代替配送先

受注管理者は、代替配送処理ページを使用して、代替注文処理オプションを検出できます。

Microsoft Dynamics 365 for Operations バージョン 1611 (2016 年 11 月) では、受注管理者は、代替配送処理ページ を使用して、代替注文処理オプションを検出できます。 再設計されたページ レイアウトには、すべての代替オプションの詳細な概要が表示されます。 また、受注管理者は既存の会社の情報だけではなく、フルフィルメント案件も確認できます。 会社間の営業案件および外部仕入先の営業案件の両方を表示できるようになりました。 配送日ごとにオプションを並べ替えることで、受注管理者は、代替配送処理におけるインテリジェント リストを表示できます。 さらに、パラメーターでは、提示された出荷を効率的に管理するのに役立ちます。 配送時間は、出荷日に影響する可能性があるため、受注管理者は、配送業者が提供しているさまざまな配送選択を参照できます。 各提案には詳細な情報が表示されているため、受注管理者は 代替配送処理 ページからの情報に基づいて、決定を行うことができます。

代替配送処理ページを開く

販売注文明細行の 代替 配送処理 ページを開くことができます。

  1. 製品と供給 > 代替配送処理 の順にクリックします。
  2. 明細行の詳細 > 配送 > 代替配送処理 の順にクリックします。

販売注文の処理と照会 ワークスペースを開いて、注文およびお気に入り > 遅延注文明細行 > 代替配送処理 の順にクリックして、代替配送処理 ページを開くこともできます。注: 両方の条件を満たせる場合にのみ、代替配送処理 ページを開くことができます。

  • 販売明細行の必須情報すべてが入力されます。
  • 配送日の管理 フィールドには、なし 以外の値が設定されます。

配送日管理方法

配送日管理方法により、配送日の設定方法、代替配送処理の計算方法、および表示される情報が指定されます。 配送日管理方法はカレンダーを考慮に入れます。 したがって、提案された入庫日は倉庫カレンダー、輸送カレンダー、仕入先カレンダー、および顧客カレンダーに影響される可能性があります。 次の表では、配送日管理の各方法が説明されています。

方法 説明
なし
  • 販売明細行で代替配送処理がサポートされていません。 このオプションは、配送データ管理を無効にします。
販売リード タイム
  • 代替配送処理は、事前に定義された販売リード タイムに基づいて計算されます。 配送日数は、荷渡方法に基づいて計算されます。
  • 代替配送処理には、手持在庫および供給/需要注文がある倉庫が含まれます。
ATP
  • 納期回答可能在庫 (ATP) ロジックに基づいて代替配送処理が計算されます。 現在の使用可能性および将来的に予想される使用可能性が考慮されます。 配送日数は、荷渡方法に基づいて計算されます。
  • 代替配送処理には、手持在庫および供給/需要注文がある倉庫が含まれます。
ATP + 払出安全日数
  • 代替配送処理は、ATP メソッドを使用する場合に計算されますが、払出安全日数が計算に含められます。
CTP
  • 納期回答可能在庫 (CTP) ロジックに基づいて代替配送処理が計算されます。 MRP 展開は、使用可能性を確認するのに使用されます。 少なくとも、CTP は納期を販売リードタイムに相殺することに注意してください。 配送日数は、荷渡方法に基づいて計算されます。
  • 代替配送処理には、次の倉庫に対する提案が含まれています。
    • 現在の倉庫
    • 既定の倉庫
    • 使用可能な手持在庫があるすべての倉庫
    • 供給の注文があるすべての倉庫
    • 有効な部品表 (BOM) バージョンがあるすべての倉庫

代替配送処理に関する情報の表示

このセクションでは 代替配送処理 ページの各タブに表示される代替配送処理について説明します。

製品

このタブでは、製品の概要と現在の販売明細行の詳細が表示されます。

代替配送先

このタブには、受領書データで並べ替えられた代替配送処理が一覧表示されます。 リストの上では、提案のベースとなるオプションを選択できます。 配送日数を指定する荷渡方法を選択することもできます。 次のオプションを使用できます。

  • その他の製品バリアントを含める: このオプションは、製品バリアントがある製品に対して使用可能です。 その製品の他のバリアントの代替配送処理が含まれています。 このオプションは、CTP には使用できません。
  • 部分的な数量を含める場合: 既定では、販売明細行の全数量を満たす提案のみが含まれています。 このオプションを選択すると、注文明細行を一部のみ満たすための提案を含めることができます。 このオプションは、顧客がより早い納期を要求し、部分配送を受け入れる場合に便利です。
  • 後の日付を含める: 既定では、販売明細行の現在の日付よりも良い (より早い) 提案のみが表示されます。 後の日付を含める場合は、このオプションを選択します。 このオプションは、日付以外のパラメーターが優先される状況で役立ちます。 たとえば、特定の仕入先と倉庫が推奨されることができます。
  • 荷渡方法 - 配送時間と原価を最適化できる推奨されている荷渡方法を選択します。 推奨される代替配送処理への影響がすぐに表示されます。 したがって、代替オプションを簡単に比較できるようになります。
  • 調達を含める - 調達を選択すると、推奨される代替配送処理には、外部仕入先とその他の企業 (会社間) の両方から調達するオプションが含まれます。 調達を含める オプションは、ATP および ATP + 払出安全日数のサポート利益幅の配送日管理でサポートされています。 製品の既定仕入先と製品の承認済み仕入先すべてからの調達オプションが含まれています。
  • 外部仕入先の場合は、調達リード タイムに基づいて計算されます。
  • 会社間の場合は、調達会社の配送日管理に基づいて、調達会社からの入手可能なものが考慮されます。
  • 配送タイプ (調達に関連)
    • 在庫 - 製品は販売明細行上にあるサイト/倉庫へ調達倉庫から出荷されます。 その倉庫から顧客へ出荷されます。
    • 直納 - 製品は調達倉庫から顧客に直接出荷されます。

在庫情報

このタブの情報は選択した代替配送明細行に関連しています。 販売注文明細行の配送日の管理によって、次の情報が表示されます。

  • 販売リード タイム

    • 現在利用可能 - 現在現物手持在庫、現物引当済在庫、利用可能な現物在庫を表示します。
    • パラメーター - 在庫単位と販売リード タイムを表示します。
  • ATP および ATP + 払出安全日数

    • 現在利用可能 - 現在現物手持在庫、現物引当済在庫、利用可能な現物在庫を表示します。
    • パラメーター - 在庫単位と販売リード タイムを表示します。
    • 将来の使用可能性 - 選択したサイトおよび 代替配送処理 の倉庫における現在および未来の使用可能性がグラフで表示されます。 グラフ列をクリックして製品の未来の使用可能性に関する詳細情報を表示できます。 スライダーには、ATP タイム フェンス内に関連する需要および供給注文が一覧表示されます。
  • CTP

    • 現在利用可能 - 現在現物手持在庫、現物引当済在庫、利用可能な現物在庫を表示します。
    • パラメーター - 在庫単位と販売リード タイムを表示します。
    • 展開 - 選択した代替配送処理の供給展開を表示します。 設定 でフィールドを変更し、展開に表示される分析コードを変更します。

選択した代替の影響

このタブには、選択した代替配送処理の影響が強調表示されます。 OK をクリックすると、販売注文明細行は、選択した列の強調表示された値で更新されます。 選択された代替配送処理の数量が販売注文明細行の数量より少ない場合は、配送スケジュールが作成されると、注文明細行が 2 つの行に分割されます。選択した数量と残余数量それぞれに 1 つの明細行が生成されます。 業務行を更新してスケジュール明細行と一致させ、価格設定に影響を与えることもできます。

参照

注文納期日