生産工順で使用される原価カテゴリ

この記事は、工順を使用する製造環境に適用される原価カテゴリについて説明します。

原価カテゴリは、工順を使用する製造環境に適用されます。 これらは、製造品目の算出原価における時間原価の定義と原価貢献度の区分を行うことを目的として、運営リソースと工順工程に割り当てられます。 原価カテゴリに割り当てられた原価グループは、運営リソースと活動タイプ (段取り時間や実行時間など) に基づいて製造原価の貢献度を分類します。 原価グループの割当の特異性は、工順情報に基づいて製造間接費を計算できるようにします。

メモ: 製造環境の中では、原価カテゴリは複数の他の名前で呼ばれます (労務率コードや機械率コードなど)。

各原価カテゴリには、関連付けられた原価レコードと割り当てられた原価グループがあります。 異なる生産目的には、異なる原価カテゴリが必要です。

  • 運営リソースに基づいて異なる時間原価を割り当てます。 たとえば、さまざまなタイプの労務スキル、機械、生産セルによって原価が異なる場合があります。
  • 工順工程に関連付けられた段取り時間または実行時間に対して、異なる時間原価を割り当てます。
  • 時間原価の代わりに、出来高数量に基づいて原価を運営リソースに割り当てます (労務費を支払うための単価など)。
  • 原価貢献度の原価グループの区分を、製造品目の算出原価に提供します。 たとえば、労務費と機械費を区分できます。
  • 労務と機械に関連する間接費や段取り時間と実行時間に関連する間接費の式などの、間接費計算式の基準となる原価グループを用意します。

原価カテゴリは、工順工程の段取り時間、処理時間、および数量に対して割り当てることができます。 たとえば、原価または原価グループの区分が、たとえば段取り時間と処理時間で異なる場合は、異なる原価カテゴリを定義して段取り時間と処理時間に割り当てる必要があります。 段取り時間、処理時間、および数量に対する原価カテゴリの選択的使用は、工程に割り当てられた工順グループによって決まります。 時間と数量に対する原価カテゴリの割り当ては、[生産管理パラメーター] ページで定義された全社的なポリシーによって要求することができます。

各原価カテゴリには、原価バージョンの原価レコードの定義に基づいて関連付けられた原価があります。 特定の原価バージョンとサイト用の原価レコードを定義するには、[原価カテゴリ価格] ページを使用します。 原価カテゴリの原価レコードが最初に入力されると、ステータスは [保留中] であり、発効日が設定されています。 原価レコードを有効にすると、ステータスは [現在有効] に更新され、発効日は有効化した日に更新されます。 各原価レコードで、反映されるサイト、発効日、またはステータスが異なっている場合があります。 未来または過去の日付での部品表 (BOM) 計算では、関連する有効日を持つ原価レコードが使用されます。 現在有効な原価レコードは、製造オーダー原価の見積と、製造オーダーに対して報告された時間の評価を行うために使用されます。

原価カテゴリの原価レコードは、サイト固有にすることも、全社的にすることもできます。 原価レコードをサイト固有にするには、サイトを割り当てます。 それ以外の場合、空白の値は、原価レコードが会社内の全サイトに適用されることを示します。 原価はサイトごとに異なる場合があるため、たとえば原価レコードをサイト固有として定義する必要があります。

工順工程は、通常は運営リソースまたはマスター工程に割り当てられた原価カテゴリを継承します。 製造オーダーを作成すると、生産工順内の工順工程は、選択された工順バージョンを反映します。 生産工順内の工程に割り当てられた原価カテゴリは上書きできます。

生産作業によっては、プロジェクト時間の見積と報告に適用できます。 この場合、生産とプロジェクトのために原価カテゴリが必要です。 原価カテゴリにプロジェクトでの使用を示すフラグを設定する場合は、プロジェクト関連の追加情報を定義する必要があります。