リーン生産の概要

この記事では、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise edition のリーン生産の機能の概要と説明を提供します。

Lean manufacturing は、リーン操作をモデル化するために使用できるツールを提供します。 これらのツールは、以下のコンセプトおよびビジネス活動をサポートし推進します。

  • 生産および物流を生産フローとしてモデリングすることにより、lean manufacturing の土台を作成します。
  • かんばんを使用して要望要求シグナルを送り、リーン プル システムを実行します。
  • かんばん作業を監視および管理します。

Finance and Operations のリーン生産構造は、生産フロー、活動、およびかんばんルールで構成されます。 これらの構造は Finance and Operations プロセスと完全に統合されます。 さまざまな供給品、生産、および調達の戦略を組み合わせるミックス モードの製造環境で lean manufacturing を使用できます。 これらの戦略には、製造オーダー、プロセス産業のバッチ オーダー、発注書、および転送オーダーが含まれます。

重要
Finance and Operations を使用してかんばんのリーン生産の実装をサポートできます。 ただし、リーン原則の正常に実装は、使用する内部ビジネス プロセス、および実際の生産状況および環境により異なります。

製造および物流プロセスの生産フローとしてのモデリング

lean manufacturing の土台を作成するには、生産および物流プロセスを生産フローとしてモデリングします。 この活動は次のタスクで構成されています。

  1. リーン補充方法を実行するプロセスを識別し、これらのプロセスを生産フローとしてモデリングします。 次にプロセスを分析および合理化できます。 リーン実装の目標の 1 つは、材料および情報フローの向上によって不要を減らすことです。
  2. 材料の流れを説明する活動の順序として、生産フローを定義します。 転送活動は、1 つの製品または複数の製品の、ある場所から別の場所への移動を定義します。 プロセス活動は、製品に適用される付加価値工程を定義します。
  3. タクト タイムの条件を定義する生産フローのバージョンを作成します。 これらの条件は、生産フローの各活動のサイクル時間を計算するために使用されます。 生産フローの複数のバージョンを作成し、これらのバージョンを使用してプロセスを改善できます。

かんばんを使用した要望要求のシグナル

プル システムでは商品が必要な場合にのみ商品が作成されます。 このプラクティスにより、出荷のリード タイムと過剰な在庫が減少します。 かんばんを使用して、生産フローに基づいく条件を計画、追跡およびプロセス処理できます。 かんばんフレームワークを作成するには、かんばんを作成する時間、および要求が満たされる方法を定義するかんばんルールを作成します。 かんばんルールは 2 種類作成できます。 製造ルールはプロセスかんばん作業を作成し、および撤回かんばんルールは転送かんばん作業を作成します。 次の補充戦略を設定できます。

  • 固定数量 かんばんルールは材料取り扱い単位の固定数に関連付けられるため、有効なかんばん数に比例することを意味します。 かんばんのすべての製品が消費され、材料取り扱い単位を手動で空けられる場合は、同じタイプの新しいかんばんが作成されます。 固定数量かんばんルールを作成する際に、最適なかんばん数量および使用された製品の量を計算できます。 計算は、予測、オープン注文の実需、品目を補充するリード タイム、および履歴需要を考慮します。
  • スケジュール済 かんばんルールは、マスター プランによって計算される要求を補充します。 マスター プランによって、かんばんに確定する計画かんばんが生成されます。
  • イベント かんばんルールにより、販売注文明細行、生産の BOM 明細行、かんばん明細行または最小在庫設定により生じる必要量を補充します。 イベントかんばんが生成されると、それらはソース要件に固定されます。

かんばんが作成されると、1 つ以上のかんばん作業がかんばんルールで定義されたかんばんフローの活動に基づいて生成されます。

かんばん作業の監視および管理

Lean manufacturing は、かんばんルールで管理される製造および物流活動の現在の状態を視覚化します。 したがって、次のタスクの計画および優先順位付けができます。

  • 現在のかんばん作業スケジュールの概要を取得します。
  • かんばん作業を計画および再スケジューリングします。
  • かんばん作業の状態を追跡および登録します。

次の一覧は、特殊化したかんばんボードを示しています。

  • かんばん作業のスケジューリング – かんばん作業の概要を提供します。 ボードにはかんばん作業と 1 つまたは複数の作業セルのステータスが表示されます。 ジョブは生産フロー モデルで定義された計画期間 (日または週) に基づいて一覧表示されます。 ボードには、スケジュールされた負荷を監視できるように、各計画期間の能力消費も表示されます。 かんばん作業の状態を変更したり、異なる計画期間にかんばん作業を再スケジューリングしたり、他のタスクを実行できます。
  • 配送ジョブのかんばんボード – このボードでは、現在の配送ジョブの概要を提供します。 ピッキング リストの更新および登録、配送ジョブの開始および完了、および他のタスクを実行できます。
  • プロセス ジョブのかんばんボード – このボードは通常生産フローをサポートし、1 つまたは複数の作業セルに現在のステータスの概要を示すように設計されています。 このボードからかんばんは優先順位付け、ピッキング、または製造ができます。 かんばんボードには、かんばんをレポートするためのバーコードのスキャンをサポートするように設計されています。

かんばん作業と Finance and Operations プロセスとの統合

かんばん作業は Finance and Operations の在庫トランザクションのための現在のプロセスと完全に統合されます。

  • ピッキング活動を実行し、かんばん作業の条件を満たすために使用される材料を補充できます。
  • かんばんカード、循環かんばんカード、およびピッキング リストを印刷して、かんばんの使用をサポートできます。 これらのドキュメントは、倉庫および生産のフロアのかんばん作業を説明、追跡、および登録するために使用されます。
  • バーコードをスキャンして、在庫のピッキングおよび配送活動を登録できます。

また、lean manufacturing は下請活動によって参照されるサービスの購買および請求プロセスをサポートします。

  • 下請活動に、購買契約書明細行およびサービスを割り当てることができます。
  • サービスの購買および請求をサポートする、定期的な発注書と受領通知を作成できます。