船荷証券の作成

このトピックでは、倉庫管理のプロセスを使用して、船荷証券の作成方法を説明します。

船荷証券は、配送業者と品目を出荷する会社間の法律文書です。 この文書は出荷済品目に添えられ、品目が宛先に配送されると出荷明細行として使用されます。 倉庫管理を使用する場合は、船荷証券を生成する 2 つの方法があります。

  • [船荷証券] ページを使用してレポートを手動で作成します。
  • [積荷計画ワークベンチ] からレポートを生成します。

[積荷計画ワークベンチ] から船荷証券を生成する場合は、積荷ステータスを [出荷済] にする必要があります。 積荷に複数の出荷がある場合、船荷証券は各出荷ごとに生成されます。 船荷証券の作成後、[船荷証券] ページで変更を加えることができます。

主船荷証券

1 つの積荷に複数の出荷がある場合、主船荷証券を生成します。 これは船荷証券と同じレイアウトおよび情報がありますが、すべての出荷の集計されたコンテンツが含まれます。 [輸送管理パラメーター] ページの [1 つの積荷に複数の出荷がある場合は主船荷証券を作成] オプションで [あり] を設定した場合、複数の出荷があるときに [積荷計画ワークベンチ] から主船荷証券を作成すると、主船荷証券が自動的に生成されます。 [関連情報] > [船荷証券] の順にクリックして船荷証券のリストを取得できます。 船荷証券を手動で作成する場合は、[船荷証券] ページで主船荷証券を作成できます。