原価グループ

原価グループは、原材料、労務、および間接費に対する原価貢献度などのように、製品の計算された原価での原価貢献度を区分および分析するための基礎を提供します。 原価内訳、原価分解、原価分類など、製造環境には原価グループ区分の同義語がいくつかあります。

原価内訳、原価分解、原価分類など、製造環境には原価グループ区分の同義語がいくつかあります。 原価グループ区分には、いくつかの目的があります。 次にいくつか例を挙げます。

  • 缶詰製品の原料と容器材料などのように、項目に割り当てられた原価グループに基づいて、異なる種類の原材料の原価を区分できます。
  • 異なる種類の労務や機械装置などのように、運営リソースおよび工程に関係する原価カテゴリに割り当てられている原価グループに基づいて、異なる種類の運営リソースの原価を区分できます。
  • 工程に関係する原価カテゴリに割り当てられている原価グループに基づいて、工程の段取り時間および実行時間に対する原価を区分できます。
  • 労務関連の間接費や機械装置関連の間接費などのように、原価計算表設定で間接原価に割り当てられている原価グループに基づいて、異なる種類の間接費の原価を区分できます。
  • 原価計算表の設定でさまざまなタイプの製造間接費を計算するための基準として機能します。 この間接費には、運営リソース、または設定時間および実行時間についての工順情報に関連する異なるタイプの間接費を含めることができます。 また、製造間接費は、コンポーネント原材料の原価貢献度に関係し、工順情報の必要性を排除するリーン生産方式の理念を反映する場合もあります。

原価グループ区分は、標準原価または予定原価のどちらが基になっていても、製造品目の算出原価に適用されます。 集計ページに、原価グループ別、レベル別、または原価グループとレベルの両方でこの区分を表示します。

このように製品構造の複数のレベルについて原価グループ区分を維持する機能は、分解と呼ばれます。 分解は、標準原価在庫モデルを使用する製造品目に対してのみ適用されます。 分解を行わない場合、製造されるコンポーネントの原価は、原材料の原価貢献度として扱われます。 補助元帳による原価内訳の在庫パラメータが、標準原価計算で複数レベルについて原価グループ区分が維持されることを示します。 これに対し、レベルを指定しないポリシーは、原価グループ区分が単一レベルの計算にのみ適用されることを示します。 たとえば、原価グループによる原価ロールアップ ページでは、標準原価品目について、複数レベルの原価グループ区分が表示されます。

原価グループ区分は、標準原価品目の差額にも適用できます。 2 番目の在庫パラメータは、差額を原価グループで識別するか、または集計のみを行うかを定義します。

原価グループには、補助的な区分として、原価グループ タイプおよび動作を割り当てることができます。

  • 原価グループ タイプ − 各原価グループには原価グループタイプを割り当てて、原価グループが直接材料、直接製造、直接外部委託に適用されることを示す、または間接または未定義として指定する必要があります。 直接材料として指定した原価グループは、品目に割り当てることができます。 直接製造原価グループは、原価カテゴリに割り当てることができます。 直接外部委託のコスト グループは、サービス購買に関連付けられたコストを外注活動に分類できる、製品タイプのサービスに割り当てることができます。 間接原価グループは、割増金またはレートの間接原価に割り当てることができます。 未定義として指定した原価グループは、品目、原価カテゴリ、または間接原価に割り当てることができます。 原価グループ タイプの割り当ては、いくつかの目的に役立ちます。 1 つ目の目的は、原価グループを割り当て、適用可能な原価グループのリストを表示させる機能を制限することです。 2 つ目の目的は、レポートに補助区分を使用できるようにすることです。 3 つ目の目的は、差異に対する勘定科目の割り当てに使用することです。
  • 動作 − 各原価グループには、オプションで動作を割り当て、原価グループが固定費または変動費に適用されることを示すことができます。 動作の値が NULL の原価グループは、変動費として処理されます。 動作の割り当ては、レポート目的でのみ使用されます。 たとえば、原価計算表および原価グループによる原価ロールアップ ページでは、固定費および変動費という区分付けて原価を表示できます。 各原価グループに利益設定の割合を割り当てた場合は、コスト プラス マークアップのアプローチに基づいた推奨販売価格が部品表 (BOM) 計算に使用できます。