複数の立ち寄りを伴なう貨物輸送ルートを計画する

この記事では、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise エディションで輸送ルートを計画するために使用するさまざまな要素について説明します。

複数の立ち寄りを伴う複雑な輸送ルートには、ルート計画およびルート ガイドを使用できます。 同じルートが定期的に使用される場合は、定期ルートを設定できます。

工順計画

ルート計画には、ルート上の立ち寄り先、および各セグメントに使用される配送業者に関する情報を提供しているルート セグメントが含まれます。 ルート上の立ち寄り先をハブとして定義する必要があります。 ハブは、仕入先、倉庫、顧客や、配送業者を変更する積地とすることができます。 各セグメントに対して、さまざまな請求金額の「スポット レート」を定義できます。 次にいくつか例を挙げます。

  • 指定されたセグメントへの旅費の請求金額
  • 商品のピックアップ料金
  • 商品配送料金

各ルート計画は、ルート ガイドと関連付けられている必要があります。

ルート ガイド

ルート ガイドは、積荷を特定のルート計画と照合するための基準を定義します。 例えば、発送元のハブと目的地のハブ、コンテナー容積または重量の制限、および出荷の配送業者、サービス、またはグループを指定できます。 ルート ガイドは、積荷を手動または自動でルートと照合できる [レート工順ワークベンチ] ページで使用することができます。 定期ルートのルート ガイドの場合は、[積荷構築ワークベンチ] ページでも使用できます。

スケジュール済み工順

定期ルートは、出荷日のスケジュールが決まっている事前定義されたルート計画です。 定期ルートと非定期ルートは、積荷が割り当てられる方法が異なります。 [レート工順ワークベンチ] を使用して非定期ルートを割り当てると、積荷とルート ガイドだけが検証されます。 定期ルートを割り当てると、注文書とハブの日付および住所、およびルート計画上の日付も考慮されます。 手動で積荷を定期ルートに割り当てる場合は、[レート工順ワークベンチ] ページを使用する必要はありません。 代わりに、[積荷構築ワークベンチ] を使用して、指定された定期ルートに対して販売注文の顧客の住所および配送日に基づいて積荷を構築するよう提案することができます。 定期ルートの場合、ルート計画の発送元と発送先のハブは固定となります。 通常、出荷配送業者およびサービスはすべてのセグメントで同じですが、変えることもできます。 発送元のハブは、ルート上の立ち寄り先である顧客の郵便番号を使用して作成されます。 1 つのルート計画に対して複数のルート スケジュールを定義できます。 ルート計画は、ルート ガイドと関連付けられている必要があります。 ただし定期ルートの場合、計画に関連付けることができるルート ガイドは 1 つだけです。 工順スケジュールは、[工順スケジュール] ページで実際のルートを作成するためだけに使用されます。 [積荷構築ワークベンチ] で積荷を提案する際に、既定の積荷テンプレートを使用できます。

積荷構築ワークベンチ

[積荷構築ワークベンチ] では、販売注文の顧客の住所と配送日、および使用可能な定期ルートを使用して積荷を提案します。 既定では、ルートからの値がワークベンチに入力されます。 ただし、ルート上の「開始」日より前の「開始」日を選択できます。 荷重を提案すると、すべてのオープン販売注文の配送日と配送先住所がチェックされます。 配送先住所の郵便番号がルート計画のハブの郵便番号と一致していて、配送日が基準で選択されている範囲内であれば、積荷に対して販売注文が提案されます。 積荷テンプレートの容量も考慮されます。 1 度に 1 つの積荷だけが提案されます。 含まれていない販売注文がある場合は、別の積荷テンプレート (たとえば、より大型のトラックやコンテナー用の積荷テンプレートなど) を使用するか、特別配送を計画する必要がある場合があります。