業績管理の概要

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Talent、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Retail に適用されます。

業績管理プロセスにより、従業員は管理者と業績を文書化し、話し合うことができます。 次に、管理者は、従業員にフィードバックおよびガイダンスを提供できます。

次の図に示すように、プロセスを管理するのに役立つ 3 つのページがあります:

  • 業績仕訳
  • 目標
  • 業績の確認

次の図は、業績管理の主要なコンポーネントがどのように相互に関連するかを示します。 業績プロセスの概要

業績仕訳

確認を終了する前に、従業員として、確認中に成功に貢献する活動またはイベントに関する情報を収集します。 業績仕訳帳は、これらの活動とイベントを文書化できる場所です。 また、目標を達成する、開発計画の要件を満たす、または業績確約を果たすために、完了する必要のある将来の活動を作成できます。 業績仕訳帳は、目標または業績確認を作成する必要はありません。

業績仕訳帳には、2 つのバージョンがあります: [従業員セルフ サービス] ワークスペース (ESS) を使用してアクセスできる従業員バージョン、および [マネージャー セルフ サービス] ワークスペース (MSS) を使用してアクセスできる管理者バージョン。 従業員は、自分の仕訳帳を作成し管理者と共有することができます。 管理者は、自分の仕訳帳を作成し従業員と共有することができます。

[ESS] ワークスペースからアクセスする場合は、[業績仕訳帳] ページは次の情報をキャプチャすることができます:

  • 活動のタイトル
  • 活動に関する詳細情報を含む活動の説明
  • 仕訳帳が作成された日付
  • 活動が開始して完了した日付
  • 活動が従業員の管理者と共有するかどうかを示すステータスの設定
  • 入力が開発計画の一部かどうかを示す設定
  • 同様の業績仕訳帳項目の検索に役立つキーワード

また、サイトの URL の保存によって外部 Web サイトへ業績仕訳帳をリンクすることもできます。 仕訳帳が目標または業績確認に関連する場合は、それらの一つ以上にリンクできます。 業績仕訳帳は、[MSS] のページからアクセスする場合、従業員仕訳帳に入力できる同じ情報を入力できます。 また、仕訳帳が作成される従業員を指定することもできます。 従業員と管理者仕訳帳を共有するかどうかを選択できます。

称賛

業績仕訳帳には称賛と名付けられた追加機能が含まれます。 [称賛の送信] をクリックした場合、従業員を選択し、従業員に電子メールでフィードバックを提供できます。 メッセージは、称賛されている従業員、その従業員の管理者、称賛を送っている従業員、その従業員の管理者に送信されます。 業績仕訳帳入力は称賛メッセージを受け取る従業員ごとに作成されます。

目標

[業績目標] ページは、従業員およびその管理者が作成した目標を追跡できます。 任意の目標数を作成でき、それらの目標は異なる期間と業績確認にまたがることができます。 また、目標に関して入力する情報の量によって、簡単または複雑な目標を作成できます。 目標は業績確認には必要ありません。

基本的な目標は次の情報を含める必要があります:

  • 短い名前
  • 目標の詳細な説明
  • 目標の予想される開始日
  • 目標の完了予定日

また、目標を整理するために目標カテゴリを指定することもできます。 管理者は目標が割り当てられている従業員の名前が参照できます。

目標についての詳細な指示がある場合、目標のトピックを作成できます。 このトピックには、タイトルと説明が含まれています。 目標の詳細が従業員や管理者の両方に明確であることを保証するために必要なトピックを含めることができます。 従業員と管理者は、目標の進捗状況に関するコメントを入力することもできます。

目標には測定可能な結果があるのが一般的です。 目標の目標結果と実際の結果を追跡するために測定値を追加できます。 測定がストレッチ目標である場合、[ストレッチ目標] オプションを使用して測定をマークできます。

業績仕訳帳は、目標をどのように達成するかに関する詳細情報を管理者に提供する活動が含まれます。 業績仕訳帳を目標にリンクした場合は、その目標の [活動] セクションに表示されます。 また、[業績目標] ページから新しい業績仕訳帳を追加することもできます。 業績仕訳帳は、目標に自動的にリンクされています。

完了証明書など、目標にドキュメントを添付する場合は、[業績目標] ページの [添付ファイル] セクションで添付することができます。 ドキュメント ビューアーは、添付ドキュメントの内容をすばやく表示できるように提供されます。

目標からテンプレートを作成し、テンプレートを使用してテンプレートに基づく新しい目標を作成します。 目標からテンプレートを作成する場合、説明、トピックおよび目標測定が保存されます。 ただし、すべての実際の測定、完了日およびトピックのコメントが削除されます。

業績の確認

業績の確認は、ディスカッションとしてより正式に知られています。 継続的なフィードバック、開発計画および正式な確認をサポートするのに十分な柔軟性があります。 1 対 1 の会議のような 2 人の小さな会議をすばやく作成し、または会社の確認プロセスに一致するより複雑な確認を構築できます。

1 対 1 のような会議は、簡易確認であり、短縮名、会議の内容の詳細な説明、会議の日付が必要です。 簡易確認には同じ情報と、話し合われた確認期間が含まれます。 管理者は確認が作成されている従業員の名前が参照できます。

