ジョブ スケジュールのガント チャート

ガント チャートは、生産のスケジューリング者を生産計画の制御および最適化のためにサポートするよう設計されています。 ガント チャートは、工程の流れを透明化し、材料またはリソースの不足を考慮しながら、生産スケジュールを調整しやすくします。 これにより、スケジューリング者の使用可能なリソースを最大限活用し、進行中の作業の最小化、および製造オーダーのスループットの時間を最適化できます。

ガント チャートは、生産のスケジューリング者を生産計画の制御および最適化のためにサポートするよう設計されています。 ガント チャートは、工程の流れを透明化し、材料またはリソースの不足を考慮しながら、生産スケジュールを調整しやすくします。 これにより、スケジューリング者の使用可能なリソースを最大限活用し、進行中の作業の最小化、および製造オーダーのスループットの時間を最適化できます。

ガント チャートは、定義された期間内でスケジュールされている活動の視覚表現です。 活動は、能力カレンダーで定義されている能力を持つリソースにスケジュールされます。 ガント チャートには、次のタイプの活動を表示することができます。

  • ジョブ スケジュールに設定された製造オーダーからのジョブ。
  • 計画製造オーダーからのジョブ。
  • 時間予測タイプのジョブ スケジューリング済のプロジェクト活動。

ガント チャートは、注文の表示 および リソース ビューの 2 つの異なるビューで開くことができます。 注文の表示 では、活動は製造オーダーの下にグループ化されます。 これは、たとえば、同じ注文に属するすべてのジョブの概要を管理したい場合に役立ちます。 リソース ビュー では、すべてのジョブが個々のリソースの下にグループ化されます。 たとえば、機械や機械のグループなど、リソース レベルでの計画の最適化を行う場合、このビューは役に立ちます。 次に示す図で、ガント チャートは次の主要な要素とともに 注文の表示 および リソース ビュー を表示します。

  1. ガント チャートの活動
  2. 材料不足アイコン
  3. 材料の使用可能性アイコン
  4. 注文発送日アイコン
  5. 能力バー

注文の表示

オーダー ビュー

リソース ビュー

リソース ビュー

活動

活動はバーとして表示され、予定された開始時刻および終了時刻とともにタイム スケール グリッドで整理され、バーの長さは活動を完了させるのに必要な時間に比例します。 活動はタイム スケールに従って表示されます。 開始日と終了日、および、時間または日数などの時間単位を選択するメニューから、タイム スケールを調整することができます。 タイム スケールを調整することによって、活動を管理したい時間間隔にフォーカスできます。

概要を分かりやすくするため、活動の色を制御するためのさまざまなオプションがあります。 活動ごとに個別の色が設定でき、アプリケーションに使用される一般配色テーマのテーマ色を使用したり、製造オーダーの色コードに基づいて制御される色を設定できます。

活動の時間間隔は背景シェードで表示されます。 白いシェードの期間は、活動のためのリソースに基づく定義された能力を持つ時間間隔を示し、グレー シェードの期間は定義されていない能力を持つ時間間隔を示します。

チャートの左側には、活動が予定されているリソースと製造オーダー番号など、活動についての追加情報があります。 同じ注文に属するジョブ間の関係は矢印で表示されます。

活動に関する詳細情報は、活動ダイアログ ボックスで入手できます。 ダイアログ ボックスを開くには、活動をダブルクリックするか、情報 メニューを選択します。 活動のダイアログでは、スケジュールされた開始日と終了日、およびどの材料が活動に使用されるかに関する時間情報を表示できます。

活動は、グループ化レベルでグループ化できます。 グループ化レベルは階層的で、活動の論理グループ構成のために使用できます。 たとえば、製造活動がサイト、生産単位、リソース グループ、およびリソース別にグループ化されたレイアウトがある場合、そのレイアウトに従って活動をグループ化するグループ化レベルを使用することができます。 グループ化レベルは、メニューの すべて展開 および すべて折りたたむ ボタンで、個別のグループ化レベルまたはチャート内のすべてのレベルを展開し折りたたむことができます。 チャートを開いたとき展開または折りたたむようにグループ化レベルを設定することもできます。

材料の使用可能性

ガント チャートでは、スケジューリング者に個々の活動の材料のステータスに関する詳細な情報を提供するよう設定できます。 これはたとえば、材料が遅延し生産計画に影響を与える場合に役立ちます。 この場合、スケジューリング者が影響を理解し、必要な調整を行うために、材料の問題がガント チャートで強調表示されます。

