マスター プラン - サイトの補充、倉庫は必須

このトピックでは、補充分析コードとしてサイトを持つ品目の計画方法について説明します。 倉庫は必須の分析コードです。

このマスター計画シナリオの前提条件を次に示します。

  • サイト分析コードが必須に設定され、需要トランザクションで入力されている。 この設定は変更できません。
  • 倉庫分析コードが必須に設定され、需要トランザクションで入力されている。
  • サイト分析コードが補充計画用に設定されている。 他の分析コードが補充計画に対して設定されている場合もある。 ただし、これらはマルチサイト機能の影響を受けない。
  • 倉庫分析コードが補充計画用に設定されていない。 そのため、供給と需要はサイトごとに集計され、多分、他の補充計画分析コードも同様です。

次の図は、マスター計画がどのように進行するかを示しています。 図の中で使用されているパラメータとその設定場所を次に示します。

  • 品目に対して品目補充が定義されています。 [製品情報管理] > [製品] > [リリースされた製品] の順にクリックします。 品目を選択し、[計画] > [品目補充] の順にクリックします。
  • 倉庫に対して補充関係が定義されています。 [在庫管理] > [設定] > [在庫詳細] > [倉庫] の順にクリックします。 マスター計画タブに、主要倉庫フィールド グループが表示されます。
  • 既定の注文タイプには [生産]、[発注書] または [かんばん] が設定されます。 [製品情報管理] > [製品] > [リリースされた製品] の順にクリックします。 品目を選択し、[計画] > [既定の注文設定] の順にクリックします。 [既定の注文設定] フォームの [既定の注文タイプ] を参照してください。

サイトの補充が必要、倉庫は必須

参照

マスター プランとマルチサイト機能

マスター プラン - サイトと倉庫の補充、倉庫は必須

マスター プラン - サイトの補充、倉庫は必須

マスター プラン - サイトと倉庫の補充、倉庫は必須ではない

マスター プラン - BOM バージョンを決定する方法