活動ベースの外注

このトピックでは、リーン生産の生産フローにおける外注活動の使用方法について詳しく説明します。

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations では、製造オーダーおよびリーン生産という外注に関する 2 つのアプローチがあります。 リーン生産のアプローチでは、外注業務は、生産フローの活動に関連するサービスとしてモデル化されます。 [直接外部委託] と呼ばれる特別な種類の原価グループ タイプが導入され、外注サービスは部品表 (BOM) の一部ではなくなりました。 外注業務の原価計算は、リーン生産の原価計算ソリューションに完全に統合されます。

下請業者に関係する生産フロー

生産フローの基本原則は、活動が外注されると変更されません。 材料は場所間を流れ、プロセス活動は材料を製品に変え、移動活動は 1 つの場所から別の場所に材料や製品を移動します。 仕入先を倉庫やリソース グループのリソースに割り当てることによって、仕入先管理として場所や作業セルをモデル化できます。

これらの機能に基づいて、リーン生産は、材料および製品の流れをサポートするために特定の機能を必要としません。 生産または運輸のサービス プロバイダーとして仕入先を含むすべての可能なシナリオは、生産フローおよび活動のアーキテクチャに基づいてモデル化できます。

たとえば、下請業者は、下請業者が存在するスーパーマーケットを拠点とします。 材料取り扱い単位が下請業者で空になっているとき、かんばんカードは次の出荷とともにアセンブリ セルに戻されます。 外注業者のスーパーマーケットが補充されます。 下請業者に対する移動は、ピッキングおよび出荷処理をサポートするために明示的な移動活動としてモデル化できます。 現物出荷をサポートするために明示登録が必要ない場合、移動活動を省略できます。

下請業者は、生産フローの全体的な能力の負荷分散を行うために利用できます。 たとえば、生産フローはスケジュールされたかんばんルールを使用してモデル化されます。 プランナーは、必要に応じて両方の作業セルをスケジュールし、負荷平準化を行うためにかんばんスケジューリング ボードを使用します。 プランナーは、供給スケジュール ページでスーパーマーケットの連結供給スケジュールの監視も行います。 複数の下請業者は 1 つまたは複数の生産フローでモデル化することができ、異なる活動を通じて同じ場所に同じ製品を供給するために使用できる複数のかんばんルールがある場合があります。 プランナーは、かんばんを代替かんばんルールに変更して、元は内部生産に対して作成されたかんばんを代替プロセスに再スケジュールできます。 実際、外注した作業セルの性質は、生産フローに影響しません。 同じ作業原則が、2 つの並列内部作業セルまたは 2 つの外注作業セルに適用されます。

生産フローのその他の活動のように、外注活動は在庫および非在庫 (仕掛品 [WIP])、半完成品の材料および製品を消費し提供できます。 いずれの場合も、外注活動のスケジューリングおよび実行するためのプロセスは同じです。 さらに、これらは、内部作業のプロセスと同じ処理をします。

外注活動 (サービス) の購買プロセス

外注活動の購買プロセスは、[開始] または [完了] といったかんばん作業の進捗で登録される現物材料のフローに基づいています。 外注業務のコストなど財務フローは、現物フローに従う 2 次的フローです。 同時に、購買プロセスは各ステップの購買ドキュメントを手動調整できる独立したプロセスです。 外注活動の購買プロセスを次に示します。

  1. 購買契約を作成します。 購買契約は、サービスに作成され、生産フローの活動に関連付けられます。
  2. 発注書を作成します。 リリース発注書は、サービスに作成され、スケジュールされたかんばん作業に基づきます。 同じサービスの作業は、日、週、または月ごとの購買注文明細行にグループ化できます。 購買注文明細行は、かんばん作業の作成後にいつでも作成できます。 購買注文明細行は、事後にも作成できます。 このオプションは通常、下請業者が追加通知なしでサービスを提供する場合、受け取るかんばんまたはかんばんカードに基づいて選択されます。 この場合、発注書と請求書の誤差は、最小限にすることができます。
  3. 下請業者に処理を準備するために送信するかんばんカード、材料とピッキング リストを生成します。 生産フローの詳細なモデリングに基づいて、ピッキング リストや準備機能を使用してプロセス活動のかんばんボードで準備が実行されます。 また、ピッキング リストと開始または完了を使用して転送ジョブのかんばんボードで準備が実行されます。 在庫されている材料に対して、WMS ピッキングおよび出荷プロセスで両プロセスをサポートできます。 船荷証券は必要に応じて作成できます。
  4. かんばんの材料取り扱い単位とかんばんカードを生成します。 処理した後で、カードは下請業者から戻ります。 通常、カードには出荷済の現物材料を指定する納品書が含まれます。 提供されたサービスの照会は不要です。 顧客の材料または製品の着荷は、かんばんカードによってかんばんボードに登録されます。 (プロセス活動のかんばんボードまたは転送ジョブのかんばんボードのいずれかが、モデル化された活動に応じて使用されます)。
  5. 受領通知を作成します。 受領通知は、受け取るサービスの梱包明細ドキュメントの交換に使用できます。 受領通知は、選択した期間の外注活動について完了したかんばん作業に基づいて生成できます。 各ジョブの受領に関連する購買注文明細行に対して通知が作成されます。 受領通知は印刷して受領の確認として外注業者に送信できます。
  6. 請求書を生成します。

プロセスは下請業者がある期間中に請求された時に終了します。 請求書の照合は、作成される受領通知に対して実行されます。 受領通知は材料の正確な現物入庫を表すため、スリーウェイ マッチングが簡単になります。

