移動平均原価価格

注意

このトピックは、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition と Dynamics 365 for Retail の両方に適用されます。

在庫原価計算プロセスでは、品目の品目モデル グループで選択した在庫評価方法に基づいて、払出トランザクションを受入トランザクションへと決済します。 ただし、在庫決算を実行する前に、システムは、払出トランザクションの転記時に通常使用される移動平均原価価格を計算します。

システムは、次の式を使用して、品目に対するこの移動平均原価価格を見積もります。

見積価格 = (現物金額 + 財務金額) ÷ (現物数量 + 財務数量)

移動平均原価価格の使用

次の表では、システムが在庫トランザクションの転記に、移動平均原価価格を使用する場合と、品目マスタ レコードで定義されている原価価格を代わりに使用する場合を示します。

条件 システムは見積もられた移動平均原価価格を使用 システムは品目マスターで定義されている原価価格を使用
分子* と分母** が両方とも正です。
分子* と分母** のどちらか一方または両方が負です。
分母** が 0 (ゼロ) です。

* 分子 = (現物金額 + 財務金額) ** 分母 = (現物数量 + 財務数量)

注記: 品目に対して 現物価格を含める オプションが選択されていない場合、システムは現物金額と現物数量の両方に 0 (ゼロ) を使用します。 このオプションの詳細については、「現物価格を含める」を参照してください。

価格決定増幅の回避

あまりないことですが、システムが、価格の基になる入庫が十分な数になる前に複数の払出の価格を決定する場合があります。 このシナリオは、移動平均原価価格の見積を過剰に高くします。 ただし、この価格決定増幅を回避する方法、または問題が発生した場合にその影響を減らす方法があります。 シナリオ 次のトランザクションは、[現物価格を含める] オプションを選択した品目に対して発生します。

  1. USD 100.00 で 100 個を財務で入庫します。
  2. 200 個を財務で払い出します。
  3. USD 202.00 で 101 個を現物で入庫します。

品目に対して見積もられた移動平均原価価格を調べる際には、原価価格を USD 1.51 と予想します。 代わりに、次の式に基づいて USD 102.00 と見積もられた移動平均を見つけます。見積価格 = [202 + (-100)] ÷ [101 + (-100)] = 102 ÷ 1 = 102 この価格決定増幅が発生するのは、ステップ 2 で 200 個の品目を財務的に払い出すときに、システムが、対応する入庫がある前に品目の価格を 100 に決定する必要があるためです。 この条件によってマイナス在庫が発生します。 システムは単価を USD 1.00 と見積もり、これは予想した値です。 しかし、対応する 100 個の入荷があり、その単価はそれぞれ USD 2.00 です。

メモ: 払出の結果として在庫は負になりますが、払出価格の計算時には在庫は正です。 このため、品目マスタの価格ではなく、移動平均原価価格が使用されます。 この時点で、システムには USD 100.00 の在庫金額相殺があります。 それぞれの単位相殺は USD 1.00 である 100 個に対する相殺が累積しますが、最終的に在庫は 1 個になります。 そのため、その相殺の USD 100.00 が、このただ 1 個に割り当てられます。 結果は、過剰に高い見積もり原価価格になります。

メモ: 比較のため、シナリオのステップ 2 と 3 が逆になったとすると、200 個の品目が単価 USD 1.51 で払い出され、1 個が単価 USD 1.51 で残ることを確認します。 この価格決定増幅シナリオは、負の在庫が関係するときに発生する可能性があるので、次の場合には防ぐのが困難です。

  • 手持の金額と数量で払出価格を見積もる必要があります。
  • 手持の金額と数量を払出と入庫で調整する必要があります。
  • ビジネス モデルで、手持より多い個数の発送または価格決定が許可されています。
  • 送信されたすべての入庫金額と数量を受け入れる必要があります。

ただし、ビジネス モデルが以下の方法を許している場合は、価格決定増幅シナリオの可能性がある負の数量を避けるのに有効です。

  • 品目に [現物価格を含める] オプションを選択している場合、[品目モデル グループ] ページの [現物マイナス在庫] チェック ボックスをオフにします。
  • 品目に [現物価格を含める] オプションを選択していない場合、[品目モデル グループ] ページの [財務マイナス在庫] オプションをオフにします。

また、現物在庫金額の最大相殺は、現物トランザクションの数および現物価格と財務価格の差によって制限されることに留意してください。 すべての現物トランザクションが最終的に財務的に更新されれば、現物金額が非常に高くなることはありません。 最後に、累積された相殺がただ 1 つではなく、いくつかの手持に対して分配されると、増幅の影響は大幅に減少することに注意してください。