販売契約書

この記事は、販売契約書に関する情報を提供します。 販売契約書は、特定の数量または特定の量の製品を、一定期間に特別価格と割引で購入することを顧客と約束する契約です。

販売契約書は、特定の価格、特別割引、支払や配送条件などのそのほかの特別な条件と引き換えに、長期にわたって特定の数量または特定の金額で製品を購入できることを顧客に約束する契約です。 販売契約書の価格と割引により、存在する売買契約で指定された価格や割引は上書きされます。

販売契約の有効期間は、契約の有効日有効期限フィールドで定義されます。 注文の指定出荷日が有効期間内である場合、顧客の販売注文は契約条件に適合します。 販売契約書にリンクされているすべての販売注文明細行が、その販売契約書の履行に使用されます。

リリース注文アクションを使用して、販売契約書の販売注文を直接作成できます。 また、注文を取る場合の有効な販売契約書を選択できます (この項目の「注文プロセスでの販売契約書の適用」セクションを参照)。

注記: 以前のバージョンでは、販売契約書は販売一括注文と呼ばれていました。

確約のタイプ

販売契約書の各行は、物を販売する確約を示します。 一般に、確約には 2 つのカテゴリがあります:

  • 価値確約 – 顧客が特定の金額で製品を購入することに合意します。
  • 数量確約 – 顧客が特定の数量で製品を購入することに合意します。

また、契約では、製品カテゴリの特定の製品を購入できることを顧客に確約することができます。 これら 2 つの要素 (価値と数量、特定製品と製品カテゴリ) を組み合わせて、次の 4 つのタイプの確約が提供できます。

  • 製品数量確約 – 顧客が特定の数量で製品を購入することに合意します。 この確約タイプを使用する明細行は、合意した品目番号、数量、単位で定義されます。 金額フィールドは使用できません。
  • 製品価値確約 – 顧客が特定の金額で特定の製品を購入することに合意します。 この確約タイプを使用する明細行は、合意した品目番号と金額で定義されます。 数量フィールドと単位フィールドは使用できなくなります。
  • 製品カテゴリ価値確約 – 顧客が特定の金額で特定の販売カテゴリの製品を購入することに合意します。 この確約タイプを使用する明細行は、販売カテゴリ階層の販売カテゴリ、および金額で定義されます。 数量フィールドと単位フィールドは使用できなくなります。
  • 価値確約 – 顧客は、特定の金額で、任意の調達カテゴリの製品を購入することに合意します。 数量フィールドと単位フィールドは使用できなくなります。

同じ販売契約書の明細行に、さまざまなタイプの確約を使用できます。

販売契約書の価格条件

価格決定条件は、確約のタイプに応じて異なる場合があります。 販売契約書にリンクされている販売注文で、その販売契約書の価格決定条件は、売買契約に基づいて適用する他の価格決定条件よりも優先されます。 次の表に、各確約タイプによって影響を受ける価格関連フィールドを示します。 「はい」は、注文明細行でフィールドが更新できることを示します。

取引契約のタイプ 単価 価格単位 割引率 現金割引金額
製品数量確約
製品価値確約
製品カテゴリ価値確約
価値確約

販売契約ポリシー

次のポリシーは、販売契約書の確約と対応する販売注文明細行間のリンクの動作方法に影響します。

  • 最大値の適用 – すべての注文明細行の合計数量または合計金額が、関連する確約で指定された数量または金額を超えることはできません。
  • 価格/割引の固定 – 注文明細行の価格および関連する確約の価格は同じである必要があります。 注文明細行で価格を変更すると、確約へのリンクが破損します。 そのリンクが破損すると、注文明細行が確約の履行に使用されません。
  • 最小リリース金額最大リリース金額 – 金額を指定したときに、注文明細行が関連する確約と異なるために注文明細行を変更した場合にメッセージを表示します。

販売契約のフルフィルメント計算

販売契約書ページの行の詳細クイック タブにある履行タブに、フルフィルメントの数量および金額が表示されます。

履行領域で、指定された販売契約書にリンクされているすべての注文明細行の合計数量および合計金額を表示できます。 また、確約の履行に必要な残余金額または残余数量も表示できます。

契約領域で、指定された販売契約書の数量および金額を表示できます。 これらの数量および金額は、確約された合計数量および合計金額です。

販売契約書の確認およびバージョン履歴

販売契約書を確認すると、販売契約書の現在のバージョンが履歴テーブルに保存されます。 販売契約書を変更した場合、その販売契約書を再確認してその別のバージョンを履歴に保存できます。

