ジョブ バンドル内のジョブへの時間割り当て

[製造実行] で、ジョブをバンドルできます。 これにより、[ジョブ リスト] ページで複数のジョブを同時に開始できます。

ジョブをバンドルする場合は、すべてのジョブに登録された合計時間を各ジョブに割り当てる方法を定義する必要があります。 配賦キー ページの [バンドル タイプ] フィールドで、次のいずれかのオプションを選択して割り当てを定義します。

  • 見積 – 時間が、ジョブの見積時間に基づいて、ジョブ間で分割されます。
  • ジョブ – 時間が、バンドルされたジョブの合計数と、すべてのジョブを完了するためにかかった時間に従って分割されます。
  • 正味時間 – 時間が、バンドル内のジョブ間で常に均等に分割されます。
  • リアル タイム – 実際のジョブ時間が割り当てられます。 原価は実際の人件費に基づいて計算されます。 注記: 会社が [時刻と出勤] で給与機能を使用する場合のみ、リアル タイム配賦キーを使用できます。

次に、さまざまな配賦キーの適用例を示します。

シナリオ例

ジョブ キューの 3 つのジョブを完了する必要があります。 最初のジョブを開始し、そのジョブの進行中に 2 番目と 3 番目のジョブを開始します。 これで、3 つのジョブのあるバンドルができます。 次の表に、各ジョブの見積生産時間を示します。

職務 生産時間
ジョブ 1 1 時間
ジョブ 2 3 時間
ジョブ 3 4 時間
合計 8 時間

次の表に、各ジョブに費やされた実際の作業時間を示します。

職務 開始時刻 終了時刻 バンドル時間
ジョブ 1 09:00 11:00 2 時間
ジョブ 2 10:00 13:00 3 時間
ジョブ 3 10:00 15:00 5 時間
バンドル 09:00 15:00 6 時間

次のセクションでは、配賦キーごとに計算された時間の結果について説明します。

見積配賦キー

次の表に、割り当て時間の計算式を示します。 式: ジョブごとの時間 = 合計バンドル時間 × (見積ジョブ時間 ÷ 合計見積時間)

ジョブ フォーミュラ 割り当て時間
ジョブ 1 6 × (1 ÷ 8) 時間 0.75 時間
ジョブ 2 6 × (3 ÷ 8) 時間 2.25 時間
ジョブ 3 6 × (4 ÷ 8) 時間 3.00 時間

ジョブ配賦キー

次の表に、割り当て時間の計算式を示します。 式: ジョブごとの時間 = 合計バンドル時間 ÷ ジョブ数

ジョブ フォーミュラ 割り当て時間
ジョブ 1 6 ÷ 3 2 時間
ジョブ 2 6 ÷ 3 2 時間
ジョブ 3 6 ÷ 3 2 時間

正味時間配賦キー

次の表に、割り当て時間の計算式を示します。 式: レポートごとの計算時間 = バンドル時間 ÷ ジョブ数

09:00–10:00 (1 時間) 10:00–11:00 (1 時間) 11:00–13:00 (2 時間) 13:00–15:00 (2 時間) 割り当て時間
バンドルのジョブ数 1 3 2 1 適用できません
ジョブ 1 1 ÷ 1 = 1 時間 1 ÷ 3 = 0.33 時間 適用できません 適用できません 1.33 時間
ジョブ 2 適用できません 1 ÷ 3 = 0.33 時間 2 ÷ 2 = 1 時間 適用できません 1.33 時間
ジョブ 3 適用できません 1 ÷ 3 = 0.33 時間 2 ÷ 2 = 1 時間 2 ÷ 1 = 2 時間 3.33 時間

リアル タイム割り当てキー

生産原価を実質原価に基づいて計算する場合、製造オーダーの既定値ページの [原価カテゴリ] オプションをオフにする必要があります。 次の表に、割り当て時間の計算式を示します。 式: ジョブごとの実際の時間 = バンドル内の実際の時間

ジョブ 通話時刻
ジョブ 1 2 時間
ジョブ 2 3 時間
ジョブ 3 5 時間

3 つのジョブが、時給 USD 12.00 の従業員によって実行されたとします。 これらのジョブに費やした時間に対し、残業手当や割増給与は発生しません。 この従業員は、3 つのバンドル ジョブで合計 6 時間働きました。 したがって、給与原価は 6 × USD 12.00 = USD 72.00 になります。 リアル タイム割り当てを使用すると、時間単位原価価格は、[正味時間] の式の係数を使用して再計算されます。 その後、各ジョブに費やした実際の時間が修正された時間あたり原価とともに転送されます。 この例では、10 時間が割り当てられていますが、費やした時間は 6 時間です。 次の表に、原価計算の計算式を示します。 式: 時間単位原価価格 = (ジョブごとの合計バンドル時間 (正味時間) ÷ ジョブごとの実際の時間) × 時間単位の標準原価

ジョブ 修正された時間単位原価の計算 修正された時間単位原価 割り当て時間 ジョブの原価合計
ジョブ 1 (1.33 ÷ 2) × USD 12.00 USD 8.00 2 時間 USD 16.00
ジョブ 2 (1.33 ÷ 3) × USD 12.00 USD 5.33 3 時間 USD 16.00
ジョブ 3 (3.33 ÷ 5) × USD 12.00 USD 8.00 5 時間 USD 40.00

修正された時間単位原価とジョブ時間は、生産仕訳帳に転記されます。 注記: 製造オーダーの既定値ページにある [全般] タブの [原価カテゴリ] オプションを選択すると、各ジョブの実際の時間が、そのジョブの原価カテゴリでの原価として生産仕訳帳に転記されます。