ミックス モードの計画 - ディスクリート、プロセス、およびリーン ソーシングを組み合わせる

この記事は、ミックス モードの計画に関する情報を提供します。 ミックス モードの計画では、材料フローに基づいてサプライ チェーンをシミュレーションできます。 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations は、選択された供給ポリシー (かんばん、製造指図、購買発注、バッチ注文、または転送指図) にかかわらず、材料フローがモデルに従っていることを確認します。

製品構造に関係なく製品を供給するための全体的な戦略を選択できます。

たとえば、組み立てにおけるかんばんのコントロールができます。製造オーダー、かんばん、転送、バッチ オーダー、または、サプライ チェーンの特性に適した任意の組み合わせにより組み立てエリアのために材料が供給されます。それでも、サプライ全体の可視性を保つことができます。 この機能は、サプライ チェーンのプロセスの最適化やサプライ チェーンの可視性の向上につながります。

マスター スケジューリングに使用する供給ポリシーの精度は、補充分析コードとして有効にされている保管分析コードによって異なります。 さまざまなタイプの場所 (たとえば、異なる生産単位の生産フロアを分けたり、さまざまなタイプの材料や完成品の倉庫を分けたりすること) の補充および供給を制御するためのマスター スケジューリングを有効にするには、補充分析コードとしてサイトと倉庫を有効にすることをお勧めします。 または、補充分析コードとして倉庫を省くことができます。 このとき、高度な倉庫管理を使用している場合、倉庫内のすべての移動は倉庫の作業によって制御され、一方、倉庫間のすべての移動は引き取りかんばんによって制御されます。

供給ポリシー

Finance and Operations のミックス モード計画では、製品の供給方法や供給に基づく派生供給 (部品表 [BOM]からの品目の消費) の発行方法を制御します。 注文タイプに基づいて、システムは自動的に要件にかなう材料を調達します。

供給ポリシーは、製品レベルで、または、要件にかなうあらゆる精度で定めることができます。 供給ポリシーの精度は、既定の注文設定ページで設定します。

供給ポリシーは、製品、品目分析コード (コンフィギュレーション、色やサイズ)、サイト、また倉庫により制御されます。 この設定は品目の補充ページで行います。

既定の注文タイプは、マスター プランがどのような注文を生成するかを制御します。

サプライ チェーンのシミュレーション設定に関係なく、Finance and Operations では、供給ポリシーの組み合わせがサポートされます。 かんばんから提供される製造オーダーを使用できます。 または、転送やかんばんにより供給される製品を必要とするバッチ オーダーを使用できます。

Finance and Operations では、材料フローがモデルに従っていることを確認します。

材料のピッキングの倉庫は、供給ポリシーが定義されると、実行時間に動的に割り当てられます。

通常、かんばんは有効期間が短いため、未来の日付で作成されることはありません。 サプライ チェーンの完全な可視性を維持するために、「計画かんばん」という新たな計画のコンセプトを導入しました。派生した要求を計算したり、実際のかんばんが作成されるときに使用されるのと同じロジックに基づいて要件が指定されていることを保証する助けになります。

同じロジックは、他のすべての供給ポリシー タイプに見られます。 したがって、材料の長期計画は、生産と供給が承認された後に、実際の注文で実行されると想定する同じロジックに基づきます。

供給ポリシー全体にわたる材料の配賦 – BOM のリソース消費

リソース消費は重要な機能です。 リソース消費により、供給ポリシー (注文タイプ) に基づき材料のピッキングを行う倉庫を動的に選択することが可能になり、また、基本データの管理も容易になります。

リソース消費には、材料のピッキングをする倉庫を製品の供給方法に基づいて割り当てることが必要です。 つまり、実行時にシステムが製造に使用するリソースを検索します。 これらのリソースに基づいて、システムは、ピッキング倉庫を検出します。

供給ポリシーに依存しない作業では、供給が変更されても BOM の情報を変更する必要はありません。 暫定的な変更のために、Finance and Operations では、材料が正しい倉庫から調達されていることを確認します。

プロセス製造 – 製造タイプ

混合モードの完全な柔軟性を得るには、すべての製品に生産タイプ BOM を使用することをお勧めします。 次に、製造指図、かんばん、転送指図、または購買発注を使用して製品を供給することができます。 プロセス製造では、連産物副産物、または計画品目の製造タイプを使用します。 かんばんと製造オーダーは、これらの生産タイプでは使用できません。