着荷の概要

このトピックでは、着荷の概要の機能に関する情報を提供します。 着荷の概要ページはこの機能の一部で、受入品目として入庫が予定されているすべての品目の概要を提供します。

着荷の概要ページは、すべての予定受入品目の概要を提供します。 また、概要に基づいて初期化できる着荷も示します。 このトピックでは、入庫プロセスを対象としています。

業務シナリオ

入荷プロセスには、次のシナリオを検討してください。

業務シナリオ

入荷事務員のサミーは、現在の日付で入庫すると予定されている荷を知りたいとします。 着荷の概要ページで、サミーは現在のタスクの概要と、数量、容量、重量の概算やさまざまな注文タイプなどを取得できます。 その後、配送が入庫ドックの 1 つに到着し、サミーは配送先の一覧を受け取ります。 着荷の概要ページで、サミーは次のタスクを実行できます。

  • 対応する入庫注文を識別し、入庫を処理中として登録します。 登録に必要な明細行が自動的に生成され、トランザクションがまだ登録済と転記されていない場合でも入庫を監視できます
  • 適切な着荷仕訳帳 (つまり品目到着仕訳帳、または生産入力仕訳帳) の参照にアクセスし、製品受領書更新の準備が完了している仕訳帳を識別します。

着荷の概要のページ

着荷の概要ページを開くには、在庫管理 > 入庫指示 > 着荷の概要をクリックします。 受け入れが予定されている注文の一覧を表示することができます。 この概要は、ヘッダーと明細行に分割されます。 ヘッダー情報は、注文タイプ、予定入荷日、および配送先別でグループ化されます。 ヘッダー行が着荷に関して選択されていると、ページの明細行の詳細の部分で、入庫参照に関連付けられているすべての明細行が選択されます。 すべての関連する仕訳帳明細行が転記されると、この情報は表示されせん。

着荷の概要プロファイル

着荷の概要ページは、入庫予定品目の概要および入庫予定日付を表示します。 着荷プロセスの一環として、個人用設定の複数のセットを使用することができます。 個々のユーザーは、着荷の概要プロファイルページで個人設定を定義できます。

品目到着の設定

上記の例では、サイト 1 で生産される完成品を受け取る場所に、サミーは新しいコンピューターを設定します。 着荷の概要プロファイルページで、サミーはサイト 1 生産という新しい設定を作成し、次の設定を指定します。

  1. 着荷オプションクイック タブの範囲フィールド グループで、概要に含めるための日間隔と倉庫に関する情報を入力します。
  2. 着荷オプションクイック タブの、仕訳帳フィールド グループで、入荷倉庫、場所、および仕訳帳名 (品目着荷/生産入力) を入力します。
  3. 着荷クエリの詳細クイック タブの、サイトフィールド グループのサイトに制限フィールドに、概要領域のビューを制限するサイトを入力します。
  4. 着荷クエリの詳細クイック タブの、表示されるトランザクションのタイプフィールド グループで、製造オーダーオプションをはいに設定します。
  5. ビューを起動時に自動的に更新する必要がある場合は、着荷クエリの詳細クイック タブのその他グループで、開始時に更新オプションをはいに設定します。 範囲の値が変更されたときにビューを自動的に更新する必要がある場合は、範囲変更時に更新オプションをはいに設定します。

この例の場合は、着荷の概要ページで、着荷オプションクイック タブの着荷の概要プロファイル名フィールドをサイト 1 生産と設定します。

着荷仕訳帳の前提条件

着荷の概要ページから着荷仕訳帳を自動的に作成するには、着荷オプションクイック タブの仕訳帳フィールド グループに適切な情報を定義する必要があります。

  • 仕訳帳を作成するには、仕訳帳の名前を指定する必要があります。

仕訳帳名の指定

  • 倉庫および場所フィールドで値を指定した場合、これらの値は仕訳帳明細行に適用されます。 値を指定しない場合は、在庫トランザクションで指定されている分析コードの値が使用されます。

1 つの入庫注文により入庫された品目

入庫クイック タブで、サミーは行を選択して着荷開始をクリックします。 指定された範囲にあり、登録すべき数量が含まれているすべての関連する明細行は、自動的に選択されます。 予定入荷指示と仕訳帳で一致する品目により、着荷仕訳帳が生成されます。 数量は、作成されたすべての明細行で自動的に初期化されます。

