データベース プロバイダーの作成Writing a Database Provider

Entity Framework のコア データベース プロバイダーの作成方法の詳細については、次を参照してください。 EF コア プロバイダーを記述するようにによってArthur ヴィッカースです。For information about writing an Entity Framework Core database provider, see So you want to write an EF Core provider by Arthur Vickers.

コード ベースを EF Core はオープン ソースであるため、参照として使用できるいくつかのデータベース プロバイダーを含んでいます。The EF Core code base is open source and contains several database providers that can be used as a reference. Https://github.com/aspnet/EntityFramework でソース コードを検索することができます。You can find the source code at https://github.com/aspnet/EntityFramework.

プロバイダー ラベルに注意してくださいThe providers-beware label

プロバイダーでの作業を開始すると、監視、 providers-beware GitHub の問題やプル要求に対するラベルです。Once you begin work on a provider, watch for the providers-beware label on our GitHub issues and pull requests. プロバイダーの作成者に影響を与える可能性の変更を特定するのにこのラベルを使用します。We use this label to identify changes that may impact provider writers.

サード パーティ プロバイダーの名前付けを推奨Suggested naming of third party providers

NuGet パッケージの次の名前付けを使用することをお勧めします。We suggest using the following naming for NuGet packages. これは、同じ EF コア チームによって配信されるパッケージの名前です。This is consistent with the names of packages delivered by the EF Core team.

<Optional project/company name>.EntityFrameworkCore.<Database engine name>

例:For example:

  • Microsoft.EntityFrameworkCore.SqlServer
  • Npgsql.EntityFrameworkCore.PostgreSQL
  • EntityFrameworkCore.SqlServerCompact40