BOM デザイナーの機能

このトピックは、[BOM デザイナ] ページを使用して、部品表 (BOM) のツリー構造の設計および操作をする方法について説明します。 [設定] をクリックすると、さまざまなコンフィギュレーションの選択や、ツリーの行に表示する情報の指定ができます。

[リリースされた製品] ページから [BOM デザイナー] ページを開くと、選択した品目、品目の既定の注文サイト、および実際の日付で有効、承認済である部品表 (BOMs) の階層が表示されます。

ビューの最初の選択内容を変更するには、[フィルター] をクリックします。 表示原則を [選択済/有効] または [選択済] に設定することで、ビューで使用する個々の BOM または工順バージョンを選択できます。 [BOM デザイナー] で、表示または管理する未承認で有効でない BOM バージョンを選択できます。

メモ: BOM デザイナーを [部品表] リスト ページから開くと、工順情報が表示されません。 現在のところ、BOM または工順バージョンの選択は BOM および工順バージョンのプロパティで、[BOM デザイナー]のすべてのインスタンスに適用されます。

次のセクションでは、[BOM デザイナー] のさまざまなタブで使用できる機能について説明します。

[BOM デザイナー] を使用して BOM 構造を分析

[BOM デザイナー] には 2 つのセクションがあります。

  • BOM 構造のツリー ビュー。
  • 選択したデータの詳細を示す詳細セクション。 ツリー ビューのノードを選択すると、詳細セクションのクイック タブがそのノードに基づいて更新されます。
    • [BOM明細行の詳細] – ツリー ビューで選択した BOM 明細行の詳細を表示します。
    • [品目データ] – 選択したノードで使用されるメインの品目または品目の詳細を表示します。 選択した品目を管理するには、[リリースされた製品の編集] をクリックします。
    • [BOM] – 選択したノードに関連付けられる BOM のヘッダーを表示します。
    • [Route] – 選択したノードに関連付けられる Route のヘッダーを表示します。
    • 工順工程 –は、工順の工程のプレビューを表示します。 特定の工程に割り当てられる BOM 明細行が選択されている場合、工程は [工程のコンフィギュレーションの準備] としてマークされます。

BOM と工順の選択

BOM および工順に適用されるフィルタは、[BOM デザイナー] のヘッダーに表示されます。 [フィルタ] ダイアログ ボックスを使用してフィルタを変更できます。 次の表は、このダイアログ ボックスのフィールドを説明します。

フィールド 説明
製品分析コード 選択された完成品が製品マスターの場合、主要な選択に対する有効な製品分析コードを定義できます。 注意: 製品マスターではない製品の [フォーミュラ デザイナー] を開いた場合は、[フィルター] ダイアログ ボックスで製品分析コードを選択できません。
サービス拠点 BOM ツリーが表示されるサイトを変更します。 既定のサイトは、完成品目の既定の在庫サイトです。
表示原則 現在の BOM 構造と現在の工順に適用されるバージョン表示原則を選択します。
  • 表示原則が [有効] または [選択済/有効] に設定されている場合、この日付の有効な BOM または工順のバージョンが検出されます。
  • 原則が [選択済/有効] または [選択済] に設定されている場合、[BOM] > [BOM バージョン] または [工順] > [工順バージョン] をクリックして BOM バージョンまたは工順バージョンを選択できます。
バージョン日付 BOM および工順のバージョン日付を入力します。 このバージョンは、特定の日付 (BOM バージョン設定におけるバージョン日付) に使用される BOM バージョンを識別します。
開始数量 数量から固有を選択してバージョンをフィルタ処理します。 値を設定すると、別の BOM および工順バージョンが選択されることがあります。
有効のみを表示 このチェック ボックスを選択すると、有効な日付を持つ BOM 明細行のみがツリー構造に表示されます。 BOM 明細行を右クリックまたはダブルクリックして [BOM 明細行の編集] ページを開くと、その BOM 明細行の有効期間を確認できます。

[BOM デザイナー] を使用して 1 つ以上のファントムのレベルで構成される BOM を確認または編集すると、上位品目と関連付けられる工順は通常、BOM 階層全体に及びます。 概要を簡略化するために、[表示] > [工順のロック] をクリックして表示に含まれるトップレベルの工順をロックできます。 工順のロックを解除するには、[表示] > [工順のロック解除] をクリックします。

BOM および BOM 明細行を追加および編集

BOM 明細行または BOM を編集するには、[BOM 明細行] または [BOM] 機能を使用します。 ツリー内のノードを選択すると、使用可能な機能がノード タイプによって決まります。

職務 説明 ノード タイプや条件
[BOM 明細行] > [編集] BOM 明細行の属性を編集できるダイアログ ボックスを開きます。 この機能は、BOM 明細行ノードが選択されている場合に使用できます。
[BOM 明細行] > [削除] 選択された BOM から BOM 明細行を削除 この機能は、BOM 明細行ノードが選択されている場合に使用できます。
[BOM 明細行] > [行の前に追加] 選択した BOM 明細行の前に含める製品バリアントを選択できるダイアログ ボックスを開きます。 この機能は、BOM 明細行ノードが選択されている場合に使用できます。
[BOM 明細行] > [コンポーネント BOM に追加] 選択した BOM の最後に含める製品バリアントを選択できるダイアログ ボックスを開きます。 この機能は、選択されているノードに選択された BOM がある場合に使用できます。 この機能を使用できない場合は、選択した品目バリアントに BOM バージョンが存在しない場合があります。 この場合、選択したノードの欠落しているバージョンを作成するには [BOM] > [バージョンの作成] をクリックします。
[BOM 明細行] > [行の後に追加] 選択した BOM 明細行の後に含める製品バリアントを選択できるダイアログ ボックスを開きます。 この機能は、BOM 明細行ノードが選択されている場合に使用できます。
[BOM] > [バージョンの作成] 選択したノードの製品バリアントのBOMまたはBOMバージョンを作成します。 この機能は、選択した BOM 明細行ノードが生産タイプが [BOM] または [フォーミュラ] である品目にリンクされている場合に使用できます。
[BOM] > [計算] 選択した製品バリアントの原価または販売価格の計算を実行できるダイアログ ボックスを開きます。 この機能は、選択されているノードが BOM バージョンに関連付けらている場合に使用できます。
[BOM] > [確認] 選択したBOMを検証し、確認します。 この機能は、選択されているノードが BOM バージョンに関連付けらている場合に使用できます。

ツリー ビューのコンフィギュレーション

[設定] をクリックすると、[BOM デザイナー] のツリー ビューに表示される情報をカスタマイズできます。

フィールド グループ 説明
BOM ツリー構造に表示された基準を選択するには、このチェック ボックスを使用します。 選択した基準は、[BOM デザイナー] の両方のタブの下部に表示されます。
工順 表示された工順の基準を選択するには、このチェック ボックスを使用します。