リソースの能力

この記事は、リソース能力に関する情報を提供します。 能力とは、運営リソースが特定の活動を実行する能力です。 この記事では、活動に適切なリソースを選択するための実力のレベルや優先順位などの能力および関連する概念の使用方法を説明します。

能力とは、運営リソースが特定の活動を実行する能力です。 運営リソースには複数の機能を割り当てることができ、機能も複数のリソースに割り当てることができます。 リソースへの機能の割り当て開始日と有効期限を定義して一時的に割り当てることができます。 リソースの能力が期限切れになると、リソースを、その機能を必要とするプロジェクトや生産にスケジュールすることはできません。 期限切れ機能は更新できます。 有効な製造オーダーの生産工順の一部または工順リレーションにない限り、機能は削除できます。 一般に、機能を削除する際、注意が必要です。 代わりに、機能を持つリソースの有効期限の調整を検討してください。 機能をリソースのすべてのタイプに割り当てることができます : ツール、仕入先、機械、場所、設備、または人的資源。

レベル

複数のリソースは多くの場合、実力 (たとえば、強み、処理速度、または正確性など) はさまざまなレベルであっても同じ機能能力があります。 したがって、機能をリソースに割り当てる場合、[レベル] 値を指定します。 レベルは、単純な数値です。 能力に生産工順のリソース要件を指定する場合、その能力の [必要な最低レベル] 値を指定できます。 スケジューリング エンジンでは、同じレベルの必要な機能かまたはリソース要件で指定された最低レベル以上の必要な機能があるリソースのみを選択します。

優先順位

同じ能力を備えた運営リソースは、優先順位を割り当てることができます。 そして、複数のリソースが必要なレベルでスケジューリング要件を満たし、空き容量を持つ場合、スケジューリング エンジンはそれらのリソースから選択できます。 [スケジューリング パラメーター] ページの [一次リソースの選択] フィールドで [優先順位] が選択されている場合、最も優先度の高いリソース ([優先順位] フィールドの最小数値) がスケジューリング中に最初に選択されます。

リソース要件

生産工順のリソース要件を定義する場合、一つ以上の機能を条件として指定できます。 生産スケジュールを実行している間、工順工程のリソース要件で定義されている機能がリソースに対して定義されている機能と照合されます。 条件を満たす機能をもつリソースが選択されます。 複数のリソースで、実力 (強み、処理速度、または正確性など) がさまざまであっても、同じ機能能力を持つ場合、複数の機能を定義するか、またはリソースの機能を適応するための機能レベルを使用できます。 次に例を示します。

  • 工順で、穴あけ処理時間は 1 時間あたり 10 単位に設定されますが、要件自体は「穴あけ」として定義されます。
  • 2 台の穴あけ機械、M1 と M2 があります。
  • 「穴あけ」という機能は、M1 の機械と M2 の機械の両方のリソースに割り当てられます。
  • M1 の機械は 1 時間あたり 2 単位をあけることができ、M2 の機械は1時間あたり 11 単位をあけることができます。

たとえば、どちらの機械も、「穴あけ」という基本機能の要件を満たしているので、スケジューリング エンジンによって選択できます。 ただし、M1 の機械は 1 時間あたり 2 単位のみあけることができます。 このレートは工順で指定された 1 時間あたり 10 単位よりかなり小さいため、これが選択された場合、M1 の機械は生産問題を発生させます。 この問題を解決し、代わりに M2 の機械が選択されていることを確認する 2 つの方法があります。

  • 「低速穴あけ」と「高速穴あけ」という、2 種類の別々の機能を作成する必要があります。 「低速穴あけ」とは、1 時間あたり 1 から 9 単位の処理時間による穴あけと定義します。 「高速穴あけ」とは、1 時間あたり 10 から 19 単位の穴あけ処理時間による穴あけと定義します。 その後、M1 マシンに低速穴あけ機能を割り当て、M2 マシンに高速穴あけ機能を割り当てます。 最後に、ルート上のリソース機能要件を高速穴あけに変更します。 スケジューリング エンジンは、正しい機械 (M2) を選択します。
  • 穴あけ機械に割り当てられている「穴あけ」機能を利用する場合、機能レベルを使用します。 M 1 マシンにレベル 2 の穴あけ機能があり、M 2 マシンにレベル 11 の穴あけ機能があることを指定します。 次に、ルート上の穴あけ能力要件に必要な最小レベルを 10 と指定します。 これにより、スケジューリング エンジンは M2 の機械のみがリソース要件を満たすことを確認します。

人事管理のコンピテンシー

人事管理の作業者に関連付けられている [人事管理] タイプの運営リソースがある場合、生産工順のリソース要件を定義するときに、作業者のコンピテンシーを使用できます。 つまり、特定のスキル、コース、免許、または肩書条件を指定できます。 スケジューリング エンジンは、それぞれの作業者にリンクされているリソースを選択することができ、その選択はそれぞれの作業者のコンピテンシーに基づいています。 コンピテンシーは、[リソースの能力] ページではなく、[人事管理] で設定します。 リソース要件にスキル、コース、免許、または肩書を定義する場合、人事管理機能を使用して、対応する作業者に [人事管理] タイプの各リソースをリンクする必要があります。 人事管理機能を使用していない場合は、[リソースの能力] ページで、人事管理からそのコンピテンシーに似たまたはそれをコピーした機能を定義できます。 ただし、[リソースの能力] ページには、スキル、コース、免許または肩書を管理するために必要な機能は含まれていません。