在庫、生産、および販売における品目と原材料の追跡

このトピックでは、製品プロセスおよび販売プロセスで品目または原材料が使用された場所、使用されている場所、使用される予定の場所を識別するために、品目の追跡を使用する方法について説明します。

品目の追跡機能は [品目の追跡] ページで使用できます。 次のセクションでは、品目の追跡の使用方法、どのようなオプションおよび制限があるかを示します。

品目の追跡とは何ですか。

品目の追跡とは、サプライ チェーンでの品目と原材料の供給元および供給先を視覚できるようにするビジネス インテリジェンス (BI) のツールです。 製造業者は、品目、原材料、または成分をベンダーまで前方向に追跡でき、また完成品の生産と販売へ後方向にも追跡できます。 品目の追跡により、製造業者が法的な要求事項に準拠するのを助け、品質管理者および生産マネージャーが製品および材料の品質の差異に対処するために分析および行動することも助けます。 メーカーが品目の追跡を使用できる方法の例を次に示します。

  • 現在在庫にある品目または原材料の数量と保管場所を識別します。
  • 出荷した品目または原材料の数量と出荷先顧客を識別します。
  • 品目または原材料を含む予定出荷を識別します。
  • 品目または原材料を使用する予定、使用中または使用済みの製造オーダーを検索します。
  • 品目または原材料が購入された場所を検索します。
  • 品目または原材料が別の品目の生産に消費された場所を調査します。

何を追跡できますか。また何か制限がありますか。

品目番号および追跡用分析コード (シリアル番号、バッチ番号、ベンダー バッチ番号など) に基づいて、品目と原材料の在庫トランザクションの履歴を追跡できます。 品目または原材料に追跡用分析コードが割り当てられている場合にのみ、追跡できます。 追跡は在庫トランザクションに基づいているため、品目を追跡する場合いくらかの制限があります。 たとえば、プロジェクト、固定資産、および小売のトランザクションに関連する制限があります。 また、連産品は、追跡の詳細に表示されますが、副産物は含まれません。 追跡には 1 つの場所から別の場所へのすべての倉庫トランザクションが含まれます。 そのため、ユーザーが情報量により混乱する場合があります。 追跡は、一度に 1 つの法人に対して表示されます。 会社間コンテキストに会社間機能はありません。 品目が入庫または出庫された各会社に対しては新しい追跡を開始する必要があります。

品目の追跡にどんな条件を指定することができますか。

品目の追跡に必要な条件は、品目番号、追跡用分析コード (バッチ番号やシリアル番号など)、および方向です。 次の表では、品目の追跡に使用する条件を示します。

フィールド グループ 説明
品目番号 追跡する品目または原材料の識別子を入力します。
製品分析コード オプション: 構成、サイズ、色、またはスタイルなどの製品定義の特定の側面について追跡します。
追跡用分析コード バッチ番号、ベンダー バッチ番号またはシリアル番号の追跡用分析コードを入力します。 条件としてバッチ番号を使用すると、ベンダー バッチ番号は、その情報を取得した場合に表示されます。
保管分析コード オプション: 特定の場所に保管された品目を追跡します。
期間 オプション: 特定の期間に追跡を制限する日付を入力します。 追跡の詳細は、これらの日付の間に作成されたドキュメントおよびトランザクションのみが表示されます。
次方向または前方向 追跡の方向を選択します。 前方向 (将来) または後方向 (過去) に追跡できます。
  • 後方向 – 供給元、在庫数量、少なくとも部分的に完了済みと報告された製造オーダーを識別するために、後方向に追跡します。
  • 前方向 – 供給先を識別するために前方向に追跡します。 追跡された品目または原材料が少なくとも部分的に出荷された販売注文および顧客を検索できます。

追跡の詳細にどんな情報が含まれますか。

追跡の結果は、[品目の追跡] ページの [詳細] クイック タブのツリーに時間順に表示されます。 順番は、追跡の方向によって異なります。 詳細には、ベンダーからの品目の購買から顧客への品目の販売までのすべてのトランザクションが含まれます。 追跡結果には、追跡の条件で指定した品目または追跡用分析コードに関連付けられている中間製品も含まれます。 トップ ノードには、追跡の条件で指定した保管分析コードに基づいて、在庫する品目の数量を在庫単位で表示されます。 メモ: 追跡の詳細は、追跡が実行されたときに利用可能だった情報のスナップショットを提供します。 追跡の詳細は、追跡の実行後に情報が変更された場合には更新されません。

詳細が含まれていないノードがあるのはなぜですか。

追跡の詳細情報の量を減らすために、品目または原材料の最初のインスタンスのノードにのみ詳細が含まれます。 選択したノードに詳細が含まれない場合、[追跡対象明細行に移動] をクリックすると、詳細を含んでいるノードを表示できます。 その後、[戻る] をクリックして、元のノードに戻ることができます。

ドキュメントの特定の種類のみを表示することができますか。 たとえば、製造オーダー、顧客またはベンダーのみを表示できますか。

はい、追跡の詳細から、ドキュメントやトランザクションの特定の種類のみを含むリスト ページを開くことができます。 これらのページは、[品目]、[販売]、[購買]、[生産]、および [品質] グループのアクション ペインの [追跡] メニュー品目からアクセスできます。 たとえば、追跡の詳細で仕入先の一覧を表示するには、[追跡] > [購買] > [仕入先] をクリックします。 リスト ページは、追跡の詳細からのドキュメントまたはトランザクションの概要を示しています。 [保留中のトランザクション]、[保留中の注文]、および [未出荷の販売注文] のリスト ページには、追跡の詳細に含まれていない情報も表示されます。 また、日付範囲が指定されていても、常に現在の日付時点の結果を表示します。 次の表に、これらのページが含めることができる追加の詳細を示します。

