顧客との仕入先コラボレーション

このトピックでは、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations で仕入先コラボレーションを使用して顧客に対応する方法について説明します。 仕入先は、以下のワークスペースから一連のビジネス プロセスを完了できます。

  • 発注書の確認 – 発注書 (PO) を監視し対応します。
  • 仕入先の入札 – 見積依頼 (RFQ) を表示し、入札を入力することによってそれらに対応します。
  • 仕入先情報 – 仕入先マスター データを表示および更新します。
  • 請求 – 請求書を処理します。 このトピックでは 請求 ワークスペースについてカバーしていません。 このワークスペースに関する詳細については次を参照してください。仕入先コラボレーションの請求ワークスペース

仕入先は、委託販売在庫に関する情報を監視することもできます。

発注書確認ワークスペースで、発注書を処理します。

発注書確認 ワークスペースにより、確認のために送られてきた発注書に対応することができます。 顧客からのアクションを待っている発注書、および確認済みではあるが未処理の発注書についての情報を確認することもできます。

発注書確認ワークスペースには、3 つのリストがあります。

  • 確認用の発注書 – このリストには、送られてきた発注書のうち対応待ちの発注書が表示されます。 対応した後、注文書はリストに表示されなくなります。 以前のバージョンの発注書に対応する前に、顧客から新しいバージョンの発注書が送られてきた場合、最新のバージョンのみが表示されます。
  • 顧客のアクション待ち – このリストには、対応したものの、顧客がまだ確認していないすべての発注書を表示します。 発注書を受け取ると、ステータスが 確認済 に変更になるまで、このリストで監視できます。 発注書を否認するか、または変更した内容で承認する場合、顧客が新しいバージョンを送信するまで発注書をここで監視できます。
  • 確認済発注書を開く – アカウントの発注書のうち、ステータスが 確認済 のものをすべて表示します。 発注書の製品またはサービスがすべて受領されると、発注書はリストに表示されなくなります。

発注書を処理するため、次のページを使用できます。

  • 確認用の発注書 – このページには、ワークスペースの 確認用の発注書 リストとして同じ情報が含まれます。 このトピックの先の説明を参照してください。
  • 発注書仕入先確認履歴 – このページには、すべての発注書および仕入先に送信された発注書のすべてのバージョンが含まれます。 仕入先から返されたすべての応答も含まれます。
  • 確認済発注書を開く このページには、ワークスペースの 確認済発注書を開く リストとして同じ情報が含まれます。 このトピックの先の説明を参照してください。
  • すべての確認済発注書 – このページには、確認済のすべての発注書が含まれています。 このページの発注書には、受領した製品またはサービスの発注書が含まれます。 請求書を送ることができる発注書を監視するのに、このリストを使用できます。

発注書への応答

顧客が確認のために送信する発注書は 発注書の確認 ワークスペースと 確認用の発注書 ページに表示されます。 発注書を開いた後、それを承認、否認、または変更した内容で承認できます。 発注書のヘッダーまたは個々の明細行に添付ファイルがある場合もあります。 また、応答の際、発注書のヘッダーまたは個々の明細行に情報を添付することもできます。 たとえば、明細行の 1 つに代替品目を提案する場合があります。

プレビュー/印刷オプションを使用して、発注書のプレビュー表示、および PDF ファイルとして印刷できます。 分析コードの表示 アクションをも使用して、次の分析コード列の表示または非表示を選択できます: サイト倉庫サイズスタイル、および構成

使用する際は 変更した内容で承認 オプションを個々の明細行を承認または否認できます。 また、以下の変更を明細行に行うことができます。

  • 日付や数量を変更する。 すべての明細行の確認済の配送日を更新するには、発注書のヘッダーの 配送日の更新 オプションを使用します。
  • 異なる配送日または数量の分割明細行。
  • 品目を代用する。 行の詳細 セクションで、外部 フィールドに品目説明と品目番号を入力します。

価格情報や諸費用を変更することはできませんが、メモを利用してこれらの変更の提案をすることができます。

顧客が新しいバージョンの発注書を送信した場合、以前送られたものに変更が加えられたバージョンの発注書であることを示すため、バージョンに接尾語が付きます。 発注書仕入先確認履歴 ページでは、各オーダーの履歴を追跡することができます。

委託販売在庫の監視

委託販売在庫を使用している場合、仕入先コラボレーション インターフェイスを使用して、以下のページの情報を確認できます。

  • 委託販売在庫を消費する発注書 – 委託販売在庫の発注書は、顧客が在庫品目の所有権を取得したときに作成されます。 これらの委託販売の発注書は、このページにのみ表示されます。 すべての確認済発注書 ページには含まれません。
  • 委託販売在庫から受領された製品 – このページには、製品の所有権が在庫を消費する会社に移されたトランザクションすべてをリスト表示します。 この情報を使用して顧客に請求できます。
  • 手持委託販売在庫 – このページには、現在顧客の倉庫にある、自社が所有する手持委託販売在庫を表示します。

