測定単位と在庫ポリシー

この記事は、倉庫のプロセスで既定の単位、単位の順序、単位換算を使用する方法について説明します。

単位順序グループは、倉庫操作で使用できる単位の順序を定義します。 これは [単位の順序グループ] ページで作成されます。 順序は、さまざまな単位の関係を示します。 たとえば、品目の個々のパーツを含むボックスを含むパレットを格納します。 この場合、3 つの単位およびレイヤーの論理的な順序を指定する必要があります。 単位順序グループは、ライセンス番号のグループのポリシーを定義し、さまざまな倉庫プロセスに使用する既定の単位を定義します。 この項目は、倉庫管理で利用できる高度な倉庫ソリューションと、在庫管理で利用できる基本の倉庫ソリューションの両方に適用されます。

リリースされた製品の単位順序グループ

リリースされた製品を倉庫作業プロセスに使用する場合は、単位順序グループを割り当てる必要があります。 保管分析コード グループに関連付けられる製品を検証し、保管分析コード グループの倉庫管理プロセスの使用オプションをありにすると、製品に対して単位順序グループ ID が定義されていない場合にエラー メッセージが表示されます。 使用する単位順序グループに複数の行 (つまり複数の単位) がある場合、単位間の単位換算を設定する必要があります。 [単位換算] ページでこの設定を完了します。 リリースされた製品に関連付ける順序グループの最小単位は、対応する製品に対して定義されている在庫単位に一致している必要があります。 在庫単位とは、手持在庫の基準計算に使用する単位です。 また、測定単位換算の有効化オプションを使用すると、製品マスターの製品バリアントの測定単位換算を設定することができます。

ライセンス プレートのグループ化

1 つ以下または 1 つ以上の特定の単位の受入を 1 枚のライセンス プレートにグループ分けするか、または単位ごとのライセンス プレートに分割するのかを指定できます。 この動作を設定するには、単位順序グループ ページの行の詳細タブのライセンス番号グループ オプションを使用します。 モバイル デバイスで作業を処理する際にライセンス プレートのグループ化を使用する場合は、モバイル デバイスメニュー項目でライセンス プレートのグループ化オプションを選択する必要があります。 たとえば、モバイル デバイスを使用して、2 つの行が含まれる単位順序グループと関連付けられる品目を登録するとします。 最初の行は [個] で、ライセンス プレートのグループ化オプションはありに設定します。 2 行目は [パレット単位] で、ライセンス プレートのグループ化オプションはなしに設定します。 この場合、システムは自動的にライセンス プレートの分割と作成を 100 個ごとにするように案内できます。

循環棚卸の単位

どの単位をサイクルの棚卸プロセスの一部として使用するかを定義するには、単位順序グループ ページの循環棚卸に単位を使用のオプションを選択します。 順序グループの最大 4 つの単位を選択します。 4 つより多くの単位を選択すると、追加の単位はモバイル デバイスに表示されません。

モバイル デバイスの受領プロセスの既定の単位

モバイル デバイスの入荷プロセスで使用する既定の単位を設定するには、単位順序グループページで、購買と移動の既定の単位生産の既定の単位オプションを有効にします。 たとえば、発注書の手持在庫がモバイル デバイスを使用して受領されたときに、既定ではシステムが[パレット数量] を使用するところ、最小在庫管理単位を [個] とするように指定できます。 各パレットに含まれる個数換算を取得するには、100 個 = 1 PL などの単位換算を定義する必要があります。

既定の注文設定

リリースされた製品の作成の一部として、さまざまな注文を処理するために購入、販売、および在庫の既定の単位を選択する必要があります。 さまざまな元伝票の既定の単位と数量を設定するには、既定の注文設定およびサイト固有の注文設定ページを使用します。 リリースされた製品ページからこれらのページにアクセスできます。