リスト 説明
未出荷の販売注文 まだピッキングされていないので、追跡の詳細に表示されていない販売注文明細行を表示します。
保留中の注文 追跡の条件で使用された追跡用分析コードに関係なく、追跡された品目の保留中のすべての製造オーダーを表示します。 追跡された品目が成分で、どの調査も行われておらず、オーダーのどのトランザクションも完了済みと報告されていない、保留中の製造オーダーも表示できます。
保留中のトランザクション 指定された追跡用分析コードまたは空白の追跡用分析コードを含む、追跡された品目の保留中の在庫トランザクションを表示します。 品目と追跡用分析コードの組み合わせ、または空白の値の保留中の在庫トランザクションを追跡の詳細に表示することもできます。

BOM またはフォーミュラで、上下いくつのレベルまで追跡できますか。

部品表 (BOM) またはフォーミュラで、上下 1 つのレベルまで追跡できます。 たとえば、原材料の追跡を実行している場合、完成品と連産品を確認できます。 ただし、連産品を追跡する場合、追跡の詳細には完成品が含まれません。

追跡の詳細で、ドキュメントまたはトランザクションに関するどのように詳細をさらに表示することができますか。

[詳細] クイック タブで、選択したドキュメントまたはトランザクションについての情報を、2 つの方法で追跡の詳細に表示できます。

  • [詳細] クイック タブの追跡の詳細のノードを選択すると、ページの他のクイック タブにノードのドキュメントまたはトランザクションの情報が表示されます。
  • [詳細の表示] をクリックして、選択したノードのドキュメントの詳細ページを開きます。 たとえば、製造オーダーを説明するノードを選択し、[詳細の表示] をクリックと、[製造オーダーの詳細] ページが表示されます。

選択したノードに関する追加情報へのアクセスを提供するクイック タブもあります。 たとえば、[不適合] クイック タブで、[照会] をクリックして不適合の履歴があるかどうかを調査できます。 [バッチ] クイック タブで、[手持在庫リスト] をクリックして、現在の在庫がある現物在庫の数量と、バッチと関係する在庫トランザクションを表示することができます。

複数の追跡を実行して、詳細を比較することができますか。

追跡を実行した後、[ノードから追跡] ボタンの次のオプションを使用して、選択したノードのトランザクションの新しい追跡を実行することができます。

  • [前方向] または [後方向] – 選択したノードの新しい追跡を開始し、追跡の現在の詳細を上書します。
  • [前方向へ新規追跡] または [後方向へ新規追跡] – 新しいウィンドウで新しい追跡を開始し、追跡の現在の詳細を維持します。

[前方向へ新規追跡] または [後方向へ新規追跡] オプションを使用する場合、追跡を新しいウィンドウに表示するには [新しいウィンドウで開く] 機能を使用する必要があります。

追跡の詳細を保存することができますか。

[アクション ペイン] の [*追跡] アクションの下の [エクスポート] をクリックして、[詳細] タブの情報を XML ファイルとして保存できます。 追跡の詳細に加えて、XML ファイルには追跡の条件、親ノード、在庫数量が含まれます。 追跡の詳細を保存する能力は、品質指示やそのほかのコンプライアンス ドキュメントに情報を添付する場合に役立ちます。 ファイルの保存場所を指定できます。 ファイルを素早く表示するには、[ドキュメントの表示] オプションをオンにします。 **メモ:* ファイルを表示するだけで、そのファイルは常に保存されます。 既定では、XML ファイルがブラウザー ウィンドウに開きます。 ただし、ファイルを右クリックし、[プログラムから開く] を選択し、内容を表示するために使用するプログラムを選択できます。

特定の品目または成分の残高を計算することができますか。

集計ページから Microsoft Excel に情報をエクスポートできます。 関連するページを開き、[Microsoft Office で開く] アイコンをクリックし、[Microsoft Excel にエクスポート] をクリックします。 この機能は、[トランザクション集計] ページから品目または成分の物質収支を計算する場合に、特に役立ちます。 [トランザクション集計] ページで、必要に応じて、品目または成分およびバッチをフィルター処理し、Excel に情報をエクスポートすることができます。 Excel では、たとえば、手持在庫数量、販売された数量、生産で使用された数量を分割することができます。

品目または原材料で問題の履歴があるかどうかを調査することができますか。

追跡の詳細には、品目や原材料に関連する品質指示および不適合についての情報が含まれます。 品質指示および不適合の概要を表示するには、[アクション ペイン] の [品質指示] または [不適合] をクリックします。 メモ: 破壊試験の品質指示は、追跡の詳細に何度も表示される場合があります。 破壊試験の品質指示が発注書などのドキュメントに対して作成されると、そのドキュメントのトランザクションごとに表示されます。

[顧客に出荷済] レポートを生成して、すでに出荷された品目または原材料の数量および出荷先の顧客を識別できます。 コンプライアンスに関連付けられた照会に対して、すべての顧客のレポートを生成できます。 顧客サービスに関連付けられた照会に対して、選択した顧客のレポートを生成できます。 製品が完成品の生産で使用された原材料の場合、完成品目も含まれます。 メモ: 販売注文を削除またはアーカイブする機能を使用すると、レポートの結果には、削除またはアーカイブされた販売注文が含まれます。

連産品および副産物を追跡できますか。

連産品を追跡できますが、追跡用分析コードは通常副産物に割り当てられていないので、副産物を追跡することはできません。 品目を追跡する場合は、関連する連産品が追跡の詳細に含まれます。 連産品を含むノードには、詳細に「連産品」という語が含まれます。 追跡の詳細のノードを選択し、[生産] クイック タブをクリックして、連産品に関する詳細を表示できます。