仕入先入札ワークスペースでの RFQ に関する作業

仕入先入札 ワークスペースで、応答するよう招待された会社の RFQ を確認することができます。 RFQ に応答することもできます。

ワークスペースは、失注または受注したすべての RFQ も表示します。 さらに、システムは公的機関用にコンフィギュレーションされ、ワークスペースは公開されている RFQ を表示します。

RFQ の表示

仕入先入札 ワークスペースを開き、次の情報にアクセスします。

  • 新しい入札の招待 を選択し、応答するよう招待された会社の RFQ を確認します。 ここで、RFQ を表示し、入札プロセスを開始できます。 新しい入札を提出する必要がある、修正された RFQ を確認することもできます。
  • 返品された入札 を選択して顧客が返してきた RFQ を確認し、詳細情報を提供したり、または入札を更新することができるようにします。
  • 進行中の入札 を選択して、会社を代表するユーザーまたは連絡担当者が処理中であるがまだ提出していない RFQ を確認します。
  • 落札済の入札 を選択して、顧客が入札で少なくとも 1 行以上の品目を落札した場合を確認します。
  • 失注した入札 を選択して、拒否されたすべての行の入札を確認します。
  • 見積依頼 リンクを選択して、すべての仕入先の RFQ 招待の一覧および提出された任意の入札を確認します。 見積依頼 ページで、仕入先に関連するすべての RFQ を一覧表示します。 ステータス別に検索することができます。
  • 拒否された入札 リンクを選択して、仕入先の連絡担当者が入札辞退したすべての RFQ の一覧を確認します。

公開されている RFQ に関する作業

公的機関で働く人は、公開された未処理および期限切れの RFQ を確認できます。

  • 見積の公開済依頼を開く リンクを選択して、公開されている未処理の RFQ の一覧を確認します。 未処理の RFQ は、有効期限がまだ切れていない RFQ です。 RFQ のヘッダーで、有効期限の日付および時刻が表示されます。

    入札するよう招待された場合、新しい入札の招待 ページで同じ RFQ を見つけることができます。 場合によっては、未処理の RFQ に入札したいかもしれませんが、入札するよう招待されていません。 この場合、顧客が RFQ ケースの自己招待を有効にして、自分で自身を招待することができます。

  • 終了した公開済見積依頼 リンクを選択して、公開されている終了した RFQ の一覧を確認します。 終了した RFQ は、期限切れの RFQ です。 RFQ のヘッダーで、有効期限の日付および時刻が表示されます。

    終了した RFQ は、品目レベルまでのすべての仕入先入札を表示します。 入札が落札されるかまたは拒否されるかによって、この情報は終了した RFQ に反映されます。 入札に含まれる任意の添付ファイルも利用可能です。

注記: この機能は、公的機関の構成が有効である場合のみ使用できます。

入札

  • 入札 をクリックして RFQ で入札を開始します。

    RFQ のヘッダーおよび行の入札フィールドに対する編集を有効にすると、直接明細行のグリッドで入札を入力できます。 明細行の詳細に追加される必要がある、追加の入札情報も検討する必要があります。

    入札作業を開始すると、進行中の入札 セクションに表示されます。

    有効期限の日付の前にいつでも、入札を保存することができます。 入札を終了し送信するため、後で戻ることができます。 入札を送信した後は、有効期限まで取り消しおよび更新ができます。

  • RFQ からのリセット を選択して、入札用に入力したデータをリセットし、元の RFQ に戻します。 ヘッダーまたは明細行をリセットできます。

  • 明細行のグリッドで 代替の追加 または 代替の削除 を選択して代替と実行します。

    一部の RFQ は、代替入札が可能です。 代替として特定の品目を追加することはできないため、カテゴリ タイプの明細行に対してのみ代替入札を指定できます。

  • RFQ 添付ファイル または RFQ 明細行の添付ファイル を選択して、顧客が RFQ に追加した任意の添付ファイルを開きます。 入札の添付ファイル または 入札明細行の添付ファイル を選択して、入札と共に添付ファイルをアップロードします。

    入札の送信を許可する前に、アンケートに回答する必要があるかもしれません。

  • 入札したくない場合、辞退 を選択します。 辞退 を選択した後に、アクションを取り消したり入札を入力することはできません。

RFQ が修正された場合は、新しい入札を入力する必要があります。 RFQ ページの 修正 タブで、修正に関する情報を参照できます。 新しい入札の招待 ページで、修正された RFQ が表示されます。

仕入先情報ワークスペースでの仕入先マスター データへのアクセス

仕入先として、顧客が仕入先マスター レコードで管理している情報の一部にアクセスできます。 したがって、最新の情報を保持できます。 情報を更新するには、仕入先管理者 (外部) のロールが必要です。

アクセス可能な情報とは、仕入先の名前、住所、連絡先情報、連絡担当者、およびその連絡先情報、ID 番号、税務登録番号、顧客に販売することが許可されている仕入先の調達カテゴリ、および証明書に関する情報です。

その他のリソース

仕入先コラボレーション ユーザーの管理