製造実行での登録

このトピックでは、製造実行を設定および使用する際に理解しておく必要がある重要な概念および用語について説明します。

製造実行は、主に製造会社で使用するためのものです。 作業者は、ジョブ登録ページを使用して生産ジョブの時間と品目の消費を登録できます。 すべての登録は承認され、関連するモジュールにその後に転送されます。 登録の承認と転送が連続して行われると、マネージャは簡単に製造オーダーの実際原価を追跡できます。

製造実行および登録に関する用語

次の表に、製造実行および関連する登録タスクに関する用語を示します。

期間 説明
製造実行 時間、材料消費、生産ジョブの原価、プロジェクト、および間接活動を登録するために使用される機能。 登録は、製造実行登録クライアントで実行されます。
ジョブ リスト ジョブ登録ページで、機械など特定のリソースに対して実行する必要があるジョブの一覧を作業者に表示します。 作業者は、ジョブ リストの各ジョブまたはタスクの時間と品目の消費を登録できます。
ジョブのバンドル 作業者がジョブ登録ページで複数のジョブを同時に開始する場合、ジョブのバンドルと呼ばれます。 バンドルされたジョブにかかる時間は、配賦キーを使用してさまざまな方法で個別のジョブに割り当てることができます。
パイロット/アシスタント登録 作業者は、リソースのアシスタントとして登録し、何人かの作業者が同じ生産ジョブに従事する小さなチームを作成できます。 作業者がアシスタントとして接続するリソースはパイロットと呼ばれます。 パイロット リソースだけが登録を行う必要があります。 すべてのアシスタントが自動的に同じ登録を取得します。 たとえば、機械がパイロットとして機能し、その機械のアシスタントとして登録した作業者がジョブ登録ページで登録を行い、そして機械とアシスタントとして接続された作業者の両方が同じ登録を受け取ります。
間接活動 部門の会議、清掃ジョブ、作業現場の管理ジョブなど、生産ジョブまたはプロジェクトに直接関連しない活動またはタスク。 作業者は、生産ジョブおよびプロジェクトに登録するのと同じ方法で間接活動を登録できます。

製造実行での登録

作業者は、生産ジョブで実行される作業のさまざまなタイプの登録を製造実行で行うことができます。 システムの設定によっては、作業者はプロジェクト活動および、休憩、休暇、間接活動などの非生産タスクを登録できる場合もあります。 登録タイプは次のとおりです。

  • 出勤/退勤 (時間と出勤で使用可能) – 作業者が出勤したときを出勤とし、帰宅するときを退勤とします。
  • 生産ジョブの登録 – 作業者は、自分のジョブ リストに表示される生産ジョブに関する、ジョブの開始およびジョブのフィードバックのレポートなどを登録できます。 作業者は、複数のジョブを同時に開始できます。 これはジョブのバンドル処理と呼ばれます。
  • 在庫の登録 – 作業者は、生産ジョブに直接関係しない作業現場で使用される材料を登録することができます。 例は、機械の稼働を保持するために使用されるグリース、潤滑油、または他の材料です。 登録は在庫仕訳帳で行います。
  • プロジェクトの登録 (時間と出勤で使用可能) – 作業者は、自分のジョブ リストに表示されるプロジェクトまたはプロジェクト活動に関する作業の開始と終了などを登録できます。
  • プロジェクト手数料およびプロジェクト品目の登録 (時間と出勤で使用可能) – 作業者は、マイレージおよび橋の通行料など、プロジェクト手数料仕訳帳のプロジェクトに関連付けられている手数料 (経費) を登録できます。 また、作業者はプロジェクトで消費する品目の登録も可能です。 これは、プロジェクト品目仕訳帳で行います。
  • 別の作業者のアシスタントとしての登録 – 複数の作業者が 1 つの生産ジョブまたは 1 つのプロジェクトで共同作業を行う場合、作業者は機械のアシスタントまたは次にパイロットになる別の作業者のアシスタントとして登録できます。 必要に応じて、パイロットは別の作業者をパイロットとして選択できます。
  • 休暇の登録 (時間と出勤で使用可能) – 作業者は、設定されたさまざまな休暇コードに時間を登録できます。 作業者が、遅れて到着する、作業日中の休暇を要求する、または標準作業時間プロファイルを基準として予定より早く出発する場合に、休暇を示すことは可能です。
  • 休憩の登録 (時間と出勤で使用可能) – 作業日中、作業者はワークステーションを離れて休憩すると登録できます。 複数の休憩タイプを設定できます。 作業者が戻り、再度ログオンすると、システムは作業者が戻り、休憩登録を中止すると登録します。
  • 間接活動の登録 (時間と出勤で使用可能) – 間接活動は、部門の会議、チームの会議、または作業現場で実施される管理ジョブなど、作業者が作業日中に従事する場合がある非生産活動です。 作業者は、設定された間接活動を登録できます。
  • 残業の登録 (時間と出勤で使用可能) – 作業者が長時間作業するよう求められた場合、追加時間をフレックス タイムとして登録するか、残業として登録するかを選択できます。