BOM 計算グループ

この資料では、部品表 (BOM) の計算のグループについての情報とそれらを設定する方法を提供します。 BOM 計算を実行するには、計算グループを設定し個々の品目に割り当てるか、既定の計算グループを設定する必要があります。 計算グループからの計算設定が、[BOM 計算] ページで BOM の計算時の既定値として使われます。

[在庫および倉庫管理パラメーター] ページでは、既定の計算グループが必要です。または、[リリース済製品の詳細] ページで製品固有の計算グループが必要です。 システムは最初に [リリース済製品の詳細] ページで計算グループの設定を検索します。 そこで計算グループが見つからない場合、[在庫および倉庫管理パラメーター] ページで検索します。 システムが計算グループを見つけることができない場合、ユーザーは計算中にエラー メッセージを受け取ります。 計算グループには、原価価格モデル、販売価格モデル、および警告のチェックリストのポリシーが含まれています。 計算グループからの計算設定が、[BOM 計算] ページで BOM の計算時の既定値として使われます。

BOM 計算グループの目的

BOM 計算グループを品目に割り当てる理由は、いくつかあります。

  • [原価価格モデル] フィールドを設定することにより、製品の予定原価を計算する際に、購入済部品の原価貢献度データのソースを指定できます。 一部のメーカーでは、購入済部品の購入価格売買契約、または原価計算バージョン内の購買価格レコードなどのその他の基準を使用して、予定原価を計算する必要があります。
  • [販売価格モデル] フィールドを使用することにより、品目のデータを使用して推奨販売価格を計算する方法を指定できます。 品目の販売価格または原価グループのいずれかを指定することができます。 一部のメーカーでは、製品の推奨販売価格の計算が必要です。 計算済販売価格は、コンポーネントの販売価格レコードに基づく価格加算のアプローチを反映できます。 または、算出販売価格は、部品の原価と、品目の原価グループに関連付けられている該当する利益率に基づく原価 + マークアップ アプローチを反映できます。
  • [展開の停止] フィールドを使用することにより、BOM 計算中の原価ロールアップのために、製品を購買済品目として扱う必要があることを指定できます。 典型的なシナリオでは、まれに製造される購買済品目や、現在購買されている製品などがあります。 品目はまず、部品表と工順情報を定義し、品目の製造オーダーをサポートするために、製造済品目として指定されます。 ただし、[展開の停止] フラグは、コスト計算に、品目の BOM および工順を使用することを阻止します。 代わりに、BOM 計算では、品目の指定済みコストを使用します。

計算グループ

[原価管理] の [あらかじめ設定された原価ポリシーの設定] で計算グループを定義します。 計算グループを品目に割り当てることで、計算グループの設定に従って、コストやコンポーネントの販売価格の計算で使用するソースの取得方法を指定できます。 [計算グループ] ページで、原価価格モデル、代替原価価格モデル、販売価格モデル、および警告を定義できます。

原価価格モデル

[原価価格モデル] フィールドには 4 つのオプションがあります。

  • 品目原価価格: [リリースされた製品] テーブルにある原価価格を使用します。または、品目分析コードの組み合わせを原価価格として使用します。
  • 品目購買価格: [リリース済み製品の一覧] ページの [購入] タブの [原価価格] フィールドにある購買価格を使用します。
  • 売買契約: 品目と仕入先との特定の組み合わせについて、または特定のサイトについて、売買契約を構成することができます。 その場合、[売買契約] オプションを選択すると、購買価格、品目、およびサイトについて作成した売買契約が使用されます。
  • 在庫価格: BOM 計算での単位原価の計算に、品目の現在の在庫値を使用します。 単位原価価格は、転記された数量および現物数量が 0 (ゼロ) より大きい場合にのみ計算されます。

代替原価価格

[代替原価価格] フィールドのオプションは、[原価価格モデル] フィールドと同じです。 ただし、このフィールドは、プライマリの原価価格モデルで価格が見つからない場合にのみ、使用されます。

販売価格モデル

[販売価格] フィールドの計算には 2 つのオプションがあります。

  • 原価グループ: このオプションを選択すると、原価価格と原価グループからの利益設定割合に基づいて販売価格を計算します。
  • 品目販売価格: このオプションを選択すると、[リリース済み製品] テーブルの [販売] クイック タブの販売価格を使用します。

展開の停止

[展開の停止] チェック ボックスは、製造品目を購入品目として扱う必要があるかどうか指定します。 通常、[展開の停止] チェック ボックスはオフのままにします。 チェック ボックスをオンにすると、BOM 計算の目的で、製品を製造コンポーネントとしてではなく購買コンポーネントとして処理するように指定できます。 サイトにより、品目の原価は引き続き BOM 計算を使用して計算できます。 計画購買オーダーや製造オーダーの展開は、[展開の停止] チェック ボックスがオンに設定されている計算グループに関連付けられているコンポーネントのある BOM で停止します。 マスタ スケジューリングにより、BOM に含まれる品目ではなく、BOM 自体に基づいて計画オーダーが生成されます。 基本的に、このチェック ボックスを選択すると、この計算グループがある品目は原価を BOM 計算に追加しないことが指定されます。

