作業テンプレートと場所ディレクティブを使用した倉庫作業の制御

この記事では、作業テンプレートと場所ディレクティブを使用して作業が倉庫のどこでどのように実行されるかを決定する方法を説明します。

倉庫作業者がモバイル デバイスで受信する指示は、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations で設定し、様々な倉庫プロセスとタスクを定義した作業テンプレートによって決定されます。 作業テンプレートは、各倉庫プロセスについて作業がどのように実行されるかを決定します。 場所ディレクティブと作業テンプレートを関連付けることで、作業が倉庫の特定の物理的領域で実行されることを保証できます。

作業テンプレート

[作業テンプレート] ページで、倉庫で実行しなければならない作業を定義することができます。 通常、倉庫の作業はアクションの 1 ペアで構成されます: 倉庫作業者は 1 つの場所の手持在庫をピッキングし、次にピッキングした在庫を別の場所に配置します。

作業テンプレートはヘッダーおよび関連付けられた行で構成されます。 各作業テンプレートは特定の [作業オーダー タイプ] のためのものです。 作業オーダー タイプの多くは、発注書または販売注文などの元伝票に関連付けられます。 しかし、他の作業 オーダー タイプは循環棚卸などの別の倉庫プロセスを表します。 [作業プール ID] を使用して、作業をグループに整理できます。

作業ヘッダー定義の設定を使って、いつ新しい作業を作成するかを決定できます。 たとえば、ピッキング明細行の最大数とピッキングの最長予想時間を設定できます。 販売注文のピッキング プロセスの作業がその値のいずれかを超える場合、その作業は 2 つの作業に分割されます。

作業明細行は、作業を処理するために必要な物理的なタスクを表します。 たとえば、出庫倉庫プロセスについて、倉庫内の品目をピッキングするための作業明細行と、ステージング領域にこれらの品目を配置するための別の明細行がある可能性があります。 そして、ステージングから品目をピッキングするための追加の明細行、および載荷プロセスの一部として、トラックに品目を配置するための別の明細行がある可能性があります。 作業テンプレートの明細行に、[ディレクティブ コード] を設定できます。 ディレクティブ コードは、場所ディレクティブに関連付けられており、倉庫の作業が倉庫内の正しい場所で処理されることを保証します。

特定の作業テンプレートがいつ使用されるかを制御するクエリを設定できます。 たとえば、特定のテンプレートが、特定の倉庫での作業にのみ使用できるように、制限を設定できます。 販売元に応じて、出荷販売注文の処理作業の作成に使用される複数のテンプレートがある場合もあります。 システムは、[順序番号] フィールドを使用して、使用できる作業テンプレートの評価順序を決定します。 したがって、特定の作業テンプレートに極めて特殊なクエリがある場合、低い番号順序を与える必要があります。 そうすれば、そのクエリは他のより一般的なクエリより先に評価されます。

作業プロセスを停止、または一時停止するには、作業明細行の [作業の停止] 設定を使用できます。 この場合、作業を実行する作業者は、作業明細行の次のステップを実行するよう求められません。 次のステップに進むには、その作業者か別の作業者が、作業をもう一度選択する必要があります。 作業テンプレート明細行のさまざまな[作業クラス ID]を使用して、作業内のタスクを分割することもできます。

場所のディレクティブ

場所ディレクティブは、棚卸資産移動のピッキングとプットの場所を識別するのにに役立つルールです。 たとえば、販売注文トランザクションでは、場所ディレクティブにより、品目がピッキングされる場所とピッキングされた品目が置かれる場所が決定されます。 場所ディレクティブはヘッダーおよび関連付けられた行から構成され、[場所ディレクティブ] ページで作成することができます。

各場所ディレクティブは、ヘッダー上で、販売注文、補充、又は原材料のピッキングのような、ディレクティブが使用される棚卸資産トランザクションのタイプを指定する[作業 オーダー タイプ]と関連付けられる必要があります。 [作業タイプ]は、場所ディレクティブをピッキングまたはプット作業に使用するか、棚卸または棚卸資産状態の変化などの他の倉庫プロセスに使用するかを指定します。 [サイト][倉庫]を指定する必要があります。 ヘッダーで指定する[ディレクティブ コード]を使って、場所ディレクティブを一つ以上の作業テンプレートに関連付けられます。

作業テンプレートについて、特定の場所ディレクティブをいつ使用するかを決定するクエリを設定できます。 たとえば、電子商取引が販売注文元である場合、倉庫の専用の領域から棚卸資産をピッキングしなければならないことを指定できます。 システムは、[順序番号] フィールドを使用して、使用できる場所ディレクティブの評価順序を決定します。

場所ディレクティブの明細行が、ルールを検索する場所検索ルールの適用に対し追加の制限を設定します。 ディレクティブを適用すべき最小数量と最大数量を指定でき、ディレクティブが特定の棚卸資産ユニットのためのものであることも指定できます。 たとえば、測定単位がパレットである場合、パレットの品目を特定の場所に配置できます。 数量が複数の場所に分割できるかどうかも指定できます。 場所ディレクティブ ヘッダーのように、各場所ディレクティブ明細行には、明細行を評価する順序を決定する順序番号があります。

場所ディレクティブには 1 つの追加の詳細レベルがあります: [場所ディレクティブのアクション]。 各明細行について複数の場所ディレクティブのアクションを定義できます。 この場合も、アクションが評価される順序を決定する番号順序が使用されます。 このレベルでは、倉庫内の最適な場所を検索する方法を定義するクエリを設定できます。 事前に定義された [戦略] 設定を使用して最適な場所を検索することもできます。

場所ディレクティブの使用例

この例では、入荷ドックに登録されたばかりの在庫品目のために倉庫内の使用されていない収容能力を場所ディレクティブが検索する必要がある発注書プロセスについて考慮します。 最初に、既存の手持在庫との連結によって倉庫内の使用されていない収容能力を検索します。 連結ができない場合、空の場所を見つける必要があります。

このシナリオでは、二つの場所ディレクティブ アクションを定義する必要があります。 順序の最初のアクションでは、[連結] 戦略を使用する必要があり、2番目では、[作業を受け取らない空の場所] 戦略を使用する必要があります。 倉庫内に収容能力がもうない場合、オーバーフローのシナリオを処理する 3 番目のアクションを定義しない限り、可能性として二通りの結果があります: 場所が定義されていなくても作業を作成できる、または作業作成プロセスが失敗する。 [場所ディレクティブ エラー] ページの設定で、結果を決定します。そのページで、各作業オーダー タイプごとに[場所のディレクティブ エラーで作業を停止する] オプションを選択するかどうか決定できます。