] をクリックします。

  13. ハードウェア ステーションの管理ページで、ハードウェア ステーションを起動するオプションを設定します。
  14. 使用するハードウェア ステーションを選択し、[ペア] をクリックします。
  15. Modern POS が使用する各ハードウェア ステーションについて、手順 14 を繰り返します。
  16. すべての必要なハードウェア ステーションのペアリングが終了したら、[閉じる] をクリックします。
  17. ハードウェア ステータスの選択ページで、最後に選択されたハードウェア ステーションをクリックして有効にします。 注記: デバイスが異なるハードウェア ステーションをしばしば使用する場合、支払/入金プロセスを開始するときにレジ担当者がハードウェア ステーションを選択するよう促すようにように Modern POS を設定することをお勧めします。 [小売] > [チャネル設定] > [POS 設定] > [レジスター] をクリックします。 レジスターを選択し、[支払/入金での選択] オプションを [はい] に設定します。 チャンネル データベースへの同期変更に、[1090] 配送スケジュールを使用します。

拡張性

ハードウェア ステーションの拡張性のシナリオの情報については ハードウェア ステーションの拡張 を参照してください。

セキュリティ

現在のセキュリティ標準に従って、実稼働環境では次の設定を使用する必要があります: 注記: ハードウェア ステーション インストーラーは、インストールの一部として自動的にレジストリ編集をセルフサービスで行います。

  • Secure Sockets Layer (SSL) は無効にする必要があります。
  • Transport Layer Security (TLS) version 1.2 (または現行最新バージョン) のみを有効にして使用する必要があります。 注記: 既定では、SSL および TLS 1.2 を除くすべてのバージョンの TLS は無効になります。 これらを値の編集または有効化するには、次の手順に従います。
    1. Windows ロゴキーと R キーを同時に押して、実行ウィンドウを開きます。
    2. [オープン] フィールドで [Regedit] とタイプし、次に [OK] をクリックします。
    3. [ユーザー アカウント コントロール] メッセージ ボックス現われたら、[はい] をクリックします。
    4. [Registry Editor] ウィンドウで、[HKEY_LOCAL_MACHINESystemCurrentControlSetSecurityProvidersSCHANNELProtocols] に移動します。 TLS 1.2 のみを有効にするために、以下のキーは自動的に挿入されています:
      • TLS 1.2Server:Enabled=1
      • TLS 1.2Server:DisabledByDefault=0
      • TLS 1.2Client:Enabled=1
      • TLS 1.2Client:DisabledByDefault=0
      • TLS 1.1Server:Enabled=0
      • TLS 1.1Client:Enabled=0
      • TLS 1.0Server:Enabled=0
      • TLS 1.0Client:Enabled=0
      • SSL 3.0Server:Enabled=0
      • SSL 3.0Client:Enabled=0
      • SSL 2.0Server:Enabled=0
      • SSL 2.0Client:Enabled=0
  • 知られている特定の理由で必要とされない限り、追加のネットワーク ポートを開かないでください。
  • クロスオリジンのリソース共有を無効にし、許可され承認されたオリジンを指定する必要があります。
  • ハードウェア ステーションを実行するコンピュータで使用する証明書の取得には、信頼された証明機関のみを使用してください。

**注記:* IIS と Payment Card Industry (PCI) 要件のセキュリティ ガイドラインを確認することが非常に重要です。

周辺機器シミュレーター

詳細については、Retail 周辺機器シミュレーター を参照してください。

マイクロソフトでテストされた周辺機器

IPC (組み込み) ハードウェア ステーション

次の周辺機器は、Windows 用 Modern POS に組み込まれた IPC ハードウェア ステーションを使用してテストされています。

プリンター

メーカー モデル インターフェイス コメント
Epson Tm-T88IV OPOS
Epson TM-T88V OPOS
Star TSP650II OPOS
Star TSP650II ユーザー設定 ネットワーク経由で接続
Star mPOP OPOS Bluetooth 経由で接続
HP F7M67AA OPOS Powered USB

バーコード スキャナー

メーカー モデル インターフェイス コメント
Motorola DS9208 OPOS
ハネウェル 1900 UWP
記号 LS2208 OPOS
HP 統合済 E1L07AA OPOS
Datalogic Magellan 8400 OPOS

