補充

このトピックでは、倉庫管理で利用できる機能を使用している倉庫で利用可能な補充方法について説明します。 この情報は、在庫管理で利用できる倉庫ソリューションには適用されません。 次の補充戦略を利用できます:

  • ウェーブ需要補充 - この方法では、作業がウェーブによって作成されるときに在庫がない場合、出荷オーダーまたは積荷の補充作業が作成されます。 たとえば、ウェーブが処理されるときに販売注文に必要な数量がない場合は、補充作業を作成できます。
  • 最小/最大の補充 – この方法では、いつ場所を補充する必要があるかをを決めるのに、最小および最大在庫制限を使用します。 品目および場所の基準は、補充で考慮される在庫を定義します。 最小/最大補充のテンプレートは、ピッキング場所で最適なレベルを維持する上での主要なメカニズムです。 ウェーブの需要を満たすために十分な在庫が使用可能であるかを確認するには、最小/最大の補充サイクル間の補足として需要補充を使用できます。
  • 積荷要求補充– この戦略は、複数の荷重に対する需要を合計して、関連するピッキング場所をストックするために必要な補充作業を作成します。 この戦略は、作成された積荷を出荷後に倉庫でピッキングできることを確認するのに役立ちます。

すべての 3 つの戦略によって、補充のテンプレートに基づき補充作業を作成します。

ウェーブ要求補充

ウェーブ要求補充では、ウェーブによって作業が作成されるときに、製造オーダー、かんばん、出荷オーダーまたは積荷に必要とされる数量がない場合、需要に応じて補充作業が作成されます。 補充のテンプレートには、項目の条件、測定単位、需要の増加、および場所についての情報が含まれています。

どの場所を補充する必要があるかを決定するには場所のディレクティブを使用します。 [ディレクティブ コード] フィールドを使用して、これらの場所のディレクティブを補充のテンプレートにリンクします。 [ディレクティブ コード] フィールドが設定されていない場合、クエリを使用して、どの場所のディレクティブを使用する必要があるかを決めます。 補充のテンプレートにディレクティブ コードが指定されていなく、場所ディレクティブにディレクティブ コードがある場合は、場所ディレクティブのクエリが正しい場合でも、場所ディレクティブは無視されることに注意してください。 ピッキング場所ディレクティブを使用して、補充用の在庫の入手先を決定します。

テンプレートを作成するだけでなく、ウェーブ テンプレートで補充設定を指定する必要があります。 ウェーブ テンプレートには、項目が割り当てられなかった場合にのみ実行される補充のウェーブ手順が含まれている必要があります。 この補充ウェーブ手順はウェーブ手順を使用して、どの補充テンプレートを使用する必要があるかを決定します。 補充のウェーブ手順以外にも、ウェーブ テンプレートの [メソッド] セクションに [補充] が選択されているかを確認する必要があります。

[補充テンプレート] ページには [ウェーブ需要に未引当数量の使用を許可する] チェック ボックスが含まれています。 選択した補充テンプレートから生成された作業から要求補充が未引当の数量を控除することを許可する場合は、このチェック ボックスをオンにする必要があります。 要求補充テンプレートがこのロジックを使用できるようにするには、既存の補充テンプレートごとにこのチェック ボックスを選択します。 要求補充が倉庫でトリガーされると、[ウェーブ需要が未引当の数量を使用することを許可する]] チェック ボックスがオンになった補充テンプレートから作業が生成される場合、未引当の数量を持つ既存の補充作業から需要を控除します。

要求補充は、販売注文、移動オーダー、製造オーダー、およびかんばんに対してサポートされます。

最小/最大の補充

最小/最大の補充において、在庫が補充されているため、最小値および最大制限値の間で設定されています。 ピッキングを開始する前にすべてのピッキング場所が最大レベルに設定されていることを確認するために、通常このプロセスは毎日 1 回発生します。

最小値と最大値は、補充テンプレートに設定されています。 テンプレートの他の設定の多くは、ウェーブ需要補充に使用されるテンプレートの設定に似ています。 テンプレートには、各品目と場所ごとに明細行が 1 行含まれている必要があります。 バッチ ジョブを使用して補充を実行すると、Finance and Operations は明細行が組織された順序で補充が必要かどうかを評価します。

最小/最大の補充戦略は、その場所が項目における固定場所として設定されていない限り、空の場所を補充することはできないことに注意してください。 補充する必要がある場所が固定された場所ではない場合、補充するアイテムを決定できません。 したがって、補充が行われる前に、少なくともいくつかの手持在庫数量が必要です。

積荷要求補充

積荷要求補充は複数の積荷に対する需要を合計して、関連するピッキング場所をストックするために必要な補充作業を作成します。 積荷要求補充は、さまざまな方法でウェーブ要求補充に似ています。 積荷要求補充とウェーブ要求補充における主な違いは、実行方法とタイミングです。 最小/最大の補充のように、バッチ ジョブを使用して積荷要求補充が実行されます。 バッチ ジョブを設定するに、[積荷要求補充] ページで、使用する補充のテンプレートを選択し、要求を決定するにはどの積荷を使用するかを指定するフィルター クエリを設定します。 積荷の集計需要を満たすために、場所のクエリは、任意の有効数量を差し引く場所を定義します。

要求前提条件

前提条件 説明
品目 品目は倉庫管理プロセスで有効にする必要があります。
倉庫 倉庫は倉庫管理プロセスで有効にする必要があります。 倉庫管理プロセスで倉庫を有効にするには、[倉庫] ページで、倉庫を選択し、[倉庫管理プロセスの使用] オプションを選択します。
補充テンプレート 1 つ以上の補充テンプレートを最小/最大の補充、ウェーブ要求補充、または積荷要求補充に対して設定する必要があります。
場所 場所が作成され、場所プロファイルに接続されている必要があります。
場所プロファイル 場所プロファイルは場所を作成するために必要です。
場所のディレクティブ 場所ディレクティブは、補充を必要とする場所および在庫をソースする場所へ作業をガイドするために必要です。
作業テンプレート [補充] 型の作業テンプレートは、在庫を必要な場所に移動できるため、補充作業を作成するために必要です。