ジョブのスケジュール開始日が、ジョブによって消費される材料の使用可能日より後の場合には、ジョブが材料不足アイコンとともに表示されます。 使用可能日は、動的マスター プランのペギング情報に基づいて計算されます。 材料不足アイコンは、ジョブの予定開始日以降に受入のある発注書に対して固定された材料を消費しているジョブなどに表示されます。

材料使用可能日のインジケータ

ジョブの材料不足を表示するようチャートを設定した場合、ジョブの材料使用可能日を示すアイコンも表示されます。 アイコンは、材料使用可能日がチャートの定義済の時間間隔内であるときのみ表示されます。 材料使用可能日が定義された時間間隔外に存在する場合、ジョブのダイアログ ボックスにある材料のリストから、材料の使用可能性に関するより詳細な情報を取得できます。 一覧には、ジョブに対して材料が遅延していることを示すアイコンもあります。 材料使用可能日を開始日として使用して、ジョブを再スケジューリングすることができます。

注文出荷日のインジケータ

このアイコンは、製造オーダーの出荷日を示します。 アイコンは、注文の表示にのみ表示されます。

能力バー

チャートにリソースの能力バーを表示するよう設定することができます。 このバーは、チャートの定義済の時間間隔における活動のための、リソース能力の概要を示します。 リソースが予約されていない期間については、能力バーは表示されません。 リソースが能力に予約されている期間は、能力バーが実線で表示されます。 リソースが予約を超過している期間は、バーが太く赤色で表示されます。 たとえば、2 つのジョブが重複する場合、能力バーは重複が存在する時間間隔が予約超過していることを示します。 ジョブをスケジューリングすると、能力バーは動的に更新されます。 能力バーの表示 メニューで能力バーを有効にできます。 リソース ビュー にのみ表示されます。 リソースの最大能力負荷についての詳細を取得したい場合は、メニューまたは選択した活動のコンテキスト メニューから開くことができる 最大能力負荷 チャートを使用します。

ガント チャートでのジョブのスケジューリング

ガント チャートには、生産計画を調整するためのさまざまなオプションが用意されています。 ガント チャートでは、ドラッグ アンド ドロップ操作で、またはスケジュール メニューから、活動を再スケジューリングできます。 計画プロセスでは、リソース能力、リソースの機能、および材料の制約を考慮に入れることができます。

ドラッグ アンド ドロップ操作でジョブをスケジューリング

ドラッグ アンド ドロップ操作で、定義された期間内でジョブを再スケジューリングできます。 同じリソースのジョブのみが再スケジュールでき、一度にスケジュールすることができるジョブは 1 つだけです。

メニューからジョブをスケジューリングする

ジョブのスケジュール設定 メニューで、スケジューリング指示とスケジューリング日時に基づき、チャート内の 1 つ以上の選択したジョブをスケジューリングできます。 使用可能なスケジューリング指示は 3 つあります。

  • スケジューリングの日付からフォワード
  • スケジューリングの日付からバックワード
  • 材料の使用可能日以降

ガント チャートの定義された期間外にジョブをスケジューリングすることはできません。 これを行った場合は、ジョブが未スケジュールのままになり、「読み込まれた期間内にジョブをスケジュールできませんでした。」というエラー メッセージが表示されます。

前のジョブのスケジュール設定

同じ製造オーダーに所属するジョブなどの活動のネットワーク内で、前のジョブのスケジュール設定 機能を使用して、ネットワーク内で選択したジョブに関連する前のジョブをスケジューリングできます。 次の例では、強調表示された活動が選択したジョブです。

以前
変更後

次のジョブのスケジュール設定

次のジョブのスケジュール設定 機能を使用して、活動のネットワーク内で選択したジョブに関連する次のジョブをスケジューリングできます。 次の例では、強調表示された活動が選択したジョブです。

以前
変更後

ジョブに関するスケジュール

ジョブに関するスケジュール 機能を使用して、活動のネットワーク内で選択したジョブに関連する次のジョブと前のジョブをスケジューリングできます。 次の例では、強調表示された活動が選択したジョブです。

以前
変更後

ジョブの調整

調整 機能を使用して、同じリソースで選択した活動を調整することができます。 これらの活動は活動の同じネットワーク内にありますが、別のネットワークに属していることも可能です。 調整機能を使用すると、選択した活動間の時間のギャップが削除されます。 この機能を使用して、リソースの能力利用を最適化できます。

