在庫タグ棚卸

注意

このトピックは、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition と Dynamics 365 for Retail の両方に適用されます。

この記事は、倉庫の実際の内容と手持在庫の比較に使用する、タグ棚卸に関する情報を提供します。

タグ棚卸ページの行を作成することにより、1 から 500 の番号など、各在庫品目にタグ番号を付けます。 カウント中に、対応するタグの品目番号と数量を入力します。 また、このタグは、タグ棚卸仕訳帳で入力する際の基準として使用できます。 タグ棚卸仕訳帳を転記すると、[棚卸] ページに新しい棚卸仕訳帳が作成されます。 新しい仕訳帳は、作成したタグ棚卸仕訳帳明細行に基づきます。 特定の在庫分析コードにより品目をタグ棚卸するには、タグ棚卸仕訳帳を作成したときに表示される [分析コードの表示] ページの分析コードを選択します。 たとえば、特定の倉庫の品目の棚卸では、[倉庫] チェック ボックスをオンにします。 [在庫および倉庫管理パラメーター] ページの [棚卸中に品目をロック] スライダーをオンにすると、棚卸中に品目が現物的に更新できません。 ただし、タグ棚卸仕訳帳の品目は、棚卸中にロックされません。 在庫トランザクションは、タグ棚卸明細行が棚卸仕訳帳に転記および転送されるまで、作成されません。 タグが順不同で入力されている場合に、欠落しているタグを確認するには、[タグ] 列のヘッダーをクリックして、タグで行を並べ替えます。

参照

循環棚卸