需要予測の履歴データのインポート

需要予測の精度を確保するには、品目または品目配賦キーごとに、できるだけ多くの履歴需要データを取得する必要があります。 履歴需要データがまだインポートされていない場合は、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の 履歴外需 データ エンティティを使用してインポートします。

データ管理ワークスペースで、エンティティのすべてのフィールドの概要を表示することができます。

  1. データ管理ワークスペースを開きます。
  2. [データ エンティティ] タイルをクリックします。
  3. エンティティの一覧で、履歴外需を探します。
  4. [ターゲット フィールド] をクリックします。 次のエンティティ フィールドは必須です: サイト (DeliveringSiteId)、日付 (DemandDate)、数量 (DemandQuantity)、および品目番号 (ItemNumber) か品目配賦キー (ProductAllocationKeyId) のいずれか。

データ エンティティを使用するには、過去の需要データを含む Microsoft Excel ファイルまたはコンマ区切り値 (CSV) ファイルが必要です。 次の例では、CSV ファイルからデータをインポートする方法を示します。

次のファイルを例として使用できます。 HistoricalDemandData をダウンロードします。 このファイルには、品目 D0001 の需要履歴データが含まれています。 また、次の必須フィールドのみが含まれています: サイト、数量、および需要の日付。

  1. 履歴需要データをインポートする会社を選択します。
  2. データ管理ワークスペースを開きます。
  3. [インポート] タイルをクリックします。
  4. インポート プロジェクトの名前を入力します (たとえば、品目 D0001 の履歴需要のインポート)。
  5. [ソース データ形式] フィールドで、インポートするファイルのファイル形式を選択します。 この例の HistoricalDemandData ファイルをインポートするには、[CSV] を選択します。
  6. [エンティティ名] フィールドで、[履歴外需] を選択します。
  7. ファイルをコンピューターに保存して、アップロードします。
  8. [インポート] をクリックします。
  9. [実行の要約] ページが自動的に開きます。 インポート データをページで確認します。

履歴需要データをインポートした後、需要予測を生成できます。

参照

統計ベースライン予測の生成