生産プロセスの概要

このトピックでは、生産プロセスの概要を示します。 製造オーダー、バッチ オーダー、およびかんばんのオーダーの作成から財務期間の決算までのさまざまなステージについて説明します。

製品の生産 (生産ライフ サイクルとも呼ばれるプロセス) は、品目の製造に必要な手順に従って行われます。 ライフ サイクルは、製造オーダー、バッチ オーダー、またはかんばんの作成で始まります。 完成した、顧客への提供または別の生産フェーズへの準備が整っている製品により終了します。 ライフ サイクルの各ステップでプロセスを実行するにはさまざまな情報が必要です。 各ステップが完了すると、製造オーダー、バッチ オーダー、かんばんでの生産状態に変化が生じます。 さまざまな製品タイプごとに、異なる製造プロセスが要求されます。

[生産管理] モジュールは、他のモジュールにリンクされています。たとえば [製品情報管理]、[在庫管理]、[総勘定元帳]、[倉庫管理]、[プロジェクト会計]、および [組織管理] などです。 この統合では、完成品目の製造に必要な情報フローをサポートしています。

生産プロセスは、通常、特定の生産プロセスに対して選択された原価計算と在庫評価方法からの影響を受けます。 Finance and Operations は、実績原価 (先入れ先出し [FIFO]、後入れ先出し [LIFO]、移動平均、および周期加重平均) と標準原価方法の両方をサポートしています。 リーン生産は、一括引き落とし原価計算原則に基づいて実行されます。

原価計算方法の選択は、生産プロセス中の材料およびリソースの消費に関する報告の要件も定義します。 通常、実績原価法ではジョブ レベルの正確なレポートが必要で、周期原価計算法ではより粗い粒度の材料およびリソースの消費報告でも可能です。

混合モード製造

さまざまな製品と生産のトポロジーで、さまざまな注文タイプの適用が要求されます。 Finance and Operations では、混合モードで、さまざまな注文タイプに対応します。 つまり、すべての注文タイプが、1 つの製品を製造するエンド ツー エンドのプロセス中に使用することができます。

  • 製造オーダー – これは、古典的な注文タイプで、特定の製品または製品バリアントを、数量と日付を指定して製造します。 製造オーダーは、部品表 (BOM) と工順に基づきます。
  • バッチ オーダー – この注文タイプは、プロセス産業と個別プロセスに使用します。そこでは、式に基づいた生産変換が行われるか、主要製品に加えてまたは代わりとして連産品と副産物が最終製品になります。 バッチ オーダーがタイプの BOM および工順を使用します。
  • かんばん – かんばんは、生産フロー、かんばんルール、BOM に基づいた反復的なリーン生産プロセスへの通知として使用します。
  • プロジェクト – 製造プロジェクトは、製品とサービスを、特定のスケジュールと予算に結び付けます。 プロジェクトの製造の部分は、他のどの注文タイプでも提供できます。

製造原則

特定の製品および関連市場に最もふさわしい製造原則を選択するには、製造および物流を考慮し、出荷のリード タイムに関する顧客の期待を考える必要があります。

  • 製造から在庫 – これは、予測または最小在庫補充に基づいて、製造した製品を在庫にする古典的な製造原則です。(最小在庫補充は予測または消費履歴に基づいて計算されます)
  • 受注生産 – 標準製品を、注文により生産または注文により完成させます。 生産開始前の段取りは「製造から在庫」の原則で行われる場合がありますが、バリュー チェーンで費用のかかる手順またはバリアントを作成する手順は、販売注文や移動オーダーが引き金となります。
  • 注文により構成 – 受注生産の原則では、バリュー チェーンの最終工程は受注による生産です。 生産される実際の製品バリアントは事前定義がありませんが、販売製品のコンフィギュレーション モデルに基づいて注文入力時に作成されます。 「注文により構成」の原則では、特定の製品ラインに対して一定レベルの統一プロセスが求められます。
  • 個別受注生産 – 個別受注生産プロセスは、プロジェクトとも呼ばれ、通常は設計フェーズから開始します。 設計フェーズ中に、注文を満たすような実際の製品が、設計され記述されます。 その後、製品の製造のために製造オーダー、バッチ オーダー、かんばんを作成できます。

