予定原価に対する原価バージョンを使用した原価変更のシミュレーション

この記事では、製造品目の算出原価に対する原価変更の影響を、予定原価の個別の原価バージョンを使用してシミュレーションする方法を説明します。

製造品目の算出原価に対する原価変更の影響は、予定原価の個別の原価バージョンを使用してシミュレーションできます。 増額の原価変更を反映する保留中原価レコードの入力、および製造品目に対する原価影響の計算において、個別の原価バージョンを使用します。 部品表 (BOM) の計算では、有効原価の予備原則が使用されるため、入力が必要なのは増額の原価変更のみとなります。

シミュレーション原価バージョンの定義に関するガイドライン

シミュレーション原価バージョンの定義には、次のガイドラインを使用してください。

  • 予定原価の原価タイプを割り当てます。
  • 原価バージョンにはわかりやすい識別子を割り当てます (シミュレーションなど)。
  • 内容には必ず原価レコードが含まれるようにします。
  • 原価レコードを入力できるようにします。 保留中の原価の入力をブロックしないでください。
  • すべてのサイトの原価レコードの入力を許可します。 サイトを指定すると、原価レコードの入力範囲はそのサイトに限定されます。
  • 保留中の原価を有効にできないようにします。 シミュレーション原価バージョン内の原価レコードには、保留中原価のみを入力する必要があります。
  • 開始日は入力しないでください。 計算日は、シミュレーション原価バージョンを使用する BOM 計算ごとに入力します。
  • 現在有効の予備原則を指定します。 予備原則を使用すると、シミュレーションのために増額原価変更を入力でき、他のすべての原価レコードに対するソースとしては現在有効原価を使用します。 ここでは、他のすべての原価レコードに対し、すべての現在有効原価が存在すると想定します。
  • バージョンの原価価格の原価価格モデルを指定しますが、計算を制限しないでください。 たとえば、シミュレーションは、BOM 計算グループの原価価格モデルを使用して、購入品目に対する原価貢献度データのソースを示す場合もあります。
  • 複数レベルの展開モードを指定しますが、計算を制限しないでください。 シミュレーションで他の展開モードが使用される場合があります。

原価バージョン

次のシナリオでは、シミュレーション原価バージョンを使用した原価変更の影響のシミュレーションを示します。 シミュレーション原価変更を入力する前に、シミュレーション原価バージョン内の保留中原価レコードを削除して、何もない状態から開始してください。 品目の価格および原価カテゴリの価格に関係のある保留中原価レコードを表示および削除するには、品目の価格ページを使用します。

  • 購入品目の原価変更をシミュレーションします。 たとえば、原価変更は、重要な購入材料の原価に予想される上昇または下落を反映する場合があります。 購入品目に対して異なる原価を定義するには、品目価格ページを使用して、シミュレーション原価バージョン内の保留中原価レコードを入力します。
  • 原価カテゴリの原価変更をシミュレーションします。 たとえば、原価変更は、労務費率や、運営リソースの時間レートに予想される上昇または下落を反映する場合があります。 原価カテゴリに対して異なる原価を定義するには、原価カテゴリ価格ページを使用して、シミュレーション原価バージョン内の保留中原価レコードを入力します。
  • 間接原価計算式における原価変更をシミュレーションします。 たとえば、原価変更は、製造諸経費に予想される上昇または下落を反映する場合があります。 間接原価計算式での変更を定義するには、原価計算表設定ページを使用して、シミュレーション原価バージョン内の保留中原価レコードを入力し、変更を検証して保存します。

シミュレーション原価変更を入力した後、原価変更の影響を受ける製造品目の原価を計算します。 シミュレーション原価バージョンの計算ページを使用して、原価変更の影響を受ける製造品目を選択して指定します。 特定の品目を選択しない限り、BOM 計算はすべての製造品目に適用されます。 代わりに、使用場所更新の BOM 計算オプションを使用することもできます。 シミュレーション原価バージョン内の品目原価レコードを調べて、シミュレーション原価変更による選択した製造品目の原価への影響を分析します。 品目価格ページおよび品目原価の計算ページを使用して、原価を表示または分析します。