PIN パッド

メーカー モデル インターフェイス コメント
VeriFone 1000SE OPOS 支払コネクターのカスタマイズが必要

支払ターミナル

メーカー モデル インターフェイス コメント
Equinox L5300 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要
VeriFone MX925 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要。ネットワークおよびUSB接続
VeriFone MX915 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要。ネットワークおよびUSB接続

キャッシュ ドロワー

メーカー モデル インターフェイス コメント
Star mPOP OPOS Bluetooth 経由で接続
APG Atwood ユーザー設定 ネットワーク経由で接続
Star SMD2-1317 OPOS
HP QT457AA OPOS

ライン ディスプレイ

メーカー モデル インターフェイス コメント
HP 統合済 G6U79AA OPOS
Epson M58DC OPOS

署名キャプチャ

メーカー モデル インターフェイス コメント
Scriptel ST1550 OPOS

スケール

メーカー モデル インターフェイス コメント
Datalogic Magellan 8400 OPOS

MSR

メーカー モデル インターフェイス コメント
Magtek 21073075 UWP
Magtek 21073062 OPOS
HP IDRA-334133 OPOS

専用 IIS ハードウェア ステーション

次の周辺機器は、専用 (共有ではない) IIS ハードウェア ステーションを使用して、Windows 用 Modern POS およびクラウド POS とともにテストされています。

プリンター

メーカー モデル インターフェイス コメント
Epson Tm-T88IV OPOS
Epson TM-T88V OPOS
Star TSP650II OPOS
Star TSP650II ユーザー設定 ネットワーク経由で接続
Star TSP100 OPOS TSP650II ドライバが必要
HP F7M67AA OPOS Powered USB

バーコード スキャナー

メーカー モデル インターフェイス コメント
Motorola DS9208 OPOS
記号 LS2208 OPOS
HP 統合済 E1L07AA OPOS

PIN パッド

メーカー モデル インターフェイス コメント
VeriFone 1000SE OPOS 支払コネクターのカスタマイズが必要

支払ターミナル

メーカー モデル インターフェイス コメント
Equinox L5300 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要
VeriFone MX925 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要。ネットワークおよびUSB接続
VeriFone MX915 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要。ネットワークおよびUSB接続

キャッシュ ドロワー

メーカー モデル インターフェイス コメント
APG Atwood ユーザー設定 ネットワーク経由で接続
Star SMD2-1317 OPOS
HP QT457AA OPOS

ライン ディスプレイ

メーカー モデル インターフェイス コメント
HP 統合済 G6U79AA OPOS
Epson M58DC OPOS

署名キャプチャ

メーカー モデル インターフェイス コメント
Scriptel ST1550 OPOS

スケール

メーカー モデル インターフェイス コメント
Datalogic Magellan 8400 OPOS

MSR

メーカー モデル インターフェイス コメント
Magtek 21073075 UWP
Magtek 21073062 OPOS
HP IDRA-334133 OPOS

共有 IIS ハードウェア ステーション

次の周辺機器は、共有 IIS ハードウェア ステーションを使用して、Windows 用 Modern POS およびクラウド POS とともにテストされています。 注記:プリンター、支払ターミナル、キャッシュ ドロワーのみサポートされます。

プリンター

メーカー モデル インターフェイス コメント
Epson Tm-T88IV OPOS
Epson TM-T88V OPOS
Star TSP650II OPOS
Star TSP650II ユーザー設定 ネットワーク経由で接続
Star TSP100 OPOS TSP650II ドライバが必要
HP F7M67AA OPOS Powered USB

支払ターミナル

メーカー モデル インターフェイス コメント
VeriFone MX925 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要。ネットワークおよびUSB接続
VeriFone MX915 ユーザー設定 支払コネクターのカスタマイズが必要。ネットワークおよびUSB接続

キャッシュ ドロワー

メーカー モデル インターフェイス コメント
APG Atwood ユーザー設定 ネットワーク経由で接続
Star SMD2-1317 OPOS
HP QT457AA OPOS

トラブルシューティング

Modern POS は、選択リストにあるハードウェア ステーションを検出できますが、ペアリングを完了することはできません

ソリューション: 以下の潜在的障害ポイントを確認してください:

