生産管理、およびプロジェクト管理会計で使用される原価カテゴリ

生産作業によっては、プロジェクト時間の見積と報告に適用できます。 この記事は、生産とプロジェクトのために、これらの種類の生産作業に定義する必要のある原価カテゴリに関する情報を提供します。

生産作業によっては、プロジェクト時間の見積と報告に適用できます。 この場合、生産とプロジェクトのために原価カテゴリが必要です。 原価カテゴリを生産とプロジェクトで使用する場合は、プロジェクト関連の追加情報を定義する必要があります。 たとえば、プロジェクトに関連付けられた時間原価は、生産に関連付けられた時間原価と異なる場合があります。 生産管理とプロジェクト管理会計で使用される原価カテゴリを定義するには、[原価カテゴリ] ページを使用します。

メモ: 原価計算には [プロジェクト カテゴリ] ページが含まれますが、このページはこのトピックで説明する機能とは関係ありません。 プロジェクトで原価カテゴリを使用する場合、[原価カテゴリ] ページには追加のプロジェクト関連情報を表示する追加のタブがあります。 この情報には、カテゴリ グループ、明細行プロパティ、および原価カテゴリに割り当てられている勘定科目が含まれます。

  • 原価カテゴリは、時間のトランザクション タイプをサポートするカテゴリ グループに割り当てる必要があります。
  • 明細行プロパティは、報告される時間をプロジェクトの課金対象にする方法についての既定情報を示します。
  • 通常、原価および販売に関連する勘定科目は、原価カテゴリに割り当てられるカテゴリ グループに対して定義されます。 ただし、特定の勘定を個別の原価カテゴリに対して定義できます。

[原価カテゴリ] ページの新しいボタンを使用すると、選択した原価カテゴリに関するプロジェクト関連情報にアクセスできます。 たとえば、プロジェクト関連のトランザクションの表示、従業員やプロジェクトの定義、時間単位の原価と販売価格の定義、レポートの表示を行うことができます。