注文保留

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail および Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition に適用されます。

このトピックでは、Dynamics 365 for Retail を使用して、注文の保留について説明します。

注文はさまざまな理由で保留にすることができます。 たとえば、顧客の住所や支払方法が確認できるまで、またはマネージャーが顧客の与信限度額を確認できるまで、注文を保留にすることがあります。 販売プロセスの間は、販売注文は保留中にすることが必要な場合があります。 たとえば、顧客の支払いに関する問題のために、または管理者の確認が必要なために、販売注文を保留中にすることが必要な場合があります。 販売注文を保留中にすると、保留の理由を示す注文保留コードが販売注文に割り当てられます。 販売とマーケティング > 設定 > 販売注文 > 注文保留コード で販売注文保留コードがコンフィギュレーションされます。 販売注文は注文の作成時に、または後で手動で保留にすることができます。 また、注文を不正ルールに基づいて、自動的に保留にすることができます。 販売注文が保留中の間、詳細情報に基いてそれを更新する必要がある場合があります。 または、販売注文をチェック アウトして作業を続行することもできます。 販売注文をチェックアウト、もう一度確認、および注文保留ワークベンチを使用して、別のユーザーのチェックアウトを上書きすることができます (小売 > 顧客 > 注文保留)。 注文を完了する準備が整ったら、注文プロセスを完了する前に、保留を解除する必要があります。