トレーニング コースの設定

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Talent、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Retail に適用されます。

人事管理の管理者とマネージャーは、作業者に提供されるトレーニングに関する情報を管理するためにコース機能を使用できます。

前提条件の設定

次の情報は、必須でコースを作成する前に設定する必要があります。

  • コースのタイプ

次の情報は、コースに対して指定できるオプションの情報です。 コースのこの情報を入力することがわかっている場合は、コースのレコードを作成する前にこの情報を設定する必要があります。

  • 教室グループ
  • コース グループ
  • コースの開催場所
  • 教室
  • 講師

コースのタイプ

コース構造または内容によってコースを分類するために、コース タイプを使用できます。 コース タイプ ページでコースのタイプを作成できます。 コースのレコードを作成するときにコース タイプを選択する必要があります。

コース設定のタイプ

次の表に、コースの 3 種類の設定タイプの一覧を示します。 設定タイプによって、コースの構造が決まります。

設定タイプ 説明
標準 毎日の議題がないコースのこのタイプを選択します。 これは、新しいコースを作成するときの既定の設定のタイプです。
議題 複数の日数かけて実施するコースの日々の詳細を計画する場合は、このタイプを選択します。
議題 + セッション より複雑なコースに対してこのタイプを選択します。 たとえば、追跡およびセッションにコースの議題を分割できます。
  • トラック – トラックは、コースの特定のサブジェクト領域です。
  • セッション - セッションはトラックに分割され、トラックに関連する特定プロセスまたは技術を識別できます。

コースのタスク

コースごとに、次のタスクを実行できます。

  • 参加者の登録
  • 登録期限の指定
  • 参加者の最小数と最大数の定義
  • コースの開催場所と教室の割り当て
  • コース参加者へのホテルの推奨
  • コースの説明の作成 (作成後は従業員セルフ サービスで通知することが可能)

    注記 登録者がいない場合のみコースを削除できます。

コースのステータス

次の表に、可能なコースのステータスとコースに特定のステータスがある場合に実行するアクションを示します。

ステータス アクション
作成済
  • コース情報を入力および修正します。
  • 作業者がコースに登録できるように [オープン] にコースのステータスを変更します。
開始
  • コースの参加者を登録します。
  • コースの参加者をコースから削除します。
  • コースの参加者を確認します。
  • コースのステータスを [ クローズ] または [キャンセル] に変更します。
  • ステータスが [確認済み] の参加者用のアンケートを計画します。
クローズ済 コースを再度開くことができます。
キャンセル済 コースを再度開くことができます。

コース参加者

コース参加者は、トレーニング コースまたはイベントに参加する作業者、申請者、または連絡担当者です。 オープン コースの参加者のみを登録できます。 コースに登録できる参加者の最小数と最大数は、コース ページの [全般] クイック タブで定義されます。

ワークフロー

従業員セルフ サービス ページからコースに登録する従業員は、承認のワークフローを経て登録することができます。 ワークフローは、コース ページの [全般] クイック タブでコースに割り当てることができます。