製造における材料の置き換え

このトピックでは、生産プロセス中に材料を置き換える方法について説明します。

生産プロセス中には材料を置き替える 3 つの方法があります:

  • 日付別に、特定の日付の後に 1 つの材料が別の材料に置き換えられる場合
  • マスター プラン中、フォーミュラの材料が在庫切れのとき、別の材料に置き換えられる場合
  • 製造中、材料が予想に反して在庫切れとなり、別の材料によって置き換えられる場合

日付別による材料の置き換え

以下のシナリオを考慮してください: 会社が製造しているコンピューターに 2 か月で仕入先のカタログから有効期限切れになるコンポーネントが含まれています。 有効期限後に、仕入先はその古いコンポーネントを置き替えることができる新しいコンポーネントを提供します。 有効期間の開始日および終了日は部品表 (BOM) 明細行で設定できます。 この例では [終了日] フィールドに有効期限を入力して、古いコンポーネントが期限切れになるように設定できます。 その後、交換する新しいコンポーネントを BOM 上で設定し、新しいコンポーネントが、古いコンポーネントの有効期限が切れた日の翌日から有効になるようにします。 これを行うには [開始日] フィールドで開始日を入力します。

計画による材料の置き換え

BOM を使用している場合ではなく、フォーミュラを使用している場合にのみ計画時に材料を置き換えることができます。 以下のシナリオを考慮してください: 食品製造会社が 20 の材料を持つフォーミュラからソースを製造しています。 フォーミュラの 1 つの材料は、その他の 2 つの材料の内の 1 つで代用できます。 ただし、これら 2 つの材料は優先材料より値段が高いので、優先材料が在庫切れである場合にのみ置換が使用されます。 置換可能な材料は A と呼ばれるの対して、それを置き換えることができる 2 つの材料は B と C と呼ばれます。計画による材料の置き換えは、フォーミュラ明細行の計画グループおよび優先順位によって管理されます。 この例では、3 つの材料のフォーミュラ明細行を作成し、そのフォーミュラ明細行を同じ計画グループに関連付けます。 設定では、材料 Aのフォーミュラ明細行には最も高い優先順位 (最小値) があり、材料 C のフォーミュラ明細行には最も低い優先順位があり、材料 B のフォーミュラ明細行には他の 2 つの明細行の優先順位の間の優先順位があります。 完成品目の需要がある場合は、マスター プランは最初、材料 A の需要がカバーできるかどうかを決めます。 需要がカバーされない場合、マスター プランには、優先順位の順に材料 B と C が表示されます。 材料 B が手持在庫にある場合、計画バッチ オーダーがフォーミュラに対して確定されます。 すべての材料の手持在庫がない場合は、マスター プランは材料 A の計画オーダーを作成します。 注記: 計画グループのフォーミュラ明細行を設定すると、最も優先順位が高い材料のみに数量を指定します。 この数量は、計画にある優先順位の低い材料を含むすべての材料の需要を計算するのに使用されます。 計画グループに入っている優先順位の低い品目に異なる数量を指定することはできません。

生産中の材料の置き換え

次のシナリオを考慮します: 金属板は溶接作業に必要です。 作業中に、倉庫作業員が機械オペレーターに板が在庫切れであることを通知します。 しかし、板はやや厚い板で代用できることが決まりました。 この方法で行うことによって、作業を終了することができます。 未処理の製造オーダーに対して材料を BOM に追加できます。 製造オーダーの状態が開始済である場合、製造 BOM に新しい品目を追加するときに注文の再見積を求められます。 材料を追加した後、新しい品目に対するピッキング リストを新たに作成できます。 製造 BOM に新しい材料を追加する必要はありません。 代わりに、生産ピッキング リストへ直接追加できます。 その後、ピッキング リストを転記するとき、システムは材料を製造 BOM に追加します。