ハブ連結を使用した積荷計画

この記事では、同じ顧客に別の倉庫からの商品を配送する場合、または同じ倉庫に複数の仕入先から商品が配送された場合に、1 つのハブに出荷を統合する機能について説明します。

同じ顧客に別の倉庫からの商品を配送する場合、または同じ倉庫に複数の仕入先から製品が配送された場合に、1 つのハブに出荷を統合するために役立ちます。

積荷構築

ハブの統合を使用する前に、[輸送管理パラメーター] ページの [輸送計画中] オプションを有効化する必要があります。 統合が行われるハブを作成する必要もあります。 次の図は、ハブの統合の例を示します。 この例では、異なる倉庫からの販売注文が同じお客様に配送されます。 [積荷計画ワークベンチ] ページを使用して、通常の方法で販売注文に基づいて基本的な積荷が作成されます。 顧客に配送される前に 1 つのハブにある 2 つの積荷を統合するため、[積荷計画ワークベンチ] ページの [輸送] フィールドで、[ハブの連結] を選択します。 各積荷に対して適切なハブを選択すると、「配送先」の行先としてのハブが積荷に割り当てられます。 [積荷計画ワークベンチ] ページの [供給と需要] セクションには、2 つの「輸送要求明細行」もあります。 次にこれらの 2 つの明細行を新しい積荷に追加します。 この新しい積荷には、両方の販売注文明細行があり、「集荷先」の住所としてのハブ、「配送」先としての顧客 A もあります。 次に 3 つの積荷の配送準備が完了し、他の積荷と同様にルーティングされます。 各積荷に対する、出荷配送業者のシステム提案の選択もできます。 ハブの連結 複数の移動オーダーに対して積荷を統合するために、同一の方法を使用することもできます。 この例では、前の図での顧客 A は、倉庫です。 または、積荷を複数の発注書に統合できます。それにより同じ倉庫に異なるベンダーから積荷が配送されます。 複数の統合ハブを作成することが可能で、異なる倉庫から複数の積荷を複数のハブに統合できます。 基本的な積荷を構築し、ハブの統合オプションを使用した後に、統合輸送要求明細行を使用して、新しい積荷を構築します。 次に積荷をレートおよびルートします。