購買契約

この記事は、購買契約書に関する情報を提供します。 購買契約とは、長期にわたって複数の発注書を使用して指定された数量または金額を購入することを組織に確約する契約です。 この確約と引き換えに、購買担当者は特別価格と割引を受けます。

購買契約は、製品の特定数量、製品の特定通貨金額、または調達カテゴリの製品の特定の通貨金額に適用できます。 購買契約の価格と割引は、既存の売買契約で指定された価格と割引よりも優先されます。

[購買契約] ページで、組織と仕入先間に存在する購買契約書の作成、適用、およびフォローアップを行うことができます。 たとえば、購買契約書を作成したら、そこから直接注文できます。 各購買契約には、購買契約書を作成する担当者によって定義された有効期間があります。 購買の配送日はこの有効期間の有効日の範囲内にする必要があります。

購買契約書を作成したら、有効になる前に、有効化する必要があります。 購買契約書を有効にするには、[契約を有効としてマークします] オプションに [はい] を設定します。

確約のタイプ

購買契約書の各行は、購入確約を示します。 複数の発注書 (PO) の行を使用して確約を履行することができます。 確約には次の 4 つのタイプがあります。

  • 製品の特定数量 – 製品の特定数量を購入します。
  • 製品価値確約 – 製品の特定通貨金額を購入します。
  • 製品カテゴリ価値確約 – 調達カテゴリの特定通貨金額を購入します。 金額はカタログ品目またはカタログ以外の品目で設定できます。
  • 価値確約 – 製品または調達カテゴリの製品の特定通貨金額を購入します。

購買契約書の価格条件

価格決定条件は、確約のタイプに応じて異なる場合があります。 購買契約書の価格決定条件は、売買契約で設定された他の価格決定条件よりも優先されます。 次の表に、各確約タイプによって影響を受ける価格関連フィールドを示します。 「はい」を含むフィールドは、注文明細行で更新できます。

取引契約のタイプ 単価 価格単位 割引率 現金割引金額
製品数量確約
製品価値確約
製品カテゴリ価値確約
価値確約

購買契約ポリシー

次のポリシーは、購買契約書の確約と対応する購買注文 (PO) 明細行間のリンクの動作方法に影響します。

  • 最大値の適用 – すべての注文明細行の合計数量または合計金額が、関連する確約で指定された数量または金額を超えることはできません。
  • 価格/割引の固定 – 注文明細行の価格および関連する確約の価格は同じである必要があります。 注文明細行で価格を変更すると、確約へのリンクが破損します。 そのリンクが破損すると、注文明細行が確約の履行に使用されません。
  • 最小リリース金額と最大リリース金額 – 金額を指定したときに、注文明細行が関連する確約と異なるために注文明細行を変更した場合にメッセージを受信します。

購買契約のフルフィルメント計算

フルフィルメントの数量および金額は、購買契約書ページの [行の詳細] クイック タブにある [履行] タブに表示されます。

履行領域には、確約の履行に必要な残余金額または残余数量が表示されます。

契約領域には、販売契約明細行で有効な合計数量または合計価格が表示されます。

購買契約書の行またはヘッダーの 関連情報アクションを選択することによって、フルフィルメント計算に含まれる購買注文明細行と請求明細行にアクセスできます。

購買契約書の確認およびバージョン履歴

購買契約書を確認すると、購買契約書の現在のバージョンが履歴テーブルに保存されます。 購買契約書を変更した場合、その契約書を再確認してその別のバージョンを履歴に保存できます。 購買契約書を確認しない場合は、その契約書を使用して PO を作成することができます。 ただし、購買契約書の履歴情報は保存されません。 契約書のすべてのバージョンをプレビュー表示したり、印刷したりできます。 その後、承認を得るためにそれらの変更を仕入先と共有できます。

注文プロセスでの購買契約書の適用

発注書を作成すると、購買契約書を適用できます。 支払条件、配送条件、および配送先住所などの契約条件の情報は発注書ヘッダーにコピーされます。 契約の対象となる製品またはカテゴリの明細行が発注書に 1 つ以上含まれている場合は、購買契約書の価格と割引はその明細行に使用されます。 注文明細行の金額または数量は購買契約書の確約の履行に使用されます。 同一の発注書に、購買契約書に関連しない明細行と購買契約書の確約がある明細行の両方を含めることができます。

発注書を再作成しているときにのみ購買契約書を選択できます。 発注書が作成された後に購買契約書を選択できません。
発注書が間接的に作成される場合には、Finance and Operations が適切な購買契約書を自動的に検索するかどうかを制御できます。 たとえば、自動的に計画発注書を確定したり、販売注文に基づいて発注書を作成したりするときに、この制御を行う場合があります。

購買契約書と会社間取引

会社間取引関係は、異なる法人の仕入先勘定と顧客勘定の間で作成できます。 関係者の 1 つに販売注文または発注書が作成されると、会社間注文チェーンが作成されます。 注文チェーンでは、販売注文と発注書が適切な法人で作成されます。

会社間取引関係者の 1 つに購買契約書または販売契約書を作成できます。 その後、他の法人の他の会社間取引関係者に対応する販売契約書または購買契約書を生成できます。

1 つの法人の会社間購買契約書を使用する会社間販売注文書を作成した場合、対応する会社間販売注文書は他の法人の対応する会社間販売契約書を使用します。 会社間販売契約書の確約の履行と購買契約書の確約の履行は、会社間販売販売注文書と会社間発注書の同期と同様に同期されます。

購買契約書の財務分析コード

購買契約書のドキュメント ヘッダーまたは個々の明細行に財務分析コードをコピーできます。 契約ヘッダーまたは契約明細行にある分析コードを変更する場合、変更はリリースされた注文に影響はしませんが、すべての新しい注文に反映されます。

参照

購買契約の作成 (タスク ガイド)

購買契約書からの購買リリース注文の作成 (タスク ガイド)