[既定のスキーマ]Default Schema

注意

このセクションの構成は、一般にリレーショナル データベースに適用されます。The configuration in this section is applicable to relational databases in general. ここで示すように拡張メソッドが使用可能になるリレーショナル データベース プロバイダーをインストールするときに (共有のためMicrosoft.EntityFrameworkCore.Relationalパッケージ)。The extension methods shown here will become available when you install a relational database provider (due to the shared Microsoft.EntityFrameworkCore.Relational package).

既定のスキーマは、そのオブジェクトのスキーマが明示的に構成されていない場合にオブジェクトを作成するデータベースのスキーマです。The default schema is the database schema that objects will be created in if a schema is not explicitly configured for that object.

規則Conventions

慣例により、データベース プロバイダーは、最も適切な既定のスキーマを選択します。By convention, the database provider will choose the most appropriate default schema. たとえば、Microsoft SQL Server が使用されます、dboスキーマと SQLite は使用しませんスキーマ (からのスキーマは、SQLite ではサポートされていません)。For example, Microsoft SQL Server will use the dbo schema and SQLite will not use a schema (since schemas are not supported in SQLite).

データの注釈Data Annotations

データ注釈を使用して既定のスキーマを設定することはできません。You can not set the default schema using Data Annotations.

Fluent APIFluent API

Fluent API を使用すると、既定のスキーマを指定します。You can use the Fluent API to specify a default schema.

class MyContext : DbContext
{
    public DbSet<Blog> Blogs { get; set; }

    protected override void OnModelCreating(ModelBuilder modelBuilder)
    {
        modelBuilder.HasDefaultSchema("blogging");
    }
}