  • Modern POS を実行しているコンピュータは、ハードウェア ステーションを実行しているコンピュータで使用される証明書を信頼します。
    • この設定を確認するには、Web ブラウザで以下の URL を開きます: https://<Computer Name>:<Port Number>/HardwareStation/ping.
    • この URL は ping を使用してコンピュータにアクセスできるかどうかを確認し、ブラウザは証明書が信頼できるかどうかを示します。 (たとえば、Internet Explorer ではカギのアイコンがアドレス バーに表示されます。 このアイコンをクリックすると、Internet Explorer は証明書が現在信頼されているかどうかを確認します。 表示される証明書の詳細を見ることで、ローカル コンピュータに証明書をインストールできます)。
  • ハードウェア ステーションを実行するコンピュータで、ハードウェア ステーションで使用されるポートはファイアウォールで開かれます。
  • ハードウェア ステーションのインストールの最後に実行される支払商社情報インストール ツールを使用して、ハードウェア ステーションに支払商社情報が正しくインストールされます。

Modern POS が選択リストにあるハードウェア ステーションを検出できない

ソリューション: 次の要素のいずれかによりこの問題が生じることがあります:

  • ハードウェア ステーションが本社に正しく設定されていない。 このトピックで説明した手順を使用して、ハードウェア ステーションのプロファイルとハードウェア ステーションが正しく入力されていることを確認します。
  • チャンネル構成を更新するジョブが実行されていない。 この場合、チャンネル構成用に 1070 のジョブを実行します。

Modern POS が新しいキャッシュ ドロワーの設定を反映していない

ソリューション:現在のバッチを閉じます。 キャッシュ ドロワーへの変更は、現在のバッチが閉じられるまで Modern POS では更新されません。

Modern POS が周辺機器の問題を報告している

ソリューション: この問題の一般的な原因を挙げます。

  • 他のデバイス ドライバの Configuration Utility が終了していることを確認します。 これらのユーティリティが開かれている場合、Modern POS またはハードウェア ステーションのデバイス要求を邪魔することがあります。
  • 小売周辺機器が複数の POS のデバイスで共有されている場合、次のカテゴリの 1 つに属していることを確認してください。

    • キャッシュ ドロワー
    • レシート プリンター
    • 支払ターミナル

    周辺機器がこれらのカテゴリのいずれかに属していない場合、ハードウェア ステーションは周辺機器を複数の POS デバイスで共有するようにはデザインされていません。

  • 場合によっては、デバイス ドライバによってコモン コントロール オブジェクト (CCO) が正しく動作できなくなることがあります。 新たにインストールされたデバイスが正しく作動していない場合、またはそのほかの問題に気づく場合、通常は CCO を再インストールすることで問題を解決できます。 CCO をダウンロードするには、http://monroecs.com/oposccos_current.htm を参照してください。
  • テストまたはトラブルシューティングのために頻繁に周辺機器を変更する場合、キャッシュが自然に更新されるのを待つ代わりに IIS をリセットする必要があるかもしれません。 IIS のリセットには、次の手順に従います。
    1. [開始] メニューから [CMD] とタイプします。
    2. 検索結果で、右クリックで [コマンド プロンプト]、次いで [管理者として実行] をクリックします。
    3. コマンド プロンプトウィンドウで、iisreset /Restart とタイプして Enter キーを押します。
    4. IIS の再起動後、Modern POS を再起動します。
  • 周辺機器に頻繁に変更を加え、POS クライアントを頻繁に起動および終了した場合、前の POS セッションの dllhost プロセスが現在のセッションに干渉することがあります。 この場合、前のセッションを管理するダイナミックリンク ライブラリ (DLL) のホストを閉じるまで、デバイスが使用可能にならないことがあります。 DLL ホストを終了するには、次の手順に従います。
    1. [開始] メニューから [タスク マネージャ] とタイプします。
    2. 検索結果から、タスク マネージャをクリックします。
    3. タスク マネージャの [詳細] タブで [名前] というラベルの付いた列ヘッダーをクリックし、テーブルを名前のアルファベット順に並べ替えます。
    4. dllhost.exe が見つかるまでスクロールします。
    5. 各 DLL ホストを選択し、[タスクの終了] をクリックします。
    6. DLL ホストが終了したら、Modern POS を再起動します。

参照

Retail 周辺機器シミュレーター