品揃えの設定

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail および Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition に適用されます。

この記事は、品揃えとは何か、および Microsoft Dynamics 365 for Retail での品揃えの設定方法を説明します。

品揃えとは、従来型の店舗、オンライン ストアなどの小売チャンネルに割り当てられた関連する製品の集まりです。 各店舗で利用できる製品を識別するために品揃えを使用します。 品揃えには、製品のカテゴリを含めることができます。 したがって、特定のカテゴリに割り当てられているすべての製品が品揃えに含まれます。 また、品揃えには、製品の特定の製品および特定のバリアントを含めることもできます。 品揃えを設定することで、店舗で必要なあらゆる組み合わせで何千もの製品を小売チャンネルに同時に割り当てることができます。 製品の品揃えは必要なだけ設定できます。 各製品を 1 つまたは複数の品揃えに含めて、各カテゴリを 1 つまたは複数の小売チャンネルに割り当てることができます。 たとえば、製品の基準セットが含まれる 1 つの品揃えを定義します。 すべての店舗はこの品揃えを受入します。 その後、大きいスポーツ用品のみが含まれる別の品揃えを定義します。 大規模な店舗のみこの品揃えを受入します。 次の図は、製品を品揃えに割り当てる方法とそれらの品揃えを小売チャンネルに割り当てる方法を示します。 製品品揃えリレーションシップ

必要条件

品揃えを設定して小売チャンネルに割り当てる前に、次の作業を行う必要があります。

タスク 説明
小売チャンネルを設定します。 小売チャンネルとは、従来型の店舗、オンライン ストア、オンライン マーケットプレースを表します。 少なくとも 1 つの小売チャンネルを設定し、店舗のオプションをコンフィギュレーションする必要があります。 特定の店舗で扱われる製品を識別するために、品揃えが店舗に割り当てられます。
組織階層を作成します。 組織の小売チャンネルを設定した後、小売チャンネルの組織構造を表す小売組織階層をコンフィギュレーションする必要があります。 組織階層は、品揃え、補充、および報告に使用できます。 小売チャンネルを組織階層に追加すると、品揃えを店舗グループに割り当てることができます。 品揃えを個別に各店舗に割り当てるのではなく、上位レベルの組織ノードに品揃えを割り当てます。 その後、新しい小売チャンネルが上位レベルの組織ノードに追加されるたびに、その小売チャンネルで上位レベルの組織ノードに割り当てられた品揃えが自動的に継承されます。 小売品揃えの目的が割り当てられている組織階層に含まれる小売チャンネルにのみ品揃えを割り当てることができます。
製品を定義します。 製品を品揃えに追加する前に、Microsoft Dynamics 365 for Retail で製品を追加する必要があります。 製品を手動で追加するか、仕入先から製品をインポートできます。 製品を追加した後、法人にそれらの製品をリリースする必要があります。 法人にリリースされた製品のみを小売チャンネルで利用可能にすることができます。 法人にまだにリリースされていない製品を品揃えに追加し、品揃えを承認することができます。 ただし、製品が法人にリリースされるまで、小売チャンネルで利用可能にすることはできません。
カテゴリ階層を設定します。 小売製品を作成すると、カテゴリ階層機能を使用して小売製品をグループ化して分類することができます。 1 つのコア階層を作成して、小売チャンネルを使用して配分するすべての製品をグループ化して分類することができます。 また、個別の補助カテゴリ階層を作成して、プロモーションや品揃えなどの特殊な目的のために製品をグループ化して分類することもできます。 カテゴリ階層を使用して、特定のカテゴリのすべての製品を品揃えに割り当てることができます。 品揃えに含まれるカテゴリに追加されている製品は、自動的に品揃えに含まれます。 その後、次回の小売の品揃えスケジューラの実行時に、品揃えが割り当てられている小売チャンネルでこれらの製品が利用可能になります。

品揃えの設定

前提条件を満たしたら、品揃えを作成して小売チャンネルに割り当てることができます。 品揃えを設定するには、次の作業を行う必要があります。

  1. 新しい品揃えを作成するか、既存の品揃えをコピーします。
  2. 小売チャンネル、または品揃えが適用されている小売チャンネルの上位レベル グループを選択します。
  3. 製品カテゴリ、個々の製品、または製品バリアントを品揃えに追加します。 特定のカテゴリにすべての製品を含めたり、選択した製品を品揃えに含まれているカテゴリから除外したりすることができます。
  4. 品揃えを公開します。 品揃えを公開すると、小売の品揃えスケジューラが自動的に実行されます。 このプロセスにより、製品の一覧が生成されます。 このプロセスが完了すると、製品の品揃えが割り当てられている小売チャンネルで製品が利用可能になります。 公開されている品揃えを変更したり、品揃えが割り当てられている小売チャンネルを変更したりする場合には、品揃えを更新する必要があります。 変更時に品揃えを更新するには、小売の品揃えスケジューラをバッチ ジョブとして実行できます。