ジョブのコンポーネントの設定

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Talent (プレリリース)、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Operations に適用されます。

注意

このトピックは、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition と Dynamics 365 for Retail の両方に適用されます。

このトピックでは、ジョブに含められる概念に関する要素の説明、および組織内の要素の使用方法の例を示します。

ジョブを作成できるようになる前に、いくつか参照情報を設定する必要があります。 名前だけあるジョブを作成できます。 ただし、職位などの追加の情報を含めることで、ジョブに割り当てられた職位の既定値を提供します。 また、入力する情報には、特定のジョブに対する報酬プランのフィルター処理に使用できるものもあります。 特定のジョブに対する報酬プランをフィルター処理で使用できる資格を設定する場合、ジョブを設定する前に、職務権限とジョブ タイプを設定する必要があります。 使用できるこれらの既定値があることによって、ジョブに職位を追加する際に時間を節約できます。

職位、ジョブ タイプ、職務権限など一部のジョブの詳細は、有効日を伴います。 今日ジョブを作成して、後日まで詳細を追加せず、作成日時点でジョブを表示した場合、詳細は表示されません。 したがって、必要になる前にこの参照情報を作成する必要があります。 そうすれば、新しいジョブの作成時に情報を追加できます。

職位

ジョブを作成する前に、それらの職位を設定する必要があります。 職位は、その職位が関連付けられているジョブの職位を継承します。

検索機能を使って開ける職位ページを使用して職位を管理します。 職位ページで、ジョブに使用を予定している職位を入力します。

ジョブ タイプ

ジョブ タイプを使用して、類似したジョブをカテゴリにグループ化します。 ジョブ タイプは必須ではありません。 ただし、報酬管理の適格性ルールを設定する際にジョブ タイプを使用する予定の場合は、ジョブを設定する前にジョブ タイプを設定する必要があります。 ジョブ タイプの例は、フルタイムおよびパートタイム、または給与および時給があります。 ジョブ タイプ ページを使用してジョブ タイプを管理します。 ジョブ タイプ ページで、ジョブ タイプの名前と簡単な説明を入力します。 [控除ステータス] フィールドで、次のいずれかのオプションを選択して、このジョブ タイプが含まれるジョブの公正労働基準法 (FLSA) 控除状況を示します。

  • [免税] – ジョブは FLSA に基づいた残業時間から免税されます。
  • [非控除] – ジョブは FLSA に基づいた残業時間から除外されません。
  • [適用しない] – FLSA は適用できません。

ジョブ機能

ジョブ ジャンクションは、高レベルの機能カテゴリについて説明し、高レベルの職務に関連付けます。 ジョブ ジャンクションは必須ではありません。 職務権限をジョブ タイプと組み合わせて使用すると、特定のジョブに対する報酬プランをフィルター処理できます。 職務権限とジョブ タイプを報酬プランに関連付けるには、適格性ルール ページで適格性ルールを設定します。 その後、適格性ルールで定義した特定のジョブ タイプと職務権限の組み合わせに適用される報酬プランに、レベルのセットを関連付けることができます。 (これらの機能は、固定報酬プランと変動報酬プランの両方に適用されます)。ただし、報酬管理の適格性ルールを設定する際に職務権限を使用する予定の場合は、ジョブを設定する前に職務権限を設定する必要があります。 次の表では、職務権限の例を示します。

ジョブ 職務権限
販売マネージャー 中間レベル マネージャー
経理担当 職務

職務権限ページを使用して職務権限を管理します。 職務権限ページで、職務権限の ID コードと簡単な説明を入力します。

職務

職務は、ジョブの職位に就く作業者が実行しなければならない基本タスクを表します。 同じ職務は、複数のジョブおよびそれらの職務を使用する職位に追加できます。 次の表では、職務の例を示します。

ジョブ 職務
販売マネージャー
  • 実績の確認 – 各販売担当者の業績を確認します。
  • ABS 確認 – 各販売担当者の登録または休暇要求を承認または否認します。
経理担当 FIN レポート - 最高財務責任者に提出する現在の週財務レポート。

職務 ページを使用して職務を管理します。 職務 ページで、職務の名前と簡単な説明を入力します。 [メモ] フィールドで、追加情報をオプションで入力できます。 メモは、ここで入力したメモを変更しないで特定のジョブに対して更新できます。

担当領域

職位の作業者が担当する作業の役割、プロセス、および製品を示す担当領域を使用します。 たとえば、「経理担当」というジョブの場合、担当領域には、「製品 A の財務報告」があります。 検索機能を使用して開ける担当領域ページを使用して担当領域を管理します。 担当領域ページで、担当領域の名前と説明を入力します。 [メモ] フィールドで、追加情報をオプションで入力できます。 メモは、ここで入力したメモを変更しないで特定のジョブに対して更新できます。