人事のアクション [FAQ]

このトピックでは、組織で個人のアクションを使用する場合に生じる質問に答えます。 個人のアクションは、特定の個人に関連するタスクを実行する際に行う必要がある追加手順です。 個人のアクションが必要なタスクの例は、新しい職位を作成、既存の職位の値を変更、新しい作業者を雇う、作業者を転送する、作業者の報酬を変更、職位の割り当てを変更または作業者を終了することなでです。

[注記:] [個人のアクション] は、[人事管理の共有パラメーター] ページの [個人のアクション] タブで、[作業者アクションの有効化] および [職位アクションの有効化] フィールドが [はい] に設定されている場合にのみ使用可能です。

組織で個人のアクションが必要としていることがどのように分かりますか。

個人のアクションは、新しい職位を作成、既存の職位を変更、新しい作業者を雇う、作業者を転送する、作業者の報酬を変更、職位の割り当てを変更、作業者を終了する、または従業員の休暇を入力する際に、個人のアクションを選択するように頼まれる場合に組織によって必要とされます。

職位のアクションと作業者のアクションの違いは何ですか。

2 種類の個人のアクションがあります。

  • 職位のアクション – 職位のアクションは、既存の職位または新しい職位で実行されます。 たとえば、職位のアクションは既存の職位の値を変更するか、新しい季節的な職位を作成する場合に必要になることがあります。 職位アクションの使用方法の詳細については、既存の作業者の職位であるキー タスクまたは新しい作業者の職位であるキー タスクを参照してください。

  • 作業者アクション – 作業者アクションは既存の従業員または新しい従業員で実行されます。 たとえば、作業者のアクションは、新しい従業員が雇われるか、既存の従業員が昇進する際に必要です。 作業者のアクションを使用する方法の詳細については、作業者に割り当てる従業員のアクションを参照してください。

個人のアクションのステータスは何を意味しますか。

人事アクションのステータスは次のとおりです。

  • ドラフト – ワークフローが使用されている場合、アクションはまだ送信されていません。 ワークフローが使用されていない場合、アクションまだは完了していません。
  • 確認中 – 人事のアクションは、ワークフローに送信されましたが、ワークフローはまだ完了していません。
  • 承認待機中 – ワークフローは完了しましたが、変更はまだ処理中です。 キャンセル – ワークフローはキャンセルされたか、個人のアクションが取り消されました。 否認 – アクションの要求が承認者から否認されました。
  • アクション処理中 – アクションの要求が承認され、変更が処理中です。
  • ワークフロー完了 – ワークフローは完了し、変更は処理されました。 失敗 – 情報が期限切れのためワークフローが失敗しました。 [再有効] をクリックして、最新情報を表示し続行します。
  • 完了 – 職位が正常に作成または変更されました。または従業員が正常に雇用、転送、終了された、あるいは報酬が変更されました。 エラー – 期限切れ情報以外の問題が発生しました。 人事のアクションのメッセージ ログを開いて、エラーの原因を確認します。
  • 拒否 – アクションの要求が承認者から拒否されました。

個人のアクションを削除できますか。

はい。ステータスが ドラフトエラー失敗、または キャンセル である人事のアクションを削除できます。

個人のアクション要求のステータスを確認する一番簡単な方法はなんですか。

個人のアクションの一覧ページを開き、個人のアクションを選択します。

個人のアクション要求が失敗すると何をすべきですか。

個人のアクション要求が失敗した場合は、次の手順に従ってエラーを解決し、要求を再送信しいます。

  1. [アクション ウィンドウ] で [エラー テキスト] ボタンをクリックして、問題を説明するメッセージを表示します。

  2. [アクション ペイン] で [再有効化] をクリックし、最新の情報をロードし、人事のアクションのステータスを ドラフト に設定します。

  3. エラーを解決し、完了 または 送信 をクリックします。

最終承認を終えた後、ワークフローを使用する個人のアクションはどうなりますか。

エラーがない場合は、個人のアクションは読み取り専用になります。 (すべての作業者アクション リスト ページで履歴を表示できますが、人事アクションは変更できません。) 人事アクションのステータスが 完了 になると、職位または作業者レコードは既に更新されていることを意味します。 実行された変更を表示するには、[職位] または [作業者] リスト ページを開きます。

支払レート フィールドにゼロ以外の値を入力すると、次のエラーが発生するのはなぜですか。 「値は有効範囲外にあり、0.00 と 0.00 の間にある必要があります」

このエラーが発生するのは、[ジョブ] フォームの [レベル] フィールドが選択した職務に関連するジョブに対して空白だからです。

このエラーを解決するには、次の手順に従います。

  1. 作業者の職位の割り当てのフォームでは、職位のフィールドをクリックします。
  2. ジョブ フィールド値をクリックし、[ジョブ] ページを開きます。
  3. アクション ペインで、[編集] をクリックします。
  4. [報酬] タブをクリックします。
  5. [レベル] フィールドでレベルを選択します。
  6. [ジョブ] ページを閉じます。
  7. [職位] ページを閉じます。
  8. [作業者] ページの [報酬] タブに戻り、[固定報酬] を選択します。 [新規] を選択し、職位フィールドに、従業員の職位を入力します。 [計画] フィールドに値を入力し、[支払レート] フィールドに、従業員の報酬を入力します。

作業者のアクション フォームのヘッダーの有効日を変更できないのはなぜですか。

フィールドはアクション タイプの最も論理的な日付が入力されるため、有効日は変更できません。

たとえば次のようにできます。

  • [作業者の退職] アクションのヘッダーにある有効日は [退職日] フィールドで入力した日付です。
  • [作業者の採用] アクションのヘッダーにある有効日は [雇用の開始日] フィールドで入力した日付です。
  • [作業者の振替] アクションのヘッダーにある有効日は作業者の [割り当て開始日] フィールドで入力した日付です。