複数の入庫注文により入庫された品目

入庫クイック タブで、サミーは複数行を選択して着荷開始をクリックします。 全ての予定入荷指示と仕訳帳で一致する品目により、着荷仕訳帳が生成されます。 1 つの品目着荷仕訳帳ヘッダーにすべての明細行が作成され、数量は自動的に初期化されます。

1 つまたは複数の入庫注文による品目の入庫

情報の表示

日付間隔による入庫予定の概要を取得するために、サミーは着荷の概要ページの着荷オプションクイック タブにある次のフィールドに情報を入力し、表示を更新するために更新をクリックします。

  • 着荷の概要プロファイル名:照会
  • 明細行の表示: すべて
  • 遡及日数: (空白)
  • 繰越日数: 0
  • 倉庫: GW、MW

サミーは次の情報が得られます。

  • システム日付およびそこから無限日数さかのぼる期間 (InventTrans.StatusDate間隔) にある関連するすべての入庫注文、およびステータスに関係なく倉庫 GW および MW への入庫。
  • 複数の注文の明細行の詳細情報。 サミーは概要で複数のヘッダー行を選択し、次にすべての選択項目の表示をクリックすると、選択された注文に対応する明細行の詳細情報を表示できます。
  • 特定の発注書に関する情報。 概要内の特定の参照番号に関連付けられている情報のみを表示するため、サミーは勘定番号フィールドに勘定番号を、参照番号フィールドに注文番号を入力できます。
  • 着荷仕訳帳がすでに作成されているがまだ転記されていないすべての注文明細行の処理登録タスクの概要。 この情報を表示するために、サミーは明細行の表示フィールドで処理中を選択します。

更新仕訳帳

処理されるように予定されている 1 つまたは複数の注文明細行を登録するために、サミーは概算グリッドまたは明細行のグリッドで、明細行を選択し、次に 仕訳帳 > 入庫の着荷の表示をクリックします。 明細行に一致する品目到着ヘッダーが表示されます。 注文書製品受領書登録品目の更新のために、サミーは更新可能な品目着荷仕訳帳のヘッダーにアクセスできます。 着荷仕訳帳ヘッダーへのアクセスには、仕訳帳 > 製品受領書の準備が完了している仕訳帳をクリックします。 指定した倉庫の範囲内で、製品受領書の更新準備ができているすべてのヘッダー行が表示されます。 (表示されるヘッダーの明細行は、日間隔とは関連付けられていません。)

着荷登録の開始

着荷の概要ページで複数の明細行を選択することにより、サミーは複数の入庫参照の着荷登録を開始できます。 入庫概要から明細行を選択すると、対応する明細行の詳細が選択されます。 登録の数量が存在する場合、着荷開始ボタンが使用できます。 サミーは、2 つの方法で着荷の登録を開始できます。

  • 特定の条件に一致するレコードだけが表示されるようにページをフィルタ処理するには、仕入先参照フィールドで、納品書のバーコードなど、仕入先からの参照番号をスキャンします。
  • 着荷の概要ページの概要部分または詳細部分で、手動で着荷登録のレコードを選択または解除します。 その後、サミーが着荷開始をクリックすると、選択したレコードが着荷仕訳帳に自動的に作成されます。 レコードが明細行の情報を含む場合、すべての固有フィールド情報が割り当てられます。

着荷情報の更新、および製品入庫の処理

すべての商品の登録が完了すると、倉庫マネージャまたは購買マネージャが、受け入れ済みの品目を製品受領書で更新して現物原価を追加します。 着荷情報を更新し、製品受領書を転記するには、次の手順に従います。

  1. 在庫管理 > 入庫指示 > 着荷の概要をクリックします。
  2. 着荷の概要ページで、仕訳帳 > 製品受領書の準備が完了している仕訳帳をクリックし、製品受領書の更新準備が完了している仕訳帳の一覧を表示します。
  3. 更新する必要がある仕訳帳を選択し、次に機能 > 製品受領書をクリックします。
  4. 転記ページで、仕訳帳でまだ使用できない場合は製品受領書番号を入力し、次にOKをクリックして製品受領書を処理します。

概要

着荷の概要ページは、倉庫マネージャおよび倉庫作業者が、入荷プロセスの一部として実行する必要のある作業の概要を理解する助けになります。 このページは品目の着荷プロセスの開始にも使用でき、品目が倉庫入ってきた時から追跡できるよう保証します。