確認の詳細については、有効および完了した目標を取得し、それらに関するコメントを入力します。 目標に関連するすべての業績仕訳帳活動と測定が確認に表示されます。 確認が確定した時に、測定のスナップショットが保存され、確認時に品目の履歴が保持されます。

[コンピテンシー] セクションを使用して、従業員のコンピテンシーの話し合い、確認、および評価することもできます。 必要なだけのコンピテンシーを追加し、評価する必要のあるコンピテンシーかどうかを選択できます。

作成したテンプレートに基づく新しい確認を作成できます。 たとえば、1 対 1、開発計画、定期的な確認のためのテンプレートを作成できます。 新しい確認を作成するときにテンプレートを選択できます。

業績確認に含めることができるコンポーネント

業績確認に複数のタイプの情報を含めることができます。 確認の詳細、測定、活動、評価、サインオフ、添付ファイルが含まれます。

詳細の確認

詳細の確認から目標を引き込んでコメントすることができます。 コンピテンシーを設定し、コメントすることもできます。

測定

目標または確認に関連する測定を表示できます。 確認に関連する新しい測定を追加できます。

活動

確認に関連する業績仕訳帳品目を表示できます。 確認に自動的にリンクされている業績仕訳帳を追加することもできます。

評価

確認にあるすべての目標またはコンピテンシーに評価を適用できます。 確認ごとに評価モデルを定義できます。 評価の既定は、[業績] の [人事管理パラメーター] ページにあります。

サインオフ

従業員または管理者は、設定している確認パラメーターに基づいて確認に一覧表示されます。 確認には必須またはオプションがあります。 一度にすべての必要なサインオフが完了すると、確認は完了のステータスでマークされます。

アタッチメント

[確認] ページの [添付ファイル] セクションで確認にドキュメントを添付できます。 ドキュメント ビューアーは、添付ドキュメントの内容をすばやく表示できるように提供されます。

業績管理のワークフロー

Worker Review ワークフローを使用して確認の承認をコントロールできます。 自動化されたワークフローをスキップし、確認のステータスを手動で変更することもできます。これにより、ワークフロープロセスを使用せずに、より簡単なドキュメントを 1 対 1 のように作成できます。 確認へのアクセスは確認のステータスによって制御されます。

  1. 確認が作成されると、[開始されていません] ステータスに設定されます。 確認はすべてのユーザーが編集できます。
  2. 従業員が [確認の開始] ボタンを押すと、確認は [処理中] ステータスに設定されます。 その後、従業員はコンテンツの追加を始めます。 この時点で、管理者は確認ドキュメントを表示できなくなります。
  3. 従業員はステータスを [確認準備完了] に変更します。
  4. 管理者はコメントおよび評価を追加できます。 この時点で、管理者だけが確認を表示できます。
  5. 管理者は、ステータスを [最終確認] に変更し、管理者と従業員の両方が確認を表示し、話し合いできるようにします。 この時点で確認が編集できるかどうかパラメーターで指定できます。 このステップは、管理者が単に確認を従業員と共有し、完了したときに完了とマークする場合のオプションです。
  6. サインオフが完了した後、ステータスは [完了] に変更されます。 この時点で確認は変更できません。

Worker Review ワークフローには 2 つの要素があります:

  1. 確認を承認。 この要素を追加して、[処理中] から [確認準備完了] へのステータスの変更をコントロールします。 Employee.line manager level = 1 の管理階層を使用するように割り当てを変更します。
  2. 最終確認。 この要素を追加して、[確認準備完了] から [最終確認] へのステータスの変更を制御します。 管理者に最終確認を承認させたい場合、Employee.line manager level = 1 の管理階層を使用するように割り当てを変更します。 従業員が承認する場合は、ワークフロー ユーザーに割り当てを変更します。 管理者と従業員の両方が承認する場合は、ワークフローに 2 つのステップを追加して、承認に従う順序のステップごとに適切な割り当てをします。

段取り

業績プロセスを完了するために必要な情報を設定するのに役立つ 3 つのページがあります: [測定] ページ、[業績仕訳ソース タイプ] ページ、[確認タイプ] ページ。

測定

測定のページでは、[業績目標] と [確認] のページで使用される標準測定を作成できます。 日付、金額、数量、割合の測定、または評価モデルに基づいた測定を作成します。

業績仕訳ソース タイプ

業績仕訳帳ソース タイプは、業績仕訳帳がどこから来たかかを説明します。 仕訳帳品目が既定で管理者のみ、従業員のみ、または管理者と従業員の両方で表示されるかどうかを確認できます。 また称賛のソース タイプを変更することによって、Send Praise 機能を有効にするか、または無効にすることができます。 この時点でほかのソース タイプを無効にすることはできません。

確認タイプ

業績確認タイプは、確認の動作をコントロールできます。 確認のためのワークフローを有効にするか、または無効にすることができます。 確認がワークフローを使用していない場合は、確認の作成時に使用される既定のステータスを定義できます。 従業員、管理者、または両方が確認でサインオフする必要があるかどうかを選択することもできます。