メモリ最適化テーブルで SQL Server EF コア データベース プロバイダーのサポートします。Memory-Optimized Tables support in SQL Server EF Core Database Provider

注意

この機能は、EF コア 1.1 で導入されました。This feature was introduced in EF Core 1.1.

メモリ最適化テーブルテーブル全体がメモリに存在する SQL Server の機能です。Memory-Optimized Tables are a feature of SQL Server where the entire table resides in memory. ディスク上にはテーブル データの 2 番目のコピーが保持されますが、持続性を実現するためのものにすぎません。A second copy of the table data is maintained on disk, but only for durability purposes. データベース復旧中は、メモリ最適化テーブルのデータはディスクからの読み取りのみ行われます。Data in memory-optimized tables is only read from disk during database recovery. たとえば、サーバー再起動後などの場合です。For example, after a server restart.

メモリ最適化テーブルの構成Configuring a memory-optimized table

エンティティをマップするテーブルがメモリ最適化を指定することができます。You can specify that the table an entity is mapped to is memory-optimized. ときに、モデルに基づく EF コアを使用して作成し、データベースを保持 (移行のいずれかまたはDatabase.EnsureCreated())、メモリ最適化テーブルはこれらのエンティティを作成します。When using EF Core to create and maintain a database based on your model (either with migrations or Database.EnsureCreated()), a memory-optimized table will be created for these entities.

protected override void OnModelCreating(ModelBuilder modelBuilder)
{
    modelBuilder.Entity<Blog>()
        .ForSqlServerIsMemoryOptimized();
}