外注に対する活動の構成

次のセクションでは、外注の活動を構成する方法について説明します。

外注サービス

活動ベースの外注に使用される支払品目は、次のプロパティが指定されている製品にする必要があります。

  • 製品タイプ: サービス
  • 在庫モデル グループ: 在庫なし

この要件は、先入れ先出し (FIFO) 在庫モデルの使用が適用されます。 注記: 製品の原価計算は、サービスの標準原価が定義されている必要があります。 仕入先との購買契約が必要です。 契約がない場合、サービスを活動ベースの外注に使用できません。

外注プロセス活動

外注活動としてプロセス活動を構成するには、次の手順に従います。

  1. 外注作業セルを構成します。 外注として作業セルを構成するには、仕入先タイプのリソースを作成して、作業セル (リソース グループ) と関連付ける必要があります。 直接外部委託の原価グループ タイプのランタイム原価カテゴリは、作業セルに割り当てる必要があります。 設定と数量の原価カテゴリは不要です。
  2. プロセス活動を作成し、外注作業セルに関連付けしたら、生産フローのバージョンを有効化できる前に、活動のサービスを構成する必要があります。 活動詳細ページでこの手順を完了します。 外注作業セルに関連付けられる活動に、[サービス条件] クイック タブが表示されます。 このクイック タブでは、すべての出荷品目で有効な既定のサービスを追加します。 特定の出荷品目に別のサービスまたは別のサービスの計算パラメーター (たとえば、異なるサービス比率) が必要である場合、活動に別のサービスを追加できます。

外注移動活動

移動活動は、移動活動の [配送業者] 設定によって外注活動として構成されます。 次のオプションを使用できます。

  • [荷主] – 倉庫からの転送が仕入先 (倉庫のプロパティで定義) で管理される場合、活動は外注されます。 サービスに対して選択されたすべての購買契約には、倉庫と同じ仕入先 ID が含まれている必要があります。
  • [受取人] – 倉庫への転送が仕入先 (倉庫のプロパティで定義) で管理される場合、活動は外注されます。 サービスに対して選択されたすべての購買契約には、倉庫と同じ仕入先 ID が含まれている必要があります。
  • [配送業者] – 活動がサービスを提供するすべての仕入先に外注されます。 有効にするには、配送業者を倉庫管理のために作成し、割り当てられた仕入先勘定が必要です。

プロセス活動については、活動詳細ページの [サービス条件] クイック タブで外注移動活動に既定のサービスを構成する必要があります。

サービス数量計算

全体の購買プロセスは、サービスの品目参照に基づきます。 この品目参照は、サービスの測定単位で測定されます。 サービスは通常、サービスの数 (単位) または時間で測定されます。 サービス数量を計算するには、かんばん作業の登録された完了に基づいて次の方法を使用できます。

  • [ジョブの数に基づく計算] – 1 つのかんばん作業が、供給された数量に関係なくサービスの n の単位と等しくなります。 リーン生産では、1 つのジョブは 1 つの材料取り扱い単位に対応します。 この計算方法は、材料取り扱い単位ごとに固定価格があるすべてのサービスに適用されます。 したがって、通常この方法は移動活動に適用されます。 ただし、全体の材料取り扱い単位を処理するプロセス活動にも適用できます。
  • [製品の数量に基づく計算] – サービス数量が、スケジュール/供給される製品の数量に関係しています。 供給された製品の数量を計算するときに、エラー数量を含めたり、除外したりできます。 この計算方法は、処理された製品のサービス単価が承認されているすべての場合に適用されます。
  • [活動時間に基づく計算] – 理論上の活動時間が、活動の処理時間、合計処理数量、処理された製品のスループットの割合に基づいて計算されます。 この計算方法は、時間で支払われ、処理された製品ごとの時間に差異があるサービスに適用されます。

外注サービスの原価計算

生産フローに作成された発注書の受領通知または仕入先の梱包明細 (つまり、外注活動のかんばん作業に基づいて生成された発注書) が転記されるときに、入庫金額が生産フローの仕掛品勘定に計上されます。 請求書の誤差は、生産フローにも計上されます。 外注作業の原価カテゴリが導入されました。 この原価カテゴリで、仕掛品に割り当てられている期間ごとに消費される外注作業の金額を透過的に追跡できます。

原価計算期間の終わりのリーン生産の一括引き落とし原価計算によって、原価計算期間中の生産フローから生産される製品の実際の差異が計算されます。

外注活動としての移動のモデル化

輸送は非生産的と考慮され、金額を追加しないものとよく考えられます。 しかし、外注の原価を内部生産の原価と比較すると、追加の輸送活動の原価を考慮する必要があります。 複数の場所にわたって運輸サービスを必要とする生産フローでは、顧客に製品を供給する原価の一部として運送費をモデル化する必要があります。

リーン生産の活動ベースの外注は、生産フローの場所間で材料および製品を移動する配送業者と輸送仕入先を統合できます。 移動活動のモデル化によって、配送業者または仕入先を割り当てることができます。 移動活動またはジョブは、サービスや購買契約に基づいており、実際の転送ジョブに基づいて発注書と受領通知を作成できます。 この機能は、外注プロセス活動の機能と同じです。

したがって、Finance and Operations では、運輸サービス、関連する発注書の作成、統合された入庫登録、運輸サービスの生産フローの原価計算への統合を含む BOM 計算をサポートするようになりました。