警告

[警告] クイック タブで、BOM 計算を実行するときにユーザーが受信するすべての警告メッセージのオプションを選択します。

たとえば、[BOM なし ] チェック ボックスをオンにすると、BOM の計算対象のコンポーネントの 1 つまたは親品目について有効な BOM バージョンが見つからない場合に、ユーザーが警告を受信します。 [ルートなし] チェック ボックスをオンにすると、有効な工順バージョンが見つからない場合にユーザーは警告を受信します。 自分の工順または工程にあるリソースを使用している場合、それらのリソースを確認するようにシステムに指示できます。 その場合、有効な工順内のすべての行にリソースが見つからない場合、ユーザーは警告を受け取ります。

また、消費量の検証と確認もできます。 消費量は、特定の工順の数量です。 通常、生産プロセスの特定の工程を実行するために必要な時間数を表します。 品目に原価価格がないかどうかを確認することができます。 品目に有効な原価価格がない場合は、BOM の計算に原価は追加されません。

原価価格の経過期間の確認と検証もできます。 たとえば、「60」を入力すると、60 日後に単位原価価格を再評価する必要があることを示します。 この制限に達すると、警告が生成されます。 たとえば、品目について原価価格が 1 月に入力されたとします。 8 月には、原価価格を入力してから 60 日以上が経過しているため、BOM 計算を実行するとユーザーは警告を受信します。 [許容される最小の貢献利益] フィールドはパーセントで入力できます。 この値は、最低限の貢献利益が得られなくなる点を示します。 特定のコンポーネントが貢献利益を満たしていない場合、ユーザーは警告を受信します。 そのため、このフィールドは、原価と、品目に必要になる可能性のある在庫維持費が割れないよう保証するのに役立ちます。

在庫および倉庫管理パラメーターの既定の設定

計算を実行するには計算グループが必要になるため、在庫管理パラメーターに既定の計算グループを設定する必要があります。 この設定により、企業はすべての品目について標準原価グループおよび利益設定を指定できます。 その場合、特定の品目に特別な計算の要件があるとき、ユーザーはその品目に別の計算グループを割り当てることができます。 通常、BOM 品目ではなく BOM コンポーネントの品目に対して、計算グループを設定します。 ただし、警告メッセージが表示されている場合、計算グループが適用できます。 品目に割り当てられている計算グループは、在庫管理パラメーターで設定されている既定値を上書きします。

[コスト管理] > [在庫会計ポリシーの設定] > [パラメーター] > [在庫会計] > [計算グループ] で、既定のパラメーターを設定することができます。 既定の構成グループを設定することにより、選択したコンポーネントで計算エラーが発生した場合に、BOM の計算時にユーザーの入力を求める警告の条件を構成することもできます。

[完了] ページで警告メッセージを表示

BOM 計算では、警告メッセージが生成されます。 選択した品目についての警告を表示できます。 たとえば、販売およびマーケティングで、品目 D0001 について新しい販売注文を作成します。 その後、販売注文明細行で、[明細行の更新] メニューの [BOM または式に基づく計算] をクリックして、計算の詳細と警告を表示します。 また、BOM 計算結果は [完了] ページで表示することもできます。 警告メッセージは、製品に適用されるのは 2 つの警告条件のみで、品目には 4 つの警告条件が適用されます。

  • 製品に有効な BOM がないことを示します。
  • 製品に有効な工程がないことを示します。
  • BOM 明細行の品目の数量が 0 (ゼロ) であることを示します。
  • BOM 明細行の品目の原価が 0 (ゼロ) であるか、原価レコードがないことを示します。
  • BOM 明細行の品目に期限切れの原価があることを示します。 警告は、計算日を原価の最大経過期間の指定日数と比較した結果に基づきます。
  • BOM 明細行の品目が、目的の利益率を下回っていることを示します。

警告メッセージの種類の要件に応じて、複数の BOM 計算グループを定義できます。 たとえば、ある BOM 計算グループに付ける警告条件は、有効な BOM、部品数量 0 (ゼロ)、および部品原価 0 (ゼロ) で十分な場合があります。 BOM 計算の開始時に、BOM 計算グループに関連付けられている警告条件を上書きできます。 また、警告条件を追加または削除できます。 たとえば、現在の状況が工順データに関係しない場合は、有効な工順に関する警告条件を削除できます。 注記: 時刻と出勤には、[計算グループ] ページが含まれます。ただし、そのページは BOM 計算グループとの関係がありません。 [時刻と出勤] では、作業者は、同じスーパーバイザーまたはマネージャーに関連付けられている作業者のグループ化を反映する計算グループに割り当てることができます。 作業者の登録の計算は、スーパーバイザーまたはマネージャーによって自動または手動で行うこともできます。