以前
変更後

活動を 1 つのリソースから別のリソースに再割り当てする

ジョブを 1 つのリソースから別のリソースに再割り当てすることができます。 これは、機械が故障または予約超過しており、ジョブを実行できる他の使用可能リソースを検索する必要があるような状況で役立ちます。

ドラッグ アンド ドロップ操作で活動を再割り当てする

リソース ビューで、ガント チャートの別のリソースにドラッグ アンド ドロップ操作で活動を再割り当てすることができます。 活動がスケジューリングされている行を選択して操作を行います。 行を選択した後、別のリソースのグループ化レベルの下にグループ化されたチャート内のリソースに、行をドラッグできます。

ジョブのスケジュール設定メニューから活動を再割り当てする

ジョブのスケジュール メニューから開かれた ジョブのスケジュール ダイアログ ボックスから、ジョブを再割り当てすることができます。 このメニューからは、既にガント チャートに読み込まれているリソースにのみジョブを再割り当てすることができます。 1 つのジョブのみを選択した場合、リソースのドロップダウンは、適用可能なリソース別に並べ替えられます。 さらにジョブを選択した場合、リソース リストからの適用可能なリソースに関する情報は表示されません。

ガント チャートにその他のリソースを読み込む

リソース ビュー では、ガント チャートにその他のリソースを読み込むためのオプションがあります。 これは、予約超過または故障した機械にスケジュールされているジョブの代替リソースを検索したい場合に役立ちます。 追加のリソースを読み込み ページで、リストを開いた日付の時点で日付が有効なリソースの一覧が表示されます。 ガント チャートで選択したジョブに関連する、適用可能なリソースが最初に表示されます。 リストを開く前にジョブが複数選択されている場合は、適用可能なリソースは表示されません。 その他のリソースの読み込み ページで、選択内容を確定するときガント チャートに読み込まれる、1 つ以上のリソースを選択することができます。 ガント チャートの期間内の、選択されているリソースにスケジュールされたジョブが何もない場合、リソースはガント チャートの活動一覧の最後にある、リソースのグループ化レベルの下に配置されます。

ガント チャートにアクセスする

ガント チャートは、次のページから開くことができます。

ページ 説明
製造オーダー リストと詳細 製造オーダー リストと詳細 ページで、1 つ以上の選択した注文からガント チャートを開くことができます。 ガント チャート メニュー項目からチャートを開くと、選択した製造オーダーに関連するすべてのジョブだけでなく、同じリソースにスケジュールされている他の製造オーダーからのジョブも読み込まれます。 ガント チャート - 高速ビュー メニュー項目からチャートを開くと、選択した製造オーダーに関連するジョブのみが読み込まれます。 このビューでは、ジョブをスケジューリングすることはできません。
リソース リソース ページで、メニュー項目 ガント チャート からガント チャートを開くことができます。 選択すると、選択された期間内にリソースにスケジュールされているすべてのジョブがチャートに読み込まれます。
リソース グループ リソース グループ ページで、メニュー項目 ガント チャートからガント チャートを開くことができます。 選択すると、リソース グループのリソースにスケジュールされているすべてのジョブが選択された期間内に表示されます。
ガント チャート ガント チャート ページでは、リソースおよびリソース グループごとにガント チャートを設定できます。 たとえば、特定のリソース セットまたはリソース グループの生産活動を制御したい場合、ガント チャート ページでこれらの個別の設定を行うことができます。 各設定からガント チャートを開くことができます。
時間予測 (プロジェクト) 時間予測 タイプのプロジェクト活動をリソースにジョブ スケジューリングできます。 スケジューリング メニューの 時間予測 ページで、ジョブ スケジューリングされた時間予測タイプのプロジェクト活動を確認するため、オーダーのガント チャートを開くことができます。
完了するジョブ (生産フロアの管理 ワークスペースに表示) 生産フロアの管理で表示される完了するジョブ ワークスペースは、ワークスペース用に選択されたリソースで進行中の、製造オーダーおよびバッチ オーダーからのジョブを表示します。 ガント チャート メニュー項目でガント チャートを開くことができ、一覧で選択されたすべてのジョブがチャートに読み込まれます。
リリースする製造オーダー (生産フロアの管理 ワークスペースから開く) リリースする製造オーダー ページは、生産フロアの管理 ワークスペースから開きます。 このページでは、スケジュールされているリリース保留中状態の製造オーダーおよびバッチ オーダーが表示されます。 このページでは、選択した製造オーダーのガント チャートを開くことができます。