製造オーダーの原価分析

この記事は、完了した製造オーダーおよび現在の製造オーダーに対して実行できる原価分析について説明します。 [価格計算] ページまたは [原価見積] レポートを使用して、見積原価および実際原価を分析できます。 コンポーネント品目、工順工程、および間接原価ごとに見積原価と実績原価 (および数量) についての情報を表示できます。

製造オーダーの実績原価は、報告済の材料消費と工順工程に基づきます。 報告済の材料消費、工順工程、および間接原価についての詳細トランザクションには、製造オーダーの [生産の転記] ページでアクセスできます。

完了した発注書の差異分析

差異は、報告された生産活動と、生産品目の標準原価計算の比較を反映します。 差異は、製造オーダーの見積原価との比較を反映しません。 報告された生産活動には、材料の消費と工順工程 (および関連する間接原価)、および完了済として報告された数量が含まれます。 次の 4 種類の差異が計算されます。

  • ロット サイズの差異
  • 生産数量の差異
  • 生産価格差異
  • 生産代替の差異

次の図に、製造オーダーの終了時の品目の原価レコード内の製造オーダーの実績原価と算出原価の差異を説明する 4 つの差異を示します。

完了した製造オーダーの差異を説明する差異

差異 ページまたは 製造差異 レポートを使用して製造差異を分析できます。 表示オプションを使用して、品目および運営リソース別または原価グループ別の詳細な差異を表示します。 在庫パラメータ内の原価内訳ポリシーは、差異が原価グループ別に追跡されるかどうかを決定します。 また、[単一]、[複数]、および [合計] 表示オプションを使用して、要約された差異を表示することもできます。 詳細な差異に関する情報は、各差異のソースを理解するのに役立ちます。 製造オーダーが終了する前に差異を予期するには、[原価見積] レポートで提供される詳細情報を分析します。

現在の製造オーダーに対する原価分析

残りの 1 つのトランザクション タイプは、完了報告済品目を表します。 これらのレポートを使用して、報告済の生産活動の原価を分析できます。 ステータスが [開始済] または [完了報告済] である現在の製造オーダーに関する情報のみが表示されます。

  • 仕掛材料 − このレポートには、指定したトランザクション日付の時点で現在の製造オーダーに対して報告済のピッキング リスト トランザクションが表示されます。 このレポートには払い出されたコンポーネントの数量と原価金額がトランザクションごとに示されます。 単一のコンポーネント品目の選択基準を使用します。 たとえば、適用される製造オーダーに対するそのコンポーネントの払出数量についての情報を出力できます。 払い出された数量は親品目の完了報告済数量によって更新されることはありません。 したがって、仕掛原材料の実数量が多く表される可能性があります。
  • 仕掛品 − このレポートには、指定したトランザクション日付の時点で現在の製造オーダーに対して報告済の工順トランザクション (または、ジョブ トランザクション) が表示されます。 このレポートは、トランザクションごとの報告済の時間、金額および数量 (適正数量と不良数量の両方) を示します。 また、工程番号、工程 ID、運営リソースなどの情報も含まれます。 また、レポートには、製造オーダーに対するすべてのトランザクションの合計時間と金額、および完了報告された数量も表示されます。
  • [処理中の間接原価] − このレポートには、製造オーダーに対して発生した間接原価が表示されます。 このデータは、指定したトランザクション日付の時点で報告済の工順工程およびコンポーネントに基づきます。 このレポートには間接原価のタイプ (割増金またはレート)、間接原価の原価計算表コード、および各トランザクションの原価金額が示されます。 このレポートには、間接原価を生成した工順カードまたはピッキング リストのトランザクションについての情報は示されません。
  • [処理中生産の原価計算] − このレポートには、指定したトランザクション日付の時点での製造オーダーに対する材料消費、工順工程、および間接原価の組み合わせが表示されます。
  • [仕掛完成品目] − このレポートには、指定したトランザクション日付の時点での、現在の製造オーダーと完了報告済トランザクションが表示されます。

参照

製造差異の一般的な発生源