オープン作業一覧のシステム グループ化

システム グルーピング フィールドを使用すると、モバイル デバイスのメニュー項目を編集することなく、オープン作業一覧をフィルターできます。 適用される場合、単一の作業ヘッダー フィールドで作業リストをフィルタリングするためのシステム グループ化が機能します。 明細行レベルのフィールドをフィルターするためにシステム グループを使用することはできません。

オープン作業一覧のシステム グループ化を設定する

オープン作業一覧のシステム グループ化を設定するには、次の手順を実行します。

  • モバイル デバイスのメニュー項目から、[モード: 間接] および [活動コード: オープン作業一覧の表示] を選択します。 次のオプションを使用できます。 これらのオプションは、オープン作業一覧にシステム グループ化する必要があります。
オプション 説明
システム グループ化の許可 選択された作業リスト メニュー品目のシステム グループ化を有効にします。
システム グループ化フィールド [システム作業の許可] が [はい] に設定されている場合にのみ使用できます。 ピッキング作業をどのように作業者にグループ化するかを決定するフィールドを選択します。 たとえば、[ShipmentId] フィールドを選択した場合、作業者はピッキング作業をグループ化する出荷 ID をスキャンします。 出荷のすべての作業が作業者に割り当てられます。 このフィールドは、システムによってグループ化された既存の作業を使用するメニュー項目の作成を要求します。 [システム グループ化ラベル] フィールドを使用して、作業者に何をスキャンするかを通知します。
システム グループ化ラベル [システム作業の許可] が [はい] に設定されている場合にのみ使用できます。 ピッキング作業がグループ化されたときに、何をスキャンするかを作業者に通知する情報を入力します。 たとえば、[ShipmentId] フィールドを使用して出荷別にピッキング作業をグループ化する場合、このフィールドに出荷 ID を入力することができます。 このフィールドは、システムによってグループ化された既存の作業を使用するメニュー項目の作成を要求します。 また、[システム グループ化] フィールドでグループ化するフィールドを選択する必要もあります。