工程のスケジューリング

このトピックでは、工程のスケジューリングに関する情報を提供します。 この工程スケジューリングは、時間経過による生産プロセスの概算を提供する場合に使用します。

工程レベルおよびジョブ レベルの生産をスケジューリングできます。 ジョブのスケジューリングとは異なり、工程のスケジューリングでは、生産工順の工程がジョブに展開されません。 現在の能力に関する情報など、スケジューリングのより詳細を含めるには、工程のスケジューリングを実行した後にジョブ スケジューリングを実行できます。 ジョブのスケジューリングだけも実行できます。 ジョブのスケジューリングは、通常、近または短期的な時間枠に、作業現場の個々のジョブをスケジュールするために使用されます。

工程のスケジューリングのコンポーネント

工程のスケジューリングの主要なコンポーネントには、スケジューリング方向、リソースの能力、および材料の最適化があります。 工程のスケジューリングを使用して、次の目標を達成できます。

  • 特定の日付から順方向または逆方向にスケジューリングすることによって計画方法を制御します。
  • リソース能力に基づいて生産をスケジューリングすることによってリソースの利用を最適化します。 この方法によってさらに、代替リソースをいつ使用するかを特定できます。
  • 必要な材料の使用可能性に基づいて生産をスケジューリングすることによって材料の使用を最適化します。
  • 参照生産をスケジュールし、同期化します。 参照生産の日付が、製造オーダーのスケジュールの変更時に、調整されます。

工程のスケジューリングを実行する前に、製造オーダーのコストを見積る必要があります。 見積を実行していない場合は、工程のスケジューリングが開始される前に、自動的に実行されます。 工程スケジュールでは、次の情報を指定します。

  • 生産に対して計画された製品
  • 製品のコンフィギュレーション。
  • 生産に関連する数量
  • 生産の開始日および終了日
  • 生産活動を実行するリソースの確保済能力

段取り時間、処理時間、実行時間は生産の工程に対して設定されています。 工程のスケジューリングを実行した後、製造オーダーのステータスは [スケジュール済] であり、すべての工程は、生産工順で指定された順序でスケジューリングされます。 ただし、工程の期間のみが考慮されます。 開始時刻と終了時刻は、スケジュールされません。

スケジューリング指示と日付

スケジューリング指示は、スケジューリング プロセスの基本となる要素です。 生産は、タイミングとスケジューリング要件に応じて、任意の日付から順方向 (将来) または逆方向 (過去) にスケジューリングできます。

  • スケジューリングの日付から順方向 – できるだけ早く開始する生産をスケジュールを設定できます。 生産の開始日としては、今日、明日、または将来の特定の日付を指定できます。 生産が最も早い終了日にスケジュール設定されます。
  • スケジューリングの日付から逆方向 – できるだけ遅く開始する生産をスケジュール設定できます。 逆方向のスケジューリングは、生産の完了期限の日付に基づいています。 スケジュールは、この日付から、生産が開始され、なお期限どおりに完了可能な一番遅い日付へ逆方向にカウントされます。

リソース スケジューリング

工程スケジュールを実行すると、生産工順内の各工程が、工程に指定されたリソースに対してスケジュールされます。 また、各工程の期間が生産工順で指定されます。 リソース グループが工程で指定される場合、スケジューリングではグループの能力が確保されます。 ただし、ジョブのスケジューリングとは異なり、工程のスケジューリングは、グループ内に特定のリソースを選択しません。 有限能力で作業している場合、スケジュールは、生産を完了するのに必要なリソースの利用可能性によって異なります。 工程のスケジューリングは、生産工順で指定されている工程の順序に基づいています。 スケジューリングでは、生産工順で定義された工程時間に基づいてリソース グループの能力が確保されます。 関連するリソースの利用可能な能力の合計で、リソース グループの能力が決定されます。 リソースに対して既に存在する確保済能力は使用できない能力と見なされます。 利用可能な能力が生産に不十分である場合、製造オーダーが遅延したり、さらに停止したりする可能性があります。 他にも生産に関連するリソースから予期するで効率性を指定できます。 リソースに割合として効率性を指定します。 効率性の割合で、リソースのスループットが調整されます。 たとえばこの調整は、リソースに対して予約される時間に影響します。 リソースを使用する工程のリード タイムも、それに応じて調整されます。

工程のスケジューリングおよびマスタ プラン

工程のスケジュールでは、マスタ プランが活用され、必要な材料の計算を決定します。 工程のスケジューリングでは次の情報を考慮します。

  • 受注残の生産 – 計画済、リリース済、開始済の製品
  • 使用可能な材料 – 在庫、副生産、外注業者、および仕入先
  • 能力の利用可能性 – 生産に必要なリソース

取消

工程のスケジューリングを実行すると、特定部分の工順をキャンセルできます。 これらの機能には、待ち時間、段取り時間、プロセス時間、重複時間および配送時間が含まれます。

有限原材料

有限原材料を使用する場合、スケジューリングはさらに、生産に必要な材料の利用可能性によって異なります。 生産に利用可能なコンポーネントが十分ではない場合、生産が遅れる可能性があります。 生産に利用する必要のある材料を指定して、材料の使用に基づいてスケジューリングできます。 リソースの能力と材料の利用可能性に基づいて最適化すると、生産は、これらの制限に基づいて計算されます。 製造オーダーは、能力と材料が同時に、必要量利用可能になるまで、スケジューリングすることはできません。

参照

工程のスケジューリング オプション