生産ライフ サイクルの概要

生産ライフ サイクルの中の次の手順は、混合モード製造のすべての注文タイプに対して実行できます。 ただし、すべてが明確な注文ステータスを代表しているわけではありません。

  1. 作成済 – 製造オーダー、バッチ オーダー、かんばんを手動で作成することができます。また、さまざまな要求通知に基づいてそれらを生成するようにシステムを構成できます。 マスター プランは、計画オーダーの確定して製造オーダー、バッチ オーダー、またはかんばんを作成します。 他の要求信号とは、他の製造オーダーやかんばんからの、販売注文やペギングされた供給の信号です。 固定数量かんばんの場合、要求信号は、かんばんが空として登録されるときに生成されます。
  2. 見積済 – 材料とリソースの消費の見積を計算できます。 見積では、原材料の在庫トランザクションが注文中ステータスで生成されます 。 製造オーダーまたはバッチ オーダーが推定されると、主要製品、副産物、および副産物の受領書が生成されます。 BOM に [ペギングされた供給] タイプの明細行がある場合、材料の発注書や外注された工程のサービスの発注書が生成され、製造オーダーやバッチ オーダーにペギングされます。 品目や注文は、製造オーダーの引当の方針に従って引当され、完成品の価格はパラメータ設定に基づいて計算されます。
  3. スケジュール済 – 工程、個別のジョブ、またはその両方に基づいて、生産のスケジュールを設定できます。

    • 工程のスケジューリング – このスケジューリング方法は、大まかな長期の計画に使用します。 この方法を使用すると、製造オーダーに開始日と終了日を割り当てることができます。 製造オーダーが工順工程に関連付けられている場合は、原価センター グループに割り当てることができます。
    • ジョブのスケジューリング – このスケジューリング方法は、詳細な計画に使用します。 各工程は、特定の日付、時刻、および運営リソースが割り当てられた個々のジョブに細分します。 有限能力を使用する場合は、使用可能な能力に基づいてジョブは運営リソースに割り当てられます。 スケジュールは、ガント チャートで表示および変更できます。
    • かんばんスケジュール – かんばん作業は、かんばんスケジュール ボードでスケジュールされるか、かんばんルールの自動計画の構成に基づいて自動的にスケジューリングされます。
  4. リリース済 – 製造オーダーやバッチ オーダーは、スケジュールが終了し、材料がピッキング可能になるか準備完了になると、リリースできます。 材料の使用可能チェックは、作業現場の監修者が、製造オーダーやバッチ オーダーの材料の在庫状態を評価するのに役立ちます。 製造オーダーのドキュメント (ピッキング リスト、ジョブ カード、工順カード、工順ジョブなど) を印刷することもできます。 製造オーダーをリリースすると、製造オーダーのステータスが変更されて、生産を開始できることが示されます。 倉庫管理を使用する場合、製造オーダーまたはバッチ オーダーのリリースは、生産 BOM 明細行を倉庫管理にリリースします。 その後、倉庫のウェーブと倉庫の作業が、倉庫の設定に従って生成されます。

  5. [準備済] / [ピッキング済] – すべての材料とリソースが生産場所でステージ完了すると、生産 BOM 明細行またはかんばん明細行が [ピッキング済] のステータスに更新されます。 ペギングされた供給の注文および関連する倉庫の作業は、通常このステージで完成します。 生産の進捗状況を報告するために必要な、かんばんカードまたはジョブ カードが割り当てられ、印刷されます。
  6. 開始済 – 製造オーダー、バッチ オーダー、またはかんばんの開始時に、注文に対して材料とリソースの消費を報告できます。 注文に割り当てられている材料とリソース消費を、注文の開始時に自動的に転記するよう、システムを構成できます。 この割り当てはプレフラッシュ、フォワード フラッシュ、またはオートコンサンプションと呼ばれています。 追加のピッキング リスト仕訳帳を作成すると、製造オーダーまたはバッチ オーダーに、材料を手動で割り当てることができます。 また、作業や工順原価を注文に手動で割り当てることができます。 工程のスケジューリングを使用している場合は、工順カード仕訳帳を作成してこれらの原価を割り当てることができます。 ジョブのスケジューリングを使用している場合は、ジョブカード仕訳帳を作成して原価を割り当てることができます。 製造オーダーまたはバッチ オーダーは、要求された最終数量でバッチを開始できます。 製造オーダー、バッチ オーダー、またはかんばんの中で作成されたジョブは、仕訳帳、製造実行ターミナル (MES ターミナル)、またはかんばんボードを使用して個別に開始と報告ができます。
  7. レポート進捗 / 完了ジョブ – MES ターミナル、生産仕訳帳、かんばんボード、移動式スキャン設備を使用して、ジョブまたはリソースごとの生産の進捗状況を報告します。 材料とリソースの消費は転記され、関連するかんばん、製造オーダー、またはバッチ オーダーのステータスは入庫済または完了報告済に更新されることがあります。 倉庫のプット アウェイ作業は、倉庫の構成によって作成される場合があります。
  8. 完了報告済 (製品受領書) – 製造オーダーまたはバッチ オーダーが完了済として報告されると、完了した完成品の在庫数量が更新されます。 この数量には、関連する連産品および副産物の数量が含まれます。 仕掛品 (WIP) 会計を使用している場合、WIP 勘定を節約し、完成品在庫を増やすため、元帳兼用仕訳帳を作成します。 製造オーダーの原価の計算時に、生産の実績原価を転記します。 生産に関連付けられた材料原価と人件費がプレフラッシュで仕訳帳に割り当てられていない場合、バックフラッシュで自動的に割り当てることができます。 バックフラッシュを使用した割り当てでは、在庫トランザクションの処理後の控除が含まれます。 製造オーダーが完了すると、終了ジョブ チェック ボックスをオンにして、残りの状態を終了済に変更します。 それ以外では、生産される追加数量の報告のためにこのフィールドは空けておきます。
  9. 品質評価 – 製品受領書は、特定の製品に対して設定されたテストのプロセスおよび品質ルールの構成によって、品質指示の作成を発生させることができます。 品質指示がテストした製品の在庫状態またはバッチ属性を更新できるため、品質評価は多くの産業で必須のプロセスです。
  10. プット アウェイおよび 注文による出荷 – 製品受領と品質評価の後、オプションのプット アウェイ作業では受け取った製品を誘導します。消費の次の地点、完成品の倉庫、注文による出荷の要件がある場合は出荷の領域が誘導先になります。
  11. 終了済 – 生産を終了する前に、生産した数量に対して実績原価を計算します。 材料費、労務費、および間接費のすべての見積原価が取り消され、実績原価に置き換えられます。 原価計算を実行するときに終了済チェック ボックスをオンにすると、製造オーダーのステータスが終了済に変更されます。 これにより、完了した製造オーダーに対して原価が転記されるのを防ぐことができます。
  12. 期間終了 – 周期平均、バック フラッシュ原価計算、FIFO、LIFOなどいくつかの原価計算の原則は、定期的な活動によって在庫または財務期間を閉じる必要があります。 通常、システムは、期間終了前にすべての材料消費、リソース消費、在庫と仕損の修正を報告するように試みます。 この報告は通常、在庫移動仕訳帳または調整仕訳帳を使用して行われます。 目標は、期間ごとの作業単位の経済パフォーマンスを評価することです。 場合によっては、複数の財務報告期間にまたがる長期の製造オーダーを使用すると、生産仕訳帳が、期間の終わりに生産の進捗状況およびリソース消費を報告するのに使用されます。

参照

生産フィードバック

製品コンフィギュレーション モデル

リーン生産