販売契約書を確認しない場合は、その契約書を使用して販売注文を作成することができます。 ただし、販売契約書の履歴情報は保存されません。

確認のすべての変更をプレビュー表示したり、印刷したりできます。 その後、承認を得るためにそれらの変更を顧客と共有できます。

注文プロセスでの販売契約書の適用

販売契約書に対して直接販売注文をリリースしない場合は、注文入力プロセス中に販売契約書を注文にリンクすることができます。 新しい販売注文を作成して、販売契約書、その契約の条件 (支払条件、配送条件、配送先住所など) を選択すると、注文ヘッダーに適用され、契約と注文間のリンクが作成されます。 その後、注文明細行上で、販売契約書で指定された製品およびカテゴリを選択できる場合、価格と割引が契約からコピーされます。 同一の販売注文に、販売契約書に関連しない明細行と販売契約書の確約がある明細行の両方を含めることができます。

販売契約書にリンクされている販売注文の変更

販売契約書に対して販売注文を作成した場合、販売注文の一部のフィールドは、関連付けられている販売契約書明細行へのリンクを削除した場合にのみ変更できます。 次の表に、これらのフィールドの一部を示します。

フィールド 説明
出荷予定日 出荷予定日を、販売契約書明細行の有効日の値よりも前の日付に変更した場合、変更された出荷日を保存する前に販売契約書明細行へのリンクを削除する必要があります。 出荷予定日を、販売契約書明細行の有効期限の値よりも後の日付に変更した場合、変更された出荷日を保存する前に販売契約書明細行へのリンクを削除する必要があります。
CurrencyDiscount, percentDiscountUnit, pricePrice, unitNet の金額 これらのフィールドのいずれかの値を変更し、関連付けられている販売契約書明細行で価格/割引の固定チェック ボックスがオンになっている場合、次のように変更の保存を求めるダイアログ ボックスが表示されます。 販売契約書明細行へのリンクを削除して価格を再計算するには、[はい] をクリックします。 価格を再計算せずに販売契約書明細行へのリンクを削除するには、[いいえ] をクリックします。
正味金額 最大値の適用チェック ボックスがオンになっている販売契約明細行で指定された金額を超える金額を指定した場合、次のように変更した金額の保存を求めるダイアログ ボックスが表示されます。 販売契約書明細行へのリンクを削除して価格を再計算するには、[はい] をクリックします。 価格を再計算せずに販売契約書明細行へのリンクを削除するには、[いいえ] をクリックします。
件数 最大値の適用チェック ボックスがオンになっている販売契約明細行で指定された数量を超える数量を指定した場合、次のように変更した数量の保存を求めるダイアログ ボックスが表示されます。 販売契約書明細行へのリンクを削除して価格を再計算するには、[はい] をクリックします。 価格を再計算せずに販売契約書明細行へのリンクを削除するには、[いいえ] をクリックします。

販売契約書から注文した品目の返品

顧客が販売契約書に基づいて注文した製品を返品するとき、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations は、数量または金額の変更を反映するために関連する販売契約書の確約を検索して自動的に更新することができます。 販売契約書にリンクされている元の販売注文に基づいて返品注文を作成することで、販売契約書の確約、販売注文明細行、および返品注文の請求書の間の関係を設定できます。

返品品目の数量を販売契約書の確約から差し引かない場合は、返品注文ページのリンクの解除コントロールを使用して、返品注文と販売契約書の確約との間のリンクを削除することができます。 リンクを後で再構築する必要がある場合、リンクの作成をクリックします。

注記: 返品注文は、1 つの販売契約書のみにリンクできます。 顧客が複数の販売契約書に基づいて注文した複数の製品を返品する場合は、製品ごとに新しい返品注文を作成し、対応する販売契約書へのリンクを作成する必要があります。

販売契約書の自動検索

貸方票または会社間販売注文書を作成するなど、販売注文が間接的に作成された場合に、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations が適用できる販売契約書を自動的に検索するかどうかを制御できます。

販売契約の財務分析コード

財務分析コードをドキュメントのヘッダーまたは販売契約の個別の明細行にコピーできます。 契約書ヘッダーまたは契約項目の分析コードはいつでも変更できます。 この場合、分析コードはリリース注文のリリース ヘッダーまたはリリース行に自動的にコピーされます。