リーン組織のモデリング

この記事は、リーン組織のモデリングにおける重要な概念に関する情報を提供します。

通常、リーン生産のシナリオは、単なる無関係なかんばんルールや材料の供給ポリシーの寄せ集めではありません。 特定の生産シナリオや供給シナリオに関する作業セルや場所での材料や製品の流れは、プロセスや転送活動のシーケンスまたは小さいネットワークとして表すことができます。 このシーケンスやネットワークは、生産フローと呼ばれます。

リーン生産の生産フロー

製造オーダーに基づいた生産のシナリオでは、材料は、特定の製造オーダーに発行されます。 部品表 (BOM) と工順に基づいた一連の工程の間に、製品は供給場所で生産され、最終的に受け取られます。 製造オーダーのスループットの時間は、分から週までと異なります。 すべての関連する原価、材料、労務は、製造オーダーに追加されます。

バッチ製造が原因で発生するワークセンター間の出荷のリードタイムと過剰な在庫を減らすために、リーン生産は、製造と倉庫の補充において、かんばん補充およびかんばんスーパーマーケットを導入します。 通常、これらの機能は部分的に独立したかんばんサイクルの生産を阻みます。 半完成品のかんばんの補充は、もはや完成品の発注によっては行われません。

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise edition で提案されるさまざまなかんばんのシナリオの生産とコストのコンテキストを再構築するために、活動ベースの生産フローが、リーン生産のバックボーンとして導入されました。 すべてのかんばんルールは、この定義された構造によります。 活動ベースのモデルでは、Dynamics AX のリーン生産の以前のバージョンがサポートしていたものより広範囲のシナリオの設定にサポートしています。 ただし、このモデルでは、すべてのシナリオが同じ活動ベースのユーザー インターフェイスを使用するため、作業現場の作業がより複雑になることはありません。

半完成品 (非 BOM レベル)

Dynamics AX のリーン生産は、在庫製品と半完成品のかんばんを 1 つのフレームワークに統合し、すべてのケースにおいて同一のユーザー エクスペリエンスを提供します。 この構造のため、かんばんを半完成品に使用できるようにするために追加の BOM レベルを導入する必要はありません。 また、この構造は在庫トランザクションを最小限にします。

進行中の作業の製品および材料

リーン生産において、バッチ サイズを単一のフローの最適な状態に下げることにより、各ピッキング プロセスやかんばんの登録が消費品目のトランザクションを起こす場合、在庫トランザクションが劇的に増加する場合があります。 この生産フロー構造により、倉庫または配送処理単位サイズでの引き取りかんばんで、生産フローに対する材料の移動ができます。 払出された材料の額は、生産フローに関連した仕掛品 (WIP) 勘定に追加されます。 この動作は、製造オーダーに発行される材料の動作に類似しています。 同じ原則は、製品および半完成品に適用できます。 これらの製品が生産フロー内で作成、転送、または消費されていない場合、在庫トランザクションはオプションです。 製品が在庫に転記されると、生産フローの仕掛品勘定は、関連する標準コストにより減算されます。

バリュー ストリームとバリュー ストリームのマッピング

Dynamics AX のリーン生産構造は、ウォーマックとジョーンズが定めた 5 つのリーン原則に基づいています。すなわち、顧客の価値、バリュー ストリーム、フロー、プル、そして完成度です。 実際の製造業においてリーン生産のソリューションを導入するためのよい方法は、バリュー ストリーム マッピング (VSM) です。 この方法は、リーン生産研究所でロザーとシュークにより発行された「Learning to See」の中で紹介されました。

Dynamics AX で、未来型のバリュー ストリームは、生産フロー バージョンとしてモデル化できます。 バリュー ストリームのすべてのプロセスがプロセス活動としてモデル化されます。 転送ステータスを登録する必要があるか、または在庫ピッキングまたは連結出荷との統合が必要な場合は、移動や転送は転送活動としてモデル化できます。

バリュー ストリーム自体は、Dynamics AX の作業単位としてモデル化されます。 したがって、バリュー ストリームは財務分析コードとして使用できます。

生産フローに基づいたリーン生産の原価計算

生産フローの原価の定期的な連結により、関連する仕掛品勘定を修正し、生産フローによって供給される製品 の差異を決定できます。

継続的な改善

継続的な改善をよりよくサポートするために、生産フローは、時間が有効なバージョンになっています。 したがって、既存の生産フロー バージョンは、関連するすべてのかんばんルールとともに生産フローの今後のバージョンにコピーできます。 また、未来型の生産フローは、生産のために検証して有効にする前にモデル化できます。 移行日以降の材料のシームレスなフローを保証するため、古い生産フロー バージョンの既存のかんばんは自動的に新しいバージョンに関連付けられます。

シンプルさ

Dynamics AX のリーン生産の導入には、単一のスケーラブルな構造の中で、シンプルおよび複雑な生産シナリオのモデル化を可能にする生産フローおよび活動のアプローチを用意しています。 活動のコンセプトを詳しく調べると、作業現場およびロジスティクスの作業者などのユーザーが必要とする新たなシンプルさが見えてきます。 在庫トランザクションではなく活動ベースのジョブに関するレポートにより、複雑なビジネスの中で行われる様々な形態のリーン生産のすべてが、統一感のあるユーザー インターフェイスによってしかるべきところへ、つまりリーン生産のバックボーンとしての生産フローへと転送されます。