原価計算表

原価計算表の設定には、2 つの目的があります。 最初の目的は、製品または製造オーダーに関する売却済商品の原価情報の表示形式を定義することです。 書式設定された表示は、原価計算表と呼ばれます。 2 つ目の目的は、間接原価の計算の基準を定義することです。 原価計算表設定は、情報表示用および間接原価計算式用の原価グループ機能の上に構築されます。 原価計算表設定の 2 つの目的はこの項目で説明します。

原価計算表は、製造品目や製造オーダーでの販売商品の原価についての書式設定された情報表示です。 原価計算表を設定すると、情報の書式定義や、間接原価の計算基準の定義を行うことができます。 原価計算表設定は、情報表示用および間接原価計算式用に原価グループ機能の上に構築されます。 原価計算表の設定の 2 つの目的について、詳細情報を次に示します。

  • 原価計算表の形式を定義します。 原価計算表のユーザー定義形式は、製造された品目の売却済商品原価を含む原価区分を識別します。 たとえば、品目の売却済商品の原価情報は、原価グループに基づいて、材料、労務、および間接費に分割できます。 これらの原価グループは、品目、工順工程用の原価カテゴリ、および間接原価計算式に割り当てられます。 原価計算表の形式では、複数の原価グループが定義されている場合には中間合計が必要となるのが普通です。 たとえば、原材料に関連付けられる複数の原価グループは、集計できます。 原価計算表の形式の定義はオプションですが、間接原価が計算される場合は、原価計算表の形式を定義する必要があります。
  • 間接原価の計算の基準を定義します。 間接原価は、製品の生産に関連付けられている製造間接費を反映します。 間接原価計算式は、割増金またはレートとして表現できます。 割増金は値のパーセンテージを表し、レートは工順工程の 1 時間当たりの金額を表します。 原価グループは、労務費グループの 100% 割増金や機械原価グループの USD 50.00 の時間レートなど、計算式の基準を定義します。 計算式とその原価グループの基準を定義する場合は、原価計算表設定で、間接費を代表する原価グループを識別し、割増金またはレートのどちらの方法を使用するか選択する必要があります。

各計算式は、原価レコードとして入力する必要があります。 原価レコードは、指定された原価バージョン、割増金パーセンテージまたはレート金額、原価グループ基準、ステータス、および有効日から構成されます。 原価レコードを初期入力すると、ステータスは保留中であり、発効日が設定されています。 原価レコードを有効にすると、レコードが現在の有効なレコードになるようにステータスが更新され、発効日は有効化した日に更新されます。 原価レコードでは、サイト固有の計算式を使用するサイトを指定できます。 また、サイト フィールドを空白にして、会社全体で使用する計算式であることを示すことができます。 計算式が品目ごとの式としてマークされている場合は、オプションで、指定した品目または品目グループから成る原価レコードを使用できます。

間接原価計算式に対して現在有効な原価レコードは、製造オーダー原価を見積もるために使用されます。 また、時間および材料の実際の消費に関連する実際原価の計算にも使用されます。 保留原価レコードは、未来の日付の部品表 (BOM) 計算で使用されます。

原価バージョンに対する 2 つのブロック ポリシーで、保留原価を保持するかどうか、および保留原価を開始できるかどうかが決定されます。 ブロック ポリシーを使用すると、データ保持を許可し、その後、原価計算バージョン内に原価データが保持されないようにすることができます。

原価計算表の形式と間接原価の計算を定義した後で、別の手順を実行して、情報を検証および保存する必要があります。 原価計算表は、売却済商品の原価情報を一貫して表示するための会社全体の形式を表します。

原価計算表は、品目原価の計算ページの一部として表示されます。 原価計算表は、品目価格ページの製品の計算済原価レコードに対して、または BOM 計算の結果ページの注文固有計算レコードに対して表示できます。 また、製造オーダーの価格計算ページの一部として表示されます。