コール センターでの支払方法

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail および Dynamics 365 for Finance and Operations に適用されます。

Microsoft Dynamics 365 for Retail では、コール センター チャネルのコンフィギュレーションに、[オーダー完了の有効化] という名前の設定が含まれます。 この設定は、チャンネルのユーザーが作成したすべての注文が、承認済の許容範囲内の前払または事前承認された支払がある場合にのみ、注文処理にリリースされることを保証するのに役立ちます。 [オーダー完了の有効化] 設定が有効の場合、コール センター ユーザーは、コール センターの支払処理機能を使用して顧客の販売注文に対する支払を入力できます。 設定が無効になっている場合、コール センター ユーザーはコール センター支払処理機能を使用できませんが、引き続き標準の売掛金勘定機能を使用して前払を販売注文に適用することができます。

チャンネルのコンフィギュレーションの一部として、会社はコール センター チャネルに許可されている支払方法を定義できます。 コール センター チャネルは、小売用店舗のチャンネルに定義されているのと同じ支払方法を使用します。

コール センター チャネルの支払方法をコンフィギュレーションするには、[小売] > [チャンネル] > [コール センター] > [すべてのコール センター] へ移動し、[設定] メニューで、[支払方法] オプションを選択します。

支払方法を作成する時には、5 つの支払方法機能を割り当てることができます。

職務 説明
標準 現金または伝票の支払方法を定義するときは、支払方法に [標準] 機能を使用します。 これらの支払タイプがコール センターでの販売注文に適用されると、それらはすぐに前払としてに顧客口座に転記されます。 前払伝票は顧客トランザクションの履歴に転記され、請求書が作成されると販売注文の請求書に対して計画的に決済されます。
確認 支払フォームとして銀行小切手を定義するときは、[確認] 機能を使用します。 この支払のタイプが販売注文に適用されるときに、ユーザーは支払アプリケーション処理の一部として、顧客の小切手番号を入力する必要があります。 小切手支払は常に、適用時に前払として扱われます。 標準 支払機能の場合、これらの前払伝票は注文用に作成された請求書に対して計画的に決済されます。
カード カード支払タイプは、顧客の支払カードで定義されているカード番号の入力を必要とする任意のタイプの支払を表します。 例としては、クレジット カード、ギフト カードなどがあります。 これらのタイプの支払をコンフィギュレーションする場合は、[カードの設定] メニューを使用して、この支払方法に関連付けられているカード ID を定義する必要があります。 注文の入力時に、ユーザーは支払入力ページに表示される [前払] オプションを使用して、カード支払を前払いするかどうかを指定できます。 ビジネスが前払を必要としない限り、true クレジット カード支払の標準的なフローは次の 2 つの手順であり、注文入力時に承認が得られ、支払は請求時に顧客のカードから決済され回収されます。 ギフト カードの支払の場合は、顧客が別の場所に同じ値を適用できないようにギフト カードの残高をすぐに減らす必要があるので、前払を推奨します。
顧客 支払方法の [顧客] 機能は、支払が顧客の与信限度額に適用されるか、または「分割払」にプットされることを意味します。 Retail では、顧客が注文入力時に検証できる与信限度額を割り当てることができます。 [顧客] 機能にリンクされた支払方法を使用して行われる支払は、顧客の口座に対して責任を負います。 次に、販売注文の請求時に、未払残高が表示されます。 このような場合、顧客は通常、与えられている条件に従って支払を送信します。 または、顧客のアカウントにある前回の未処理の貸方伝票は、期限になる残高を決済するために適用できます。 この支払方法を定義した場合でも、コール センター注文エントリの支払選択オプションには、作業中の顧客の顧客レコードに [内金の許可] フラグが設定されていない限り表示されないことに注意してください。 このフラグは、顧客レコードの [支払の既定値] タブにあります。
支払/入金の削除/釣銭入力 [支払/入金の削除/釣銭入力] 機能は、コール センターで使用されていません。 販売時点管理 (POS) アプリケーションがストア チャンネルで使用する支払方法を定義する場合にのみ、適用されます。

支払方法が定義されているので、それらは元帳または銀行口座にリンクする必要があります。 この手順を省略すると、ユーザーは支払タイプを保存しようとした時にエラーが発生します。

払戻支払方法

払戻処理のシナリオの場合、コール センターは売掛金勘定で定義されている支払方法の一部も使用します。 これらの支払方法をコンフィギュレーションするには、[小売] > [チャネル設定] > [コール センターの設定] > [コール センターの払戻方法] に移動します。 払戻小切手を顧客に処理するには、このコンフィギュレーションを完了する必要があります。 たとえば、顧客が最初に現金またはその小切手を使用して注文を支払った場合、ユーザーは売掛金勘定を通じて払戻小切手を顧客に送信することができます。 この場合、コール センターでの現金および小切手支払のタイプは、払戻が正しく処理されることを保証するために、売掛金勘定で正しい支払方法にマップする必要があります。

さらに、ユーザーが Retail のコール センターのユーザーとして返品注文を処理していても、返品を元の販売にリンクできない場合、返品 の支払方法をコール センター パラメータで定義する必要があります。 [小売] > [チャネルの設定] > [コール センターの設定] > [コール センター パラメーター] の順に移動し、[支払方法] フィールドの [RMA/返品] タブで、支払方法が定義されていることを確認します。 支払方法は、払戻に使用される支払方法になります。 通常、チェック メソッドまたは顧客勘定方法